Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 05月 04日

Sean Bean is Sharpe - 『Sharpe's Challenge』到着!

リチャード君、ジェイムズパパのようにあちこちうろつきまわることなく、無事到着。
今見始めましたが、かっこいい!かっこいいよ!

いきなり回想シーンから、入るのですが、若造レッドコート、無問題!

ああ、もったいなくて一気に見れない。。



始まりは1803年Chasalgaon砦。レッドコートの軍曹シャープは部下何名かと一緒に弾薬を取りに東インド会社の砦へやってきます。Triumphのエピソードですね。確かこのときは、軍曹になったものの、補給部門かなにかでリチャード君は御機嫌斜めです。

Davi君がシャープのことをsahibって呼んでますよ~。

で、この砦にWilliam Dodd率いる一団がやってきます。イギリス軍のようなので、東インド会社の将校はあっさり砦内へ入れます。シャープたちは食事中だったのですが、シャープ1人おしっこをしにその場を離れます。そこで入ってきた一団は襲撃を開始します。おトイレ中だったシャープは急いで応戦しに戻るのですが、撃たれちゃいます。
そこへDahi君が走ってくるんですが、撃たれちゃったよ~。あああ。
砦のイギリス兵は皆殺しです。シャープ、気が付くんですが、Doddの馬鹿野郎に足蹴にされたうえに、切られてしまいます。(訂正!足蹴にされて切られたのは別の人でした。ショーンは気づいたんだけど、体を動かすまでには至らず、そのまま気を失ったおかげで助かった模様)

話は14年後に。軍を辞めて、フランスで農家をしているところを、ウェリントンに呼び出されたシャープ。インドで1人の王子がマハラジャたちを統率して東インド会社への脅威となっている。エージェントが行方不明になっているので、探しだし、反乱を阻止してくれと要請されます。シャープ君、それは金持ちたちの懸案事項で、農民には関係がないといって断るのですが、でてきたところにハーパーの奥さん、ラモナが。ハーパーが行方不明のエージェントのようです。ということで、一気にぐらつくシャープ。

舞台は1817年のインドへ。馬上のシャープ。かっこいい~!

by miyelo | 2006-05-04 12:59 | Sharpe


<< Viggo Mortensen...      チャリティサッカーは >>