Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 22日

『Eastern Promises』鑑賞旅行in NY-①9/11プレミアへの道

ということでヴィゴ誕企画「ニューヨーク旅行記」です。ネタバレがあるときは警告&隠しますね。

『Eastern Promises』をどこで観るか。日本で?そんなの一体いつ?トロント?でもなあ、今お金ないしなあ、台湾だったら10月だし、台湾?なんてつらつらと考えていた8月。

トロントに行かれるという方もちらほらいらっしゃるようだし、トロントかなあということでホテルをチェックしてみる。「げ!高い!」 映画祭の時って高くなるのね。でも、トロントへ行けば、絶対クロネンもヴィゴもくるよね。ナオミ・ワッツもくるわ。



しかし、自分の今までのレッドカーペットを振り返ってみる。ダメだ・・・ レッドカーペットでろくにヴィゴが見れた記憶がない・・・ そう、あれは『王の帰還』の増上寺プレミア。朝も早から並んで、一番前のブロックに入ったものの、そのブロック内の押し合いに「ふらふら~」って後ろに行っちゃった・・・ ヴィゴもPJもイライジャもドムも全然見えない・・・ まあそのおかげか後の記念撮影ではヴィゴのすぐ目の前1mぐらいのところになったけど
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』ロスプレミアのレッドカーペットは、チケットを受け取ってなかったので取りに行ってる間に、外に出られなくなり、レッドカーペットが見れなくなった!まあプレミア後にちょうど出てくるヴィゴに遭遇したし、アフターパーティでも見たけど。
そして『アラトリステ』のマドリッドプレミアもレオンプレミアもレッドカーペットは敗退・・・ まあ、ホテルで会えたけど・・・

こう振り返るといつもレッドカーペットは敗退しクタクタになる私(でもその後にうれしいことがついてきてるな。こうみてみると)。人が多いともうダメ・・・ 前に出るなんて無理・・・ 押せないという良心的な理由ではなく、人に押されるのが嫌。 トロントも人がいっぱいだろうなあ。 敗退している自分が目に浮かぶ。 そしてそれより何より、トロントに行ったとして『Eastern Promises』は一体何回見れるのか?うまくチケットが取れたとして2回。ヘタをしたら観られないかもしれない。そんなの絶対イヤ!だって私、この映画はむちゃくちゃ楽しみにしてるんだもん。

じゃあ、ロス?ロスでプレミアあるよね、きっと!またチケット販売しないかしら?で、公開までいたら絶対見られる。と思って調べるものの、全然ロスプレミアの情報が出てこない。どうなってるんだ?

そんなこんなしているうちに出てきた13日のクローネンバーグQ&A付「EP」上映会@NY。13日にクローネンバーグがNYにいるということは、ロスプレミアはないな。アメリカでのプレミアはなし?うーん、NY遠いぞ!でもでも「ポチ」・・・ 気が付いたら上映会のチケット、買ってました(笑)

あとはいつからいつまで行くかが問題。うーん、NYも高いぞ。どうしようかなあと考えているうちに同じくチケットを買ってたSachieと一緒に行くことに(笑) じゃあ、NYプレミアが11日にどこかわからないけどあるということだから、11日に入って、金・土と映画を見れるように16日アウトに決定。

NYプレミアがトライベッカで行われる、でも、トレイベッカのどこであるかはわからない状態で、どこかなあとブログでいくつか候補を挙げていったとき、コメントでトライベッカグランドホテルも可能性ありと教えていただきました(ありがとうございます~)。じゃあ、チェックインしてから移動していたら間に合わないかもしれないし、トライベッカにあるこのホテルにするかということで、初めの2泊はこのホテルに。そしたら、プレミアもこのホテルで行われるとのこと。やった!残りのホテルも予約し、航空券も購入したのが、出発3日前(笑) いつもながらぎりぎりです。

ということで、EPを見倒す!そしてクローネンバーグのQ&Aをきく。そして、クロネンがヴィゴ連れてきてくれないかなというわずかな期待を抱きつつNYへ出発です。

飛行機はノースウェスト。ろくなことがないから好きじゃないんだけど、11日に出発してプレミアに間に合う時間にNYに入れるのが関空からのノースウェストしかない。

関空発デトロイト行きの飛行機の中では、となりのお兄さんがフライトアテンダントに見事にひざにコーヒーをこぼされる。謝らないアテンダント。でも怒らないお兄さん。いやあ、できた人だ。私ならキレルぞ。だって熱い入れたてのコーヒーをひざに見事にこぼされたんだよ。おまけにお兄さんがはいているのは生成りの膝丈のパンツ。立ち上がって向こうへ歩くのを見たら、見事にお粗相をしたような風情に・・・ 悲しすぎる・・・ 
あとは後ろの家族連れの子供(小学校低学年の男の子)が煩かった・・・ とにかく全く声を抑えずにず~っと話してる。おもちゃの飛行機かなんかで「き~ん」とか言ってる。そしてテーブルをバンバンたたくから振動が伝わる。これはさすがに立ち上がって、「椅子が揺れるからやめてくれ」と言った。そしたら「怒られるからやめなさい」って言う母親。そーいうコトじゃないでしょ!!)。もう少し躾けてから飛行機に乗ってほしい。10時間以上のフライトでこれは拷問です。前日ほとんど寝てなかったのに・・・ 

そんなこんなでデトロイト到着。乗り継ぎのNY行きまであまり時間がない。いつもながらムカつく指紋+写真(そういえば日本も11月から入国の際に指紋採取することになるようです)をして、パスポートコントロール通過。ここは荷物を取って税関を通り、すぐ荷物を再度預けるシステムです。そして、ゲートへ。

ゲートに着くと、飛行機が1時間半遅れ!うん!?NYの空港で待ち合わせをしてるのに!!
ど、どうしよう。ゲートの人に聞いたら、ラ・ガーディア空港のエア・トラフィックが混雑していて飛べないとのこと。しかしどうしようもないので、待つ。

3時半ごろ到着予定が、結局到着したのが5時。あわてて出て行くと、Sachieは待っててくれました。ありがとう~。どうやらニューヨークはすごい雷雨でそのために飛行機が遅れたようです。なかなか荷物も出てこなかったのですが、ようやくピックアップして、ホテルへ。夕方のラッシュにひっかかったよなと思ったのですが、ドライバーさんがするする裏道を行ってくれたのであっという間にホテルに到着!

が、ホテルでも問題が。予約ができてないって!「いや、Bo○king.comで予約した」、「本当にここ?」「絶対にここ!」と言うやり取りをしていると、「ソーホーグランドのほうに予約が入ってるからそっちへ行け」というフロント。「ソーホーグランドには用事はない。絶対にここに予約してる!」と言い張る。プリンターがインク切れでプリントアウトしてなかったのですが、「じゃあ、メールをチェックするから、パソコンかして」なんてコトを言ってたら「じゃあとにかく部屋は用意するよ」と言うことに。ホテルで予約ができてないと言われても引き下がっちゃいけません。絶対に空いてる部屋はあります。そして、今回、後に判明しますが完全にホテル側のミスでした。

まあとりあえずはチェックインです。やれやれ。

続く

by miyelo | 2007-10-22 15:48 | Eastern Promises


<< ナショトレの新しいDVD(US版)      UKプレミア ヴィゴはいませんが >>