Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 02月 22日

クロネン監督はカンヌ用3分映画作製

トロントのThe Starによると、クローネンバーグ監督はカンヌ映画祭用に3分のオムニバス映画を作製したようです。でも、『Eastern Promises』はカンヌでは登場しません。

今年のカンヌ映画祭(5月16日-27日)では60周年を記念して国際的な映画監督33名を招待し、3分のオムニバス映画「To Each His Own Cinema」を制作するように依頼しています。プレミアは5月20日でその日にフランスのTVで放映され、DVDになります。

カンヌ映画祭の会長Gilles Jacob氏はクローネンバーグがこれをトイレで撮ったと冗談を言っているようです。それに対し、
クローネンバーグは「それは真実とはいえないな。でも自分のバスルームで撮ったよ」とインタビューで言っている。タイトルとストーリーを明らかにすることは意味ありげに拒否した。

「幾分おかしくて、同時に幾分おかしくない。君がある種の人だったら必ず笑える。ヴィゴ・モーテンセンに見せたら、彼はとても笑った」

このバスルーム非大作はクローネンバーグ的だといえますか?

「私から期待するようなものとは実際違うものだよ」

クローネンバーグはロンドンで撮影を終えたばかりの彼の新作『Eastern Promises』のカンヌでビューの可能性は否定した。しかし今秋のトロントかベニス映画祭には準備ができているはずだ。
でも、カンヌに実際行けるかどうかはわからないとのことです。

ヴィゴが大笑いする3分映画。笑えるかな?

by miyelo | 2007-02-22 22:46 | ヴィゴ


<< それでもボクはやってない      アラトリステ 訳(5) >>