Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 12日

ショーンがブレイズ理事を辞任?!

The Starによると、ショーンはシェフィールドユナイテッドFCの理事を辞めることにしたようです。

ショーン・ビーンがブレイズを辞める
The Star 2007年12月11日
ハリウッドスーパースター、ショーン・ビーンがブラモールレーンの理事会を辞めるつもりだ。彼はシェフィールドユナイテッドに今週理事の座を降りることを通知する。

生まれながらのブレイドである彼はブラモールレーンの注目度をあげる手助けをするという彼の目的を果たしたと信じており、今は自分が寛げるテラスに戻りたいと望んでいる。

2002年に理事会に加わったビーンは言う。「クラブはここ5年で急速に発展し、私はその中で小さな役割を演じてきたことに誇りを持っている。しかし、サッカーに非常に情熱的な者として、私は自分の居場所が、誰が責任者であろうとも毎週毎週クラブをサポートするファンたちの間にあることを知っている。

「私はケヴィン・マッカベ会長から理事会へ参加しないかという招待を受けるという幸運に恵まれ、そこでの経験は舞台裏で進行するやりとりを目撃する機会をくれた。それはいろんな意味で本当に目を見張るものだった。

「私はこれからもできる限りブレイズの試合を見に行く。変わるのは理事の席の快適な席という贅沢がなくなるだけだ」

映画スターは理事会に入るときにシェフィールドユナイテッドに対して行った6桁の投資は引き出さない。

ビーンが初めてユナイテッドの試合を見たのは8歳のときだ。彼がいまだに先シーズンの降格の責任があると考えている前監督ニール・ウオーノックとのちょっとしたけんかで物議をかもしてる。

ビーンが理事としてたった一つ後悔しているのは、仕事が忙しく、実際もっとブラモールレーンにいることができなかったことだ。

「日々のクラブの運営にもっとかかわりたかったが、仕事で何ヶ月も離れると、ただそれは不可能なんだ」

今年の夏プレミアリーグでの場所を取り戻そうとする戦いでもビーンは顕著であり、国会へのマーチを率い、フットボール協会のカルロス・テベス事件の扱い方に講義するスピーチを行った。
うーん、辞めちゃうんですね。でもまだ理事会に言ってないのに、どうなるんだ?まあ、自分の居場所はやっぱり大騒ぎのコップスタンドなんでしょう。
そして6桁の投資って・・・やっぱりつぎ込んでるね、シェフィールドユナイテッドに。

by miyelo | 2007-12-12 14:59 | ショーン(Blades)


<< 『ロード・オブ・ザ・リング』S...      『ヒッチャー』 1月12日 福岡公開 >>