Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 07月 30日

ゲーム Oblivion

ショーンが声をあてているゲーム『The Elder Scrolls: Oblivion』ですが、youtubeにいくつかクリップが上がってます。

まずはこちら
アカトシュの神殿。プレイヤーがBrother Martinを探してやってきて、見つけます。

ゲームをしているからネタバレは困るという方のために隠しますね。



ゲーム Oblivion_b0064176_2073258.jpgBrother Martin(BM): 助けをつれてきたのか?daedraが街を制圧してから、ずっとここにを抜け出せないんだ。
Player(P): 私と一緒に来てくれ。あなたは危険に晒されている。
BM: もちろん危険だ。だがここで私は必要とされているのだ。立ち去ることはできない。
私が知っていることを告げるためだけに、君がここまで命がけで来たとは思わない。君は誰なんだ。何が望みだ?
Player: あなたはマーティンだよね?司祭の?
BM:ああ、私は司祭だ。司祭が必要なのか?助けにはならないと思うが。私は今神を理解できないでいる。これが神の計画の一部と言うなら、それと係わりたいかどうかわからない。
P:計画があり、我々はその一部だ。
BM:どんな計画だ。何を話してるんだ?私はこの酷い日々毎晩アカトシュに祈りをささげているが、助けは来ない。くるのはdaedraだけだ。これを理解できるような何を君は知っているというんだ?
P:あなたはユリエル・セプティムの息子だ。
BM: ユリエル・セプティム皇帝?君は皇帝が私の父だと思っているのか?
いや、君は人違いをしている。私はアカトシュの司祭で、私の父は農夫だった。
P:皇帝はあなたが危険に晒されていると知っていた。
BM:皇帝が死ぬ前に話したのかい?彼が私を探せと?
P:なぜ私があなたに嘘を?
BM:知らない。不思議だ。君が真実を話しているかもしれないと感じる。どういう意味なんだ?私に何を望むんだ?
P:私と一緒にWeynon Prieryに来てほしい。
BM:だめだ。すまない。君が真実を話しているとしても、私はこの人々を彼らの運命のままに見捨てない。我々みんなが一緒にここを出られるなら、君と一緒に行く。

ゲーム Oblivion_b0064176_2075628.jpgプレイヤーです。おお、赤いストライダーじゃないですか!ヴィゴだヴィゴ!

ゲーム Oblivion_b0064176_20174548.jpgBM:君を信じないということじゃないんだ。だが、皆がここを安全に出られるとしらない限り君とは行かない。一緒に長く苦労してきたんだ、彼らをその運命に見捨てることはできない。


なんて素敵。父が皇帝とは知らず、司祭として街の人々のために苦悩する皇子ショーン。ショーンを命を懸けて探しに来る騎士ヴィゴ。

by miyelo | 2006-07-30 19:32 | ショーンB


<< ゲーム Oblivion(2)      ここ、気持ちよかった >>