Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 29日

ブレイズ伝記本

ブレイズの伝記本がでるようです。公式サイトで紹介が上がっているのですが、メインはショーン(笑)。
ブレイズ伝記本_b0064176_1221326.jpgSheffield United: The Biography

映画スターショーン・ビーンのシェフィールド・ユナイテッドへの献身は新しいレベルへ移行した。今度はユニークなサッカー本を生み出させたのだ。

100 per cent Bladeタトゥーで知られるビーンは、「Sheffield United: The Biography」の駆動力だった。この本はサッカーの世界、特にブレイズに関する素晴らしい洞察に満ちている。

12月1日金曜日、彼は全てのブレイズファンのクリスマスプレゼントリストに乗るであろう本の公式発売を行う。

Brunel大学スポーツ講師である著者Gary Armstrongは、仲のよい近い友人であるビーンとともに、クラブ会長ケヴィン・マッケイヴの支持を得て、サッカークラブの伝記であり、イギリスサッカーで初めての献身的なクラブ社会史の本を生み出した。

クラブの「Hall of Fame」のジョン・ガーネットの協力を得た本は、クラブのアーカイヴやクラブを経営してきた人々、元及び現選手たちへ自由にアクセスができた結果、素晴らしい物語を浮き彫りにしている。

この本に出版に関して自分が果たした役割に関して、ビーンは次のように言っている。「シェフィールドのような大都市では、サッカーの温床だと自分たちを呼ぶ世界中のどんな場所と同じように、自分がサポートしているクラブは選択したものであることはめったにない」

「サポートは世代から世代へと受け継がれている。私の祖父はブレイド(ブレイズファン)で私の父もブレイドだ。ヒルズブラで私がどうなるかなんてほかに道がないだろ?」

「長年撮影のために世界中をまわってきた。思っていたよりずっとたくさんユナイテッドの試合を見逃してきた。ブレイズの幸運を捜し求めて普通ではない場所から長距離電話をかけている自分を見てきた」

「そんなばかな話や物語がこの本に書かれていることだ。サッカーと私たちのクラブの歴史に関する非常に興味深い洞察に満ちている」とビーンは付け加えた。

この400ページの本は150年の歴史についてであり、Blades Supersoreでまもなく発売される。
ショーン、ショーン、そんな話の本なの?違うよね?(笑)まあとりあえずサッカー狂の皆さんのお話なんでしょう。どのくらいショーンが係わっているのか、そしてどのくらいショーンに関することが書いてあるのかはいまいち不明ですが、読みたいです。そしてブレイズのショップでしか買えないのかな?それは困る。だってこのオンラインショップ、注文しても「ありません」って郵便で返事が来て、ものを買えないんだもん。困ったな。

【追記】 あ、私この著者Gary Armstrongの本、持ってるよ。『Football Hooligans: Knowing the Score』というシェフィールドのフーリガンの本です。まだ読んでないのですが、社会学系?人類学系の本です。分厚いです。

by miyelo | 2006-11-29 11:31 | ショーン(Blades)


<< ブレイズ本発売 ショーン嬉しそ...      勝った!+今後の日程 >>