Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 02月 19日

アラトリステ 訳(2)

続きです~。イタリック になってる部分は訳じゃなくって状況説明です。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1795890.jpg運河の中を進むアラトリステ。




アラトリステ 訳(2)_b0064176_17112612.jpg腕に火種をつけていて、消えないように時々吹いてます。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_17194868.jpg1622年冬 フランドル

アラトリステ 訳(2)_b0064176_17222453.jpgその中にはグアダルメディーナ伯爵の姿も。でもリーダーはアラトリステ。
オランダ兵の声がしたので、緊張が走ります。


アラトリステ 訳(2)_b0064176_1730748.jpgそんなときに歯がカチカチなり始める伯爵。
そこで、首に巻いていたスカーフ(?)を取って、


アラトリステ 訳(2)_b0064176_17321282.jpg伯爵の口に突っ込むアラトリステ。
で、伯爵を見て大丈夫かって感じでうなづき、うなづき返す伯爵。
ちなみにこのスカーフ、映画の中でもずっと持ってるんですが、プレミアのときも振り回してました。


アラトリステ 訳(2)_b0064176_17492646.jpg最後までアラトリステと行動を共にするコポンスもイニゴパパもガロテもサルダーニャもいます。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_17542362.jpgフランドル軍の野営地に忍び込むアラトリステ達。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_17575315.jpg見張りを倒し、大砲が使えないように釘を打ち込んでいきます。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_17581047.jpg気が付いてラッパを鳴らすオランダ兵。いかにもオランダ兵って体型だったので。殺されちゃったけど。
後ろが明るいのはアラトリステ達が火をつけたからです。



アラトリステ 訳(2)_b0064176_18105430.jpgアラトリステ「ここへ、伯爵殿」

アラトリステ 訳(2)_b0064176_18113375.jpgアラトリステたちが持ち上げて、伯爵は大砲の台車の車輪をはずしてます。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_18152134.jpgアラトリステ「伯爵、援護を」
といわれて援護射撃をする伯爵。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1823336.jpgがんばる伯爵。
この辺りからどんどん敵兵が出てきます。


アラトリステ 訳(2)_b0064176_18242987.jpgあぶなっかしい伯爵に気が付いたのか

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1836192.jpg大砲の傍を離れ、戦うカピタン。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1837413.jpgアラトリステ「退却」
退却していくアラトリステ達。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_18445449.jpg運河に逃げ込んだアラトリステ達。
アラトリステとグアダルメディーナ伯爵、ロペ(イニゴパパ)。

アラトリステ「私のそばから離れないように、伯爵。
       私のシャツを掴んで」

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1856568.jpgオランダ兵も捜索。大砲により一瞬明るくなった瞬間にイニゴパパが撃たれます。
2人はイニゴパパをおいて逃げます。
イニゴパパは近寄ってきたオランダ兵を1人倒した後、運河の壁にナイフをつきたてた状態に。


アラトリステ 訳(2)_b0064176_195834.jpgアラトリステとはぐれ、1人になってしまい不安そうな伯爵。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1994671.jpgオランダ兵2人と出くわし、1人はナイフで倒すのですが、まだ1人。
オランダ兵「死ね、旧教徒の犬野郎!」
と銃を向けられ、十字を切る伯爵。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_19105545.jpg
もちろんカピタン登場で、オランダ兵を倒し、伯爵を助けます。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1914943.jpgオランダ兵を倒したあと、伯爵をにらみつけ、首で「くい」って。えらそうなカピタン。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1919275.jpgイニゴパパに伯爵が先に気づき、カピタンをぎゅっと持って知らせます。
アラトリステ「ちくしょう!」

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1933489.jpgアラトリステ「ロペ」
顔を引っ付けて水から少しあげさせるんですが、ここのヴィゴの動きがむちゃくちゃ色っぽいです。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_19392131.jpg傷口に指をつっこんで確かめるカピタン。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_1941799.jpgどうだって感じでロペに見られて、首をふるカピタン。

アラトリステ 訳(2)_b0064176_19431298.jpgロペ・バルボア「俺の息子。俺の息子、ディエゴ…」

アラトリステ 訳(2)_b0064176_19433637.jpgロペ「俺の息子、ディエゴ、俺の息子」

アラトリステ 訳(2)_b0064176_19451985.jpg息を引き取ったロペを水にはなすカピタン
ということで、今回は訳ちゅーより解説でした。
こんなペースじゃ一体どれだけかかるんだ~。でもカピタン、かっこいいんだもん。

by miyelo | 2007-02-19 19:45 | アラトリステ


<< 『Sharpe's C...      確かにねえ。 >>