Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 29日

Appaloosa公式サイト更新

アパルーサの公式サイトが更新されていますね。
渋いおっさんばっかりだ。かっこいい・・ みたいな。

壁紙をダウンロードできます。
b0064176_20305951.jpg

でもこれよりphotoページの背景のヴィゴがかっこいいな。
b0064176_2031431.jpg

うーん、みたいなあ。

by miyelo | 2008-08-29 20:32 | ヴィゴ | Comments(7)
Commented by かづちゃん at 2008-08-29 23:10 x
うっきゃ~♪
今日の記事はViggoづくし!(* ̄∀ ̄*)
サントラも出ますし、海の向こうでは着々と公開に向けて準備が・・・
なのですね。

ほんと、観たいですねぇぇぇぇぇぇ・・・・・・・!(じたばた)
Commented by miyelo at 2008-08-30 12:43
ええ、ヴィゴの記事3本。Words of VMだ(笑)
本当に海の向こうでは着々と公開に向かってますね。日本のどこか、買ってくれないかなあ。西部劇、だめかなあ。
Commented by mifuyusasa at 2008-08-30 14:08
Misaさん、こんにちは。
公式サイトのフォトもけっこう充実していましたね。
映画祭3つに出品は決まりましたし、この際東京国際映画祭にも来てくれないだろうかと・・・。
でも、そうなんですよね。西部劇なんですよね。。。
Commented by miyelo at 2008-08-30 14:36
三冬さん、こんにちは。
東京国際映画祭、来てくれないかなあ。
ええ、ええ、西部劇なんですよ。Yumaも来なかったんですよ。
Commented by シカゴ(その1) at 2008-10-10 00:11 x
Appaloosa先週末観てきました。この世に存在するウエスタン映画の中で、目立ってステキなヴィゴ(独評)なんですが・・・ストーリーは平凡で典型的だったのが残念。公開日に行ったので満席の映画館で、熱狂的ヴィゴファンの女性達に囲まれてワクワクしながら、ヴィゴが登場するたびにドキドキだったにもかかわらず、忘れられないようなすご~いシーンがあまりありませんでした。ワタシ的に忘れられないのはヴィゴの熱演と微笑みと・・・人情と正義溢れる「武士」みたいな存在感、特にインディアン達と交渉するシーンがあるのですが、無言で瞳の動きだけのすご演技と決闘中の銃さばき。 エドハリスも好きな男優なので演技は大満足でしたが とにかくストーリーが普通すぎ。ヴィゴはいつもの通り役を完璧にこなしていました。ひとつ気になったのは、ヴィゴの衣装なんですが、なぜかすごくタイトなパンツ(苦笑)なの。 
Commented by シカゴ(その2) at 2008-10-10 00:11 x
(上の続きです)それにしても・・・ヴィゴのガン捌きはすご腕でしたよ~。ヴィゴの役名はEverett Hitchでタイトルの Appaloosaは西部の街の名前です。今回ほど西部劇と武士道がよく似てると思ったことありませんでした。人情とか、道徳とか、なんかすごく似ているの。西部劇と武士道: 決闘好きのアメリカ人とヨーロッパからの開拓者の子孫達は西部劇が大好きだった。磨かれた凄腕同士が決闘するサムライがガンマンになったような・・。武士道は形によって心を作ったし、決闘時、リズムを大事にした芸術。禅の儀式を行う武士と拳銃の儀式を行うガンマンたち。 剣と銃: 道具は人間を平等にするし道具の手入れを怠らない男達。剣の道も銃の道も自己修養の道、人情と道徳精神。・・・と、どうしてもこの西部劇と武士道が重なり合っていたような映画アパルーサーでした。
Commented by miyelo at 2008-10-10 13:23
シカゴさん、こんにちは。
見られましたか。いいなあ。タイトなパンツ姿のヴィゴ、早くみたいです。
そうか、ストーリーは平凡すぎるんですね。私はヴィゴの映画は見るまでネタバレもレビューも読まないんですが、なんとなく素晴らしい映画って感じではないようですね。
でも日本にも来てほしいですね。DVDが出る前に。


<< シーズン2キャッチアップ      Gospel Accordin... >>