Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 06月 22日

ハリーの福音書(11)‐最後です

キリストの昇天 Ascension
b0064176_01871.jpgトラックで戻ってきた3人組(全部を1回で持っていけないので、1回目の荷物を持っていってたのです)、まず十字架を積み込みます。「どこへ行ってたんだ」というハリーに「飯を食わなきゃならないんだ」と答える男たち。「全部持っていっていいのか?」という男に「もちろん。全部さ!」と答えるハリー。





b0064176_041829.jpgどんどん家具を積み込んでいきます。


b0064176_053462.jpg全部積み込むところには何も言わなかったのに、テレビを持っていこうとすると「これがないと生きられない」というカレン。必死に頼み込むカレン。「いいよ。例外にしよう」ということでテレビを残すハリー。


b0064176_083344.jpgハリー「君のご主人は本当に良い男だった」
カレン「絶対忘れないわ」 (ってテレビを残してもらったこと?)
カレン「さようなら」
ハリー「さようなら」
カレン「神のご加護がありますように」
ハリー「あなたにも」
帰っていくハリーたち。


b0064176_084586.jpg一人残りテレビを見ているカレン


b0064176_0103695.jpgカレン「神様。妊娠しているわ」


b0064176_01129.jpg喜びの舞を踊るカレン。

雷が鳴り、雨が降り始める。


ということで、これで終わりです。

この映画は1992年にポーランドの監督によって作られています。1992年といえばソ連が崩壊し、社会主義国たちが資本主義へと希望を抱いて移行していこうとしている時期です。
その時に社会主義であったポーランドの監督が描いたのは、資本主義の象徴アメリカの問題点ではないのでしょうか。
環境問題としての砂漠化、宗教が起こす殺人、夫婦の問題、保険の問題。金がなければ手術をうけることもできない。親切そうに近づき全てを奪い去る国税局。虚構の存在への崇拝。人への無関心。そして何よりも全てを支配するテレビ。
ヴィゴが出演したのもわかる気がします。

by miyelo | 2006-06-22 00:20 | ヴィゴ


<< ショーンはまだウェールズ?      『Kingdom of Hea... >>