Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 30日

今年もありがとうございました。

2005年ももう終わりです。
皆様、この1年当ブログを可愛がっていただき、ありがとうございました。
実家へ帰るので、ブログの更新は今年最後です。
2005年、ヴィゴもショーンも大活躍でしたね。
来年も活躍を期待したいです。そして来日もね。
では皆様、良いお年を。

MISA

by miyelo | 2005-12-30 14:11 | 雑記
2005年 12月 29日

ブログ名

サイトの名前をWords of VMで始めたら、思わぬ弊害が。
下のバーに出てくる名前が、サイトもブログも同じで、どっちがどっちかクリックしてみないとわからない。。。
ブログ名を変えるべきか。
まああまりにもショーンが出張っているので、このブログ名はどうかと思ってはいたのですが。。。

ということで今から忘年会×2に出かけてきます。
年賀状も書き終わっていないのに。。。

by miyelo | 2005-12-29 13:09 | 雑記
2005年 12月 29日

サイトについて

サイトのほうのWords of VMですが、
ボトムにある「ニュース」「記事」などへのリンクが見えにくくなっていたようです。
トップしかない!と思ってた方いらっしゃったようです。。。

ちょっと変更を加えましたが、見えますか?
何かおかしいところとか、リンクが繋がってないとかがあったら、遠慮なくご指摘くださいね。
よろしくお願いします。

あとひょっとして重いですか?私、自分が光なので全然苦なく見えてるんですが、もしかして画像とか重すぎるかな~。

by miyelo | 2005-12-29 01:39 | 雑記
2005年 12月 28日

MOVIESTAR 2006年2月号 写真がすっごくいい!でも内容に?

皆様もう買われたことだと思いますが、今回のムビスタ、写真のチョイスがむちゃくちゃいいです。
05年読者が選ぶ人気ベスト15で
   ショーン 3位
   ヴィゴ 4位

そこのあなた!投票しましたか?ほんとにこの雑誌の購買層はヴィゴファンとショーンファンなのかしら?いやあ、偏ってます(笑)。
そしてこんなにショーンとヴィゴを取り上げてくれる雑誌は世界中でもこの雑誌だけです。ムビスタさん来年もよろしくお願いします。

b0064176_2364542.jpgb0064176_236591.jpg 


b0064176_2372299.jpgb0064176_2373641.jpg 


b0064176_2374980.jpg
b0064176_238310.jpg


b0064176_2381641.jpgb0064176_2382828.jpg


しかし、気になることが。ヴィゴのインタビューですが、12月26日に取り上げているWPS1 Art Radioというラジオ局のラジオインタビューと酷似しているのですが。このインタビュアーはStephen Schaeferです。どうなってるのかな?

by miyelo | 2005-12-28 23:15 | ショーン&ヴィゴ
2005年 12月 28日

写真展

Track16でヴィゴの共同展がありますが、そちらのサイトにいくつか写真が上がっています。
コチラ。
見ればわかると思いますが、9枚目から右がヴィゴの作品です。サイトに上がっているのは
18 September 2, 2003
Edinburgh, 2003
Mana 2, 2003
North 7, 2002
Odense, 2003
Pukerua Bay, 2003
Skjoldenæsholm 10, 2003
Vigersted, 2003
見に行きたいです~。

by miyelo | 2005-12-28 02:53 | ヴィゴ
2005年 12月 28日

どこで言ってるかというと

ショーンのChristmas Chillout、どこで「クリスマスに欲しいのは君だけだ」言ってるかと言うと、クリスマス(25日)のPMです。

Subject: You are all I want for Christmas
で、最後はI'm missing you. Love, Allen.

いやあ、いい声です。

by miyelo | 2005-12-28 01:07 | ショーンB
2005年 12月 27日

サイレント・ヒルとスタンド・アップ

ヴィゴサイトを作ってたらすっかりショーンの方をほったらかしにしていましたが、『スタンド・アップ』の公式サイトがスタートし、『サイレントヒル』の公開日が決まったようです。

『スタンド・アップ』公式サイト
ショーンもキャストの3番目で2ページにわたって取り上げられるなど、なかなかよい待遇です。えっとちょっと説明がチョコチョコ間違えているんですが、まあねえ、ワーナーだから仕方ないか。前回みたいに役名を間違えないだけ。。。
ちなみにどこが間違えているかというと、
・シャープシリーズは全14作です。「Sharpe: The Legend」は最後のシリーズじゃなくて、特典です(見てないですが。今15枚ボックスセットの中についています。でも14枚のボックスセットを持ってるんで、さすがに。。。)
・ヘンリー8世は舞台じゃありません。TVドラマです。
仕事でこれって恥ずかしくないのかしら?

で、allcinemaによると、『サイレントヒル』は2006年7月8日日本公開のようです。

by miyelo | 2005-12-27 23:45 | ショーンB
2005年 12月 27日

STUDIOフランス版DVD

フランスの雑誌『STUDIO』2006年1月号の付録のDVDにヴィゴとクローネンバーグ監督のインタビューがあります。ヴィゴは質問二つだけで短いのですが、髪がポワポワで可愛いです。
インタビューは英語(フランス語字幕)ですが、質問がフランス語で画面に出ます(フランス語がわかる方、間違えていたら教えてください)。
Sa definition de la violence?
暴力の定義は?


b0064176_2161219.jpg本質的には、自己破壊を意味すると思う。つまり、誰かを傷つけるとき、誰かを攻撃するとき、本質的には自分自身を攻撃している。まずそれが第一で一番重要なんだ。つまり自分自身の一番の利益に反した振舞いをしているってことだ。それが個人であっても、社会であっても、国であっても。そして因果応報がある。いつもだ。時には予期しないものだったり、時には長い時間の後だったり、時には微妙なものかもしれない。この映画では暴力は様々な形式を取っている。暴力は毎日の生活に存在すんだ。ひっきりなしにね。今僕たちがしているようなフレンドリーな会話にすら。いくらか秘密を持っていたり、会話は表面的には丁寧なもので、順番に君が話して、僕が話してって、今までのところはね。でも僕は自分が考えていること全てを言うわけじゃないし、君も君が考えていること全てを質問するわけじゃない。だから立場をどうするかという葛藤がある。それでいいんだ。でも攻撃的になる可能性はあるし、意見が食い違う可能性もある。家族の間でも、恋人同士の間でも、いつも。人生は葛藤だよ。

Le film violent qui a marque son enfance?
子供の頃の記憶に残っている映画の暴力は?


b0064176_2172288.jpgアルゼンチンに住んでいた頃の映画のイメージが残っている。何についての映画か覚えていない。たぶんあまりよくない映画だと思うんだけど、アルゼンチンの西部劇みたいなものだったと思う。この映画の中に1人の女性がいるんだ。白人の女性だ。たぶんスペイン系の女性で、パンパス(アルゼンチンの大平原)のインディアンに捕らわれている。それで彼女は夜か昼かに逃げようとするんだ。彼らが彼女を捕まえたとき、彼女の足を掴んで、1人の男が…。ちょっとだけ見せたんだ思うけど、クローネンバーグがちょっとだけ見せて、後は自分で想像するのと同じようにね。彼女の足を掴んで、足の裏をナイフでそぎとるんだ。逃げられないようにね。彼らは彼女を縛り上げたりしないんだ。ただ足の裏をそぎ取るんだ。想像できるよね。
それはゾワっとします。

by miyelo | 2005-12-27 21:07 | aHoV
2005年 12月 27日

パームスプリングズ国際映画祭ガラ

あげるのをなんとなく逃していたのですが、コチラによると、ヴィゴは1月7日パームスプリングス国際映画祭ガラで「Visionary Award」を受賞したクローネンバーグ監督へのプレゼンターとしてヴィゴが出席予定です。受賞者は誰にプレゼンターになって欲しいのかを指名できたとのことで、シャリーズ・セロンはキアヌ・リーブスをクローネンバーグ監督はヴィゴ指名。
パームスプリングズ国際映画祭ガラ

2006年1月7日(土)
場所:Palm Springs Convention Center
277 N. Avenida Caballeros,
Palm Springs
チケット:300ドル~
この記事を見たとき、え?ヴィゴNYじゃないの?と思いましたが、NYでのトーク会の次の日ですね。

by miyelo | 2005-12-27 03:02 | ヴィゴ
2005年 12月 27日

Howard Zinn のDramatic Reading

b0064176_2125049.jpg10月5日にあったロサンゼルスで行われたHoward Zinn、Anthony Arnove 著の『Voices of a People's History of the United States』の朗読会。ヴィゴも参加していたのですが、この朗読会がNYのラジオ局WBAIで12月26日(月)に放送されました。
この放送がコチラでストリーミングまたはダウンロードできます。
Democracy Now!
Monday, December 26, 2005 9:00 am
Play Download
PlayをクリックするかDownloadを右クリックするかしてください。
ヴィゴは9分ぐらいから朗読を始めます。
Lenaさん、ありがとう。

Domocracy Now!Monday, December 26th, 2005
Readings From Howard Zinn's "Voices of a People's History of the United States"
を見ると、この番組CD、ビデオ、DVD-Rを購入することができるようです。料金は
ビデオ US$30
DVD-R US$30
CD US$15
購入はコチラから。
アメリカのビデオは見れると思います。DVD-Rに関してはどうかな?

今聞いているのですが、日系人の話が興味深かったです。
最後に本に載っていないシーハンさんのスピーチの朗読が行われました。
しかし、アメリカの聴衆の反応ってわからん。。なんであれで笑えるんやろう。。

28日追記: Democracy Now!のページでビデオクリップを見ることができます!
Watch 128k stream か Watch 256k stream をクリックしてください。


by miyelo | 2005-12-27 02:14 | ヴィゴ