Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 13日

PP更新

ロンドンでの目撃情報など出てきているヴィゴですが、ネタバレが怖くてニュースに近づけません。クロネン&ヴィゴの作品は絶対にネタバレをみたくないです。ということで、ここではPerceval Press In Other Words 更新ぶりを。

ウゴ・チャベスに関していわれている嘘
彼の政権下、ベネズエラの私企業のGDPの割合は実際上昇している
Johann Hari
2006年12月11日  The Independent 
最近再選されたベネズエラ大統領ウゴ・チャベス。彼に関する報道には多くの嘘が含まれる。嘘1)独裁者だ 嘘2)同盟者を見れば彼がどんな人間かわかる 嘘3)政治犯を拘束し、人権を侵害している 嘘4)全てを国有化しようとする共産主義者だ。
以前オイルマネーの全ては極少数の人間が手にし、国民の大部分は医者にかかることも、学校に行くこともできなかったが、今のベネズエラでは医者にかかり、学校へ行くことができる。西側が嘘を持って攻撃しようとしても、人々はだまされない。

全てが大統領の部下: KGBの権力強奪
2006年12月11日  The Independent

-------------------------------------------------------------------------------------------
みそさざい 
ちっというても 
日の暮るる 
一茶
-------------------------------------------------------------------------------------------

自分たちが誰だと思っているのか
外国人をけなすよりも、英国人は自分たちの想定上のモラルの優越性がまがいものであることを気づくべきだ。
Peter Beaumont
2006年12月10日  The Observer 
ロシアや中国、アフリカ諸国などの問題を指摘するイギリスだが、自分たちのしてきていることに関しては忘れてしまっている。
日本もですね。相手を非難ばかりしていますが、相手からすれば。。。

-------------------------------------------------------------------------------------------
飛ぶ鮎の
底に雲ゆく
流れかな
-鬼貫
-------------------------------------------------------------------------------------------

El Holocausto, según Teherán
ANA CARBAJOSA
2006年12月9日  El País

-------------------------------------------------------------------------------------------
若いぶなの木が
森の端で
夕方にじっと立っている
-Aldington
-------------------------------------------------------------------------------------------

アメリカの牧歌
男性評論家から無視され、フェミニストの読み物と自伝には隠蔽されたウィラ・キャザーのフィクションはふさわしい評価を与えられてこなかった。開拓生活における禁欲主義と情熱と暴力の抑制された物語には、すばらしい読み物の不思議さがある。
AS Byatt
2006年12月9日 The Guardian

極右の台頭が日本の近隣諸国の懸念と不審を誘っている
Evan Williams
2006年12月8日  The Independent  
日本で以前からあった右翼の活動が最近活発になっている。現政権による平和憲法の変更と核兵器保有の議論、などナショナリズムが台頭してきている。これに対し近隣諸国からの懸念が出てきていたり、国歌国旗を強要することに対して教師たちが抗議している。またここ数年通った法案は戦前の戦争国家への道と似ている。
ということで日本です。きっとそのうち取り上げるだろうと思っていましたが、あがってきましたね。最近、宣伝カーが神戸で異様にうるさいのです。機動隊もあちこちに出ています。本当にいやな感じです。

キリスト教のロビー活動がその力を誇示する
クリスマスを守ろうとする憤慨とそら涙にだまされるな
Joan Bakewell
2006年12月8日 The Independent  
PC(政治的公正)運動によってクリスマスツリーなどの飾り付けが取り外され、クリスマスの伝統が消え、キリスト教の影響力が減退していると嘆いている人が多いが、その中にはうその涙を流す人たちもたくさんいる。実際、教会の政治への影響力は増している。その中のひとつとして、昨年”同性婚”が認められ(civil partnershipですが)、性的嗜好を理由に差別することは禁止されているが、教会はゲイへの嫌悪を説いている。今のところ法律は守られているが、教会の力に屈するときがくるかもしれない。

------------------------------------------------------------------------------------------

本を楽しむのは、最後近くまで行ったときだ。
私たちが待ち望む客はしばしば来ない。
だから世界は我々の願いとは逆に常に走る。
100年後に我々の心を開くのはなんと稀なことよ。
-Chen Shidao
-------------------------------------------------------------------------------------------
彼が言ったこと
私の母があなたのとどういう関係に
なりうるのか?私の父があなたのと
いずれにしろどういう親族関係なのか?
そしていかにしてあなたと私はであったのか?
しかし愛の中では
私たちの心は赤い地球と
土砂降りの雨のように、
分かれるよりも
交わっている
-Cempulappeyanirar
-------------------------------------------------------------------------------------------

ネオコンはベトコンが始めたことを終わらせた
ベトナムはアメリカにトラウマを残したが、その力はそのままだった。しかし、イラクはこの超大国にとってはるかに深刻なものとなるだろう
Martin Jacques
2006年12月8日 The Guardian

クリスマスに関するいんちき戦争
ルートン議会は、クリスマスを祝うことを禁止した。バーミンガムはseason Wintervalと名前を変えた。レディングでは飾り付けを撮るように言われた人がいる。これはクリスマスに対する同義的に正しくあろうというキャンペーンではない。全くのたわごとだ
Oliver Burkeman
December 8, 2006, © The Guardian 
今日シアトルの空港でもクリスマスツリーをはずしていましたね。ばからしい。

-------------------------------------------------------------------------------------------
一日の終わりに
一日の終わりに
恋人を失うことを恐れながら
カクラヴァキ鳥は
片目を怒りでいっぱいにして
日没を見、
もう一方の目を涙でいっぱいにして
恋人を見ている
偉大な女優が
一度に2つの感情を示すように
-Candraka
-------------------------------------------------------------------------------------------

彼らがそう言った
PAUL KRUGMAN
2006年12月8日  The New York Times 
イラク戦争とジャーナリズムなのかしら?

-------------------------------------------------------------------------------------------
パンテオンでの笑い
私は笑いを楽しんだ
 老いた詩人たち
あなたたちが私を迎えてくれたときの

しかし私はここに長い間は
 いないだろう
そしてあなたたちもだ。
Leonard Cohen
-------------------------------------------------------------------------------------------

バングラデシュは西側の超過分の残酷な代価を支払っている
気候の変化の致命的な影響は発展途上国で既に感じられる。お綺麗な言葉だけでは不十分だ
Veena Khaleque
2006年12月7日 The Guardian

ベイカーのありふれたプランはブッシュが既にしていることだ
Jonathan Steele
2006年12月7日  The Guardian

女性にユーモアのセンスがないというのなら、なぜ私はクリストファー・ヒッチンスがこっけいだと思うのだろう?
「女性が見たばかりの夢に話をするのを聞くほどつまらないことはあるのだろうか?」とヒッチンスが訪ねる。
Catherine Bennett
2006年12月7日  The Guardian

イラクでの惨事はバグダッドへの道で既に明らかだった
占領の失敗は侵攻の第1州目、あまり知られていないナシリヤの戦いのときは明らかだった
Tim Pritchard
2006年12月6日  The Guardian

スレブレニツァのオランダ人へのメダル授与という暴挙
Marcus Tanner
2006年12月6日  The Independent 
ボスニア・ヘルツゴビナのスレブレニツァでの1995年大虐殺に関して

スパイ毒殺の容疑者への尋問をロシアが妨害
Andrew Osborn(モスクワ)&Cahal Milmo
2006年12月6日 Independent

by miyelo | 2006-12-13 10:15 | Perceval Press


<< 不都合な真実      試合終了 2対2の引き分けでした >>