Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 01日

PP更新

PP更新_b0064176_20562638.jpgヴィゴの写真集『I FORGET YOU FOR EVER』の予約が開始されました。出荷は12月6日以降です。

また発売が延期されていた『3 FOOLS 4 APRIL』も発売されました。

そういえば、『Linger』はソフトカバーバージョンに変っています。誤植も直ってるのかな?


Perceval Press In Other Words 更新。

信仰、希望、そして、ごまかし
カトリック票への降伏は不寛容への危険な道への更なる一歩だ
Martin Samuel
2006年10月31日 The Times 
ヒットラーが独裁者となる権利を得るための法案を通すため、カトリック票の取り込みを図り、ルードウィッヒ・カースはカトリックの学校を作ることをみかえりにヒットラーを独裁者とし、死のキャンプへの道を固めた。今のイギリスでは?

------------------------------------------------------------------------------------------
Å leve er krig med trolde, ja.
-Knut Hamsun
------------------------------------------------------------------------------------------

最期のうめきに思えたものが、新しい形の抗議と政治をつくりだした
1956年の事件がついに再解釈された。ハンガリーとスエズが新左翼と大衆行動のモデルを生み出した
David Edgar
2006年10月31日 The Guardian

ベンガジの悪夢
1999年、パレスチナ人の医師と5人のブルガリア人の看護婦がリビアで、400人以上の子供たちにHIVを感染させたとして逮捕された。彼らは、反対の証拠が山のようにあるのにもかかわらず、有罪とされ、まもなく死刑が言い渡されるかもしれない。
Ian Sample
2006年10月31日  The Guardian

------------------------------------------------------------------------------------------
「我々は計画してきた生活を喜んで捨てなければならない。我々を待っている生活を手に入れるためには」
-ジョセフ・キャンベル
------------------------------------------------------------------------------------------

新しい夜明け?
世界は緑の瞬間を迎えている。Sun紙からEconomist紙、アル・ゴアからアーノルド・シュワルツネッガー、昨日のスターンでの電気自動車に乗るセレブに関するレポートまで、私たちは世界的にエコを認識するようになってきている。しかし、炭素をがつがつ消費する西側はその行動を変更する準備が本当にできているのだろうか。そして私たちの目覚めは遅すぎないのだろうか?
Andy Beckett
2006年10月31日  The Guardian

極秘の内閣
メディアからの「情報の自由」の請求を制限しようとする政府の計画は効率化ではなく恥知らずな検閲だ。
David Leigh ・ Rob Evans
2006年10月30日  The Guardian 
イギリスでは情報の自由を認めた法律が施行されたものの、政府はメディアが請求しすぎるために、コスト(人件費など)がかかりすぎるという理由でメディアからの請求を制限しようとしている。

「新しい話が何なのかまったくわからない」
James Silver
2006年10月30日  The Guardian 
ピーター・オボーンについて

トレバー・バービック
モハメド・アリ最後の対戦者
Rob Steen
2006年10月30日  The Guardian 
最近殺害されたボクサー、トレバー・バービックに関して

Aparecen nuevas fotos de soldados alemanes jugando con cráneos y huesos en Afganistán
2006年10月28日 Clarin.com
アフガニスタンでの頭蓋骨で遊ぶドイツ兵の写真の話ですね。

------------------------------------------------------------------------------------------
50歳のときに20歳のときと同じように世界を見る人は、人生の30年を無駄に過ごしたんだ。
-モハメド・アリ
------------------------------------------------------------------------------------------
拒絶する国
Stephen Glain
2006年10月27日 The Nation 
アメリカはアメリカに対し批判的な発言をする外国人の入国を拒否

------------------------------------------------------------------------------------------
「文明は進化しないとはいえない・・・戦争のたびに新しい方法で人が殺される」
-ウィル・ロジャース
------------------------------------------------------------------------------------------

南部が進路を変えている
Katrina vanden Heuvel
2006年10月26日  The Nation
軍部への支持が高かった南部でイラクからの撤退を望む人が増加。

------------------------------------------------------------------------------------------
意義を唱えることと不忠を混同してはならない。
-エドワード・R・マロー
------------------------------------------------------------------------------------------

単なる南部の戦略ではない
2006年10月25日 © The Nation
Sam Graham-Felsen 
マサチューセッツ州の州知事選挙に関して。

------------------------------------------------------------------------------------------
「アルジャジーラTVでの私の発言のトランスクリプトを読んで、イラクでの米国には「傲慢さと愚行がある」という不レースで深刻な失言をしていることに気が付いた」
-米国国務省近東局外交広報室長アルベルト・フェルナンデス
------------------------------------------------------------------------------------------


私は若い世紀の涼しい苗床で
格子柄の静けさの中で育てられた。
人間の声は聞こえなかった。
私が聞いたのは風の言葉だった。
私は牛蒡やイラクサが好きだったが、
私が一番愛したのは銀の柳だった。
長年にわたる長き友。
その涙を流す枝が私の不眠症に夢の風を送った。
奇妙にも、私は生き延びた。
そこには切り株が残っている。今では異質な声を持つ
他の柳たちが我らの空の下で歌うように語る。
そして私は無言だ…まるで兄弟が死んだかのように。

-アンナ・アクマトヴァ
------------------------------------------------------------------------------------------

景気は上々だ、もしあなたが金持ちなら
Molly Ivins
2006年10月25日 Creators Syndicate
ブッシュ政権がこの6年でしたことは一部の金持ちを大金持ちに、それ以外の人たちの収入は上がらず、教育・医療費はうなぎのぼりに。あなたは6年前に比べてどう?

イスラム教徒が断食開けの休日を祝う
2006年10月24日 The Moscow Times 
ロシア全土のイスラム教徒がラマダン開けのお祝い(3日間)をしているようですが、それがなんなのか、記事が短すぎてわかりません。

ターニングポイントを証明する逮捕
Catherine Belton
2006年10月25日 The Moscow Times 
ロシアの石油会社ユスコの社長だったミハイル・ホドルコフスキー。ロシアの大金持ちなのですが、3年前に脱税で逮捕され現在服役中。この逮捕はプーチン政権のロシア新興財閥への取り締まり強化のターニングポイントだと主張。


レーニンの言語が衰退している
Nabi Abdullaev
2006年10月25日 The Moscow Times 
旧ソ連圏及び旧社会主義諸国でロシア語を話せる人が減っています。キルギスタンの22歳の女性は10人いる兄弟のうち自分だけが話せると言っています。

ソ連時代はロシア語は必修でした。公用語はロシア語のみ。ということで、誰でもロシア語を話すことができて、ソ連及び東欧諸国では共通語になっていたのですが、独立した国の多くではロシア語を教えない(というか排除している)ために、ロシア語が話せません。「それのどこが問題なのか?」と感じるかもしれませんが、たかだか250万ほどの国でその国でしか通用しない言葉しか話せないということ(まあ俗世間と隔絶されたところだと問題ないのでしょうが)は大きな問題なのです。


by miyelo | 2006-11-01 22:10 | Perceval Press


<< ヒッチャー 画像      私事ですが。。 >>