Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 09月 26日

四半世紀前のGoodの舞台@London

四半世紀前のGoodの舞台@London _b0064176_15302110.jpgアパルーサのイギリス公開のため(なのかな?)イギリスのサイトに色々ヴィゴ関連があがって来ていますが、写真が良かったので読んでみたTetegraphの記事の中で「Good]」に関して面白いコメントが。(って最近ネタバレシャットダウンな私はヴィゴのインタビュー読んでませんから、とっくに出てることかもしれないですが・・・)
安楽死の利点に関するエッセイを書いた後で第3帝国に見せられて行くドイツ文学教授についての舞台を彼が初めて見たのは、25年前ある映画の得ることのできなかった役のオーディションにロンドンへやって来たときのことだった。

「とても気に入って、強烈な印象を受けたんだ。でも、その後まあ、四半世紀後にスクリプトを読むまで忘れていた。で、どうも見た覚えがあったんだ。何年も前の経験がまた巡ってきて、輪を作るのはいいことだと思ったよ。」
ということで、昔見て印象深かった舞台作品が脚本として自分のところにやってくるというのは巡り会いってものなんでしょうね。

あとこの記事の中で、年を感じてるってコメントも。
「ちょっとスローダウンしているって気づき始めているよ」
「前は『三時間しか眠れないだろうから、このまま起きておこう』とよく言ってたのに、今ではその3時間を寝るようになって来ている」
ヴィゴ、年なんだから、お肌にも悪いし3時間でも寝てね。

by miyelo | 2008-09-26 15:24 | ヴィゴ


<< シーズン4 第2話      朝からTVでスパナチュCM >>