Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 02月 22日

アラトリステ 訳(5)

この映画の訳、一体何人ぐらいが読んでるんでしょう?スペイン版を購入した人はどのくらいいるんでしょう?楽しみにしてくださっている人、コメントくださいね~。楽しみにされてると思えたらがんばれると思うので。英語字幕だけじゃわからないところがいっぱいあって、スペイン語の字幕を見たり、スクリプト本(最終版じゃない・・・)を見たりと、(もちろんスペイン語の辞書を引き倒して、)結構大変なのだ・・

あ、原作本(日本語訳)を読むことを強くおすすめします。そのほうが背景がよくわかります。5巻分を1本の映画にまとめてるのでかなりはしょってるのです。解説もたくさんつけてくれてますしね。はやく、4巻と5巻出てくれないかな。

では、「分ける?  誰と?」と言ったそのすぐ後です。
アラトリステ 訳(5)_b0064176_19354388.jpgで、マラテスタ登場。
場所はマドリッドのどこか。




アラトリステ 訳(5)_b0064176_1938117.jpg2人は距離をとって立ってますが、お互いメンチ切ってます。

アラトリステ 訳(5)_b0064176_19424826.jpg

アラトリステ 訳(5)_b0064176_1943928.jpgドミニコ会修道士「こちらへ」


アラトリステ 訳(5)_b0064176_19432767.jpg廊下に入っていくのも静かにけん制しあう2人。

アラトリステ 訳(5)_b0064176_19454268.jpg男「二人の外国人」
スクリプト本じゃ仮面をつけた男となっているのですが、映画では丸見えですね。まあそれじゃなきゃ正体がわからないか。

アラトリステ 訳(5)_b0064176_23352610.jpg場面は一瞬2人のイングランド人のシーンに。
男「二人だけで、馬に乗って、マドリッドへ入ってくる。金曜の夜に」

アラトリステ 訳(5)_b0064176_2336466.jpg男「仕事の報酬は60エスクード。ドブロン金貨で。二人でだ。いいな」
マラテステ「私はそれでいい」


アラトリステ 訳(5)_b0064176_23372148.jpgアラトリステ「金貨が1人につき3枚ずつ足りないな」
ドブロン金貨1枚が4エスクードのようです。
男「仕事に満足ができたときに支払う」
アラトリステ「誰にとっての満足だ?」


アラトリステ 訳(5)_b0064176_23385594.jpgボカネグラ「息子たちよ。私はエミリオ・ボカネグラ神父。異端審問所の長官だ」

アラトリステ 訳(5)_b0064176_23404046.jpgボカネグラ神父は後ろにいたようで、振り向く2人。
ボカネグラ「その二人の異端者は死なねばならぬ」

アラトリステ 訳(5)_b0064176_182272.jpg再びイングランド人襲撃のシーンです。
アラトリステとマラテスタはそれぞれ1人ずつを相手。

アラトリステ 訳(5)_b0064176_193831.jpgアラトリステが斬りあっているイギリス人「慈悲を!慈悲を!」

アラトリステ 訳(5)_b0064176_112677.jpgイギリス人「連れには慈悲を!」
自分ではなく連れの方を助けてくれと言うイギリス人に反応するアラトリステ。

アラトリステ 訳(5)_b0064176_1135492.jpgアラトリステ「そいつから離れろ!」
マラテステ「ふざけてるのか?」
倒れたイギリス人に止めを刺そうとするマラテスタを止めるアラトリステ。


アラトリステ 訳(5)_b0064176_1151822.jpg

アラトリステ 訳(5)_b0064176_1161178.jpgアラトリステ「何もかもがはっきりしていない」

アラトリステ 訳(5)_b0064176_117223.jpgアラトリステ「あいつらは単なる異端者じゃない。殺すのはまた別の日でもできる」

アラトリステ 訳(5)_b0064176_1171623.jpgマラテステ「また会うことになるだろうな」

ということでイングランド人襲撃のシーンです。原作ではアラトリステが対峙している方が金髪に青い瞳の美しくて高慢で誇り高い若者でぜひぜひ若ショーンにと思ったのですが。残念ながら彼とアラトリステのこの後の話はカットされちゃいましたねえ。好きだったのに。
【追記】書き忘れてましたが、ボカネグラ神父を演じているのは女優さんです。どんな方か普段の姿も見たかったですが、特典のインタビューに出てませんでしたね。そういえばプレミアなどにも全然姿を見せてませんでした。

by miyelo | 2007-02-22 01:06 | アラトリステ


<< クロネン監督はカンヌ用3分映画作製      『Outlaw』の評判はいまいちかな >>