Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 03月 18日

US版DVD 特典(3)-ネタバレ

ヴィゴファンも見てくれてるようなので、続きをあげてみます。

Act of Violence: Act 2. American Hero

二人組みが死ぬシーンについて

b0064176_1463841.jpgビリー君の死ぬシーン。胸から血が噴出しますが、どんな仕掛けなのかを解説してます。真鍮版の上に特殊なゴムを載せ、そこに爆竹(?)を埋め込んだものを、血を入れたコ○ドームの中に入れるそうです。そんなもん使うんだ。ふーん。

ガラスの扉を破って倒れていくシーンははじめはスタントダブルを使う予定だったのですが、本人がするということで本人です。「本人がしたほうがいいと思って、提案したんだけど、ガラスパネルを突き破って倒れることが一生に何回あるんだ!」って。楽しんでいた模様です。ほんと、この人感じが良いです。


リランドの方は本人も一癖ありそうですね~。でも渋いです。あごが垂れ下がる特殊メイクで、舌もつけて、血溜まりで、ぴくぴくするシーンの撮影は大変そうでした。

b0064176_295752.jpgコーヒーサーバーで殴るシーンはこうやって撮っていたようです。

b0064176_2103433.jpgで、緑の下にはこんなヘルメットみたいなプロテクターが。



トムがリランドをコーヒーポットで殴るシーンから、リランドが死ぬまでのメイキングを見せながら、暴力に関するコメントが流れます。
監督: 世界のほとんど人たちが住む生活を考えると、それらに暴力が訪れることが非常によくある。私たちにとってそれは、自分たちの人生の中で遭うとは必ずしも思わない衝撃的な出来事であるし、そういう風に生きられればとても恵まれている。しかし実際には現在この地球では、生活の方法としての暴力がかなりみられる。だから芸術的にみれば、それは受け入れなければならないものだと感じるし、創られた世界のなかで向き合い、本当の日々の生活では向きあう必要がないことを望んでいる。

暴力は不幸だが、とてもリアルで人間の存在の避けがたい部分だ。決して正当化されないとは本当には言えない。とても魅力的では絶対ありえないとはいえるけどね。

b0064176_2155490.jpgヴィゴ: 美化されていないし、スローモーションでも血が空中を飛んでいくのでもない。

監督: リアルな残虐行為についてであり、たとえばストリートファイトで実際に見られるようなたぐいの暴力だ。一種見苦しく、優美過ぎず、とても血なまぐさい。
プロデューサー:(要約)この映画の一部として暴力が、そういったものに慣れていないこの小さな町人々にどんな影響を及ぼすのかということだ。

脚本家:(要約)トムが二人の男を殺したとき、自己防衛として正当化されることには疑問の余地がないのだが、ジョーイという影の部分が除いて見えなくても、こういった行動をした人間は大きな代償を支払わなければならない。普通のアメリカの家庭で、これをしたとき、本人と回りはどうするのだろうか。

b0064176_236583.jpg
b0064176_237963.jpg
b0064176_2371836.jpg

ヴィゴ: トム・ストールはこの状況へと自分へと向け、それに対して本能的に反応したために暴力が結果として起こる。しかしこういった暴力行為をしたがゆえに彼は祝福される。実際彼は小さな町のヒーローとなる。

アメリカでは暴力が祝福されるという事実が語るのは、社会として私たちには行かなければならない長い道のりがあるということだ。そして私たちはある種暴力になれてしまっている。それがただ絶え間ない、絶えず続いているというためにね。だから一休みして起こったことを考えることが実際には決して許されていないんだ。
私がこの映画をLAで見たとき、暴力的なシーンで喝采や拍手、笑いが起こりました。この映画を見て一番恐ろしかったのが、暴力に対し賞賛をおくるアメリカの観客の反応でした。

by miyelo | 2006-03-18 02:47 | aHoV | Comments(18)
Commented by mifuyusasa1 at 2006-03-18 09:41
Misaさん連続でスイマセン。
ストリートファイトで実際に見られる類の暴力。
・・・それが怖いと思いました。
日本では、そう滅多に暴力沙汰の喧嘩なんて見られないですよね。
ショットガンが普通の家庭にある、ということにも恐ろしさを感じましたが。
アメリカが暴力と銃の社会である、というのは言いすぎではないようですね。
Commented by miyelo at 2006-03-18 14:07
日本よりは確実に暴力も銃も日常的ですよね。
日本語を勉強するアメリカ人たちは、銃を持つことに反対の人が多いのですが、中にいる人たちはそれが「当然」で、おかしいことだとは思っていないんでしょうね。
そういえば日本でストリートファイトなんて見たことがないです(まああるところにあるんでしょうが)。
以前アメリカの田舎の方から来た人と銃の話になったら、家の中に20丁以上あると言ってました。まあそれは極端だとしても、ハンティングをするからボウガンや銃を(あ、馬も)持っているという人(この人は以前ドラッグをやっていて更生したんだ~なんても言ってましたが)もいて、こういった何かを傷つけるものが周りにあって当然ということが、ああ、違う人たちだという感じでしたね。
Commented by かづちゃん at 2006-03-18 14:58 x
Misaさん、こんにちは(*^▽^*)
見せていただいております!
たくさん、本当に有難うございます!
US版のDVDは、本当に色々充実しているのですね。
また、このボードに貼り付けられた写真、どれもいい感じです。
でも書かれている内容は、大変重いですね。
>暴力に対し賞賛をおくるアメリカの観客の反応
という所、私も環境の違いを感じます。
Commented by さち at 2006-03-18 22:22 x
Misaさん、こんばんは。
私はヴィゴファンでもありますので、こちらも楽しませていただいてま~す!
この映画、どうやら私のところでは観られそうもないので(哀)DVD待ちかも?日本版もこんな充実した特典、付くんでしょうか?(ちょっと心配)
ヴィゴも真っ当な人間ですよね。あっ、ヴィゴは全うの方かもしれませんね。たとえショーンもヴィゴもセレブらしくないと言われようとも(笑)こういう二人だからこそ魅力的で大好きなんですよね。
Commented by Naomi at 2006-03-19 12:32 x
Misaさん、たびたび失礼します~。

この黒いタンクトップのマリアとヴィゴの写真、けっこう早いうちからあちこちに掲載されてましたが、実際にはこういうシーンはなかったですよね?
カットされたのかな?

気になります~。
Commented by punkt at 2006-03-19 13:31 x
昨日、UKアマゾンからDVD発送しましたメールが届きました。
UKの正式発売日は20日なんですが、イギリス国内ならば発売日には確実に手元に届くように、早めに発送してくれたようです。
特典はアマゾンの記述を見る限りでは同じだと思いますが、暴力シーンがヨーロッパ版とアメリカ版は違うんでしたっけ?
届くのが楽しみです。
Commented by RIRI at 2006-03-20 13:09 x
Misaさんこんにちは
Viggoファンもしっかり読ませて頂いてますからねー、
宜しくです。
Misaさんが教えて下さった「E!」再々放送くらいで、見る事ができました、
ほんとにいろんなViggoがいっぱいで嬉しくなってしまいました、
もうネタバレでもなんでもいいです、ここまで来たら。
早く4月15日にならないかなー。
Commented by のぞみ at 2006-03-20 14:45 x
Misaさんこんにちは、会社からです。
11日に東劇で見てきました。考え込んでしまって、消化不良になってしまいました。明日また行ってきます。1回目無理やり連れていった友達は内容を知らされていたら来なかったといいました。明日行く友達は何というかな。

DVDのご紹介ありがとうございます。Misaさんのように英語がわかるようになりたいな。わかんなくったって、欲しい!!と思ってしまいますが。
Commented by miyelo at 2006-03-21 13:14
かづちゃんさん、こんにちは。
DVD、いいですよ~。お勧めです。
ボードの写真、いいですよね。スタッフ用のボードのようですが、なんか現場の暖かい雰囲気がでてますよね。DVDの特典を見ていても、撮影現場は気持ちの良い大人なスタッフが集まっている感じでした。
>環境の違い
アメリカの方が良いところもありますが、銃や暴力の環境は絶対にアメリカの真似してほしくないですね。
Commented by miyelo at 2006-03-21 14:34
さちさん、こんにちは。
DVD待ちですか?いったいいつ出るんでしょうね。
>真っ当なと全う
すみません。違いがよくわかりません。全うって全くの音便ですよね?それじゃ意味が合わないような気がするし。。「全うする」人ってことですか?
Commented by miyelo at 2006-03-21 15:00
Naomiさん、こんにちは。
>黒いタンクトップ
そういえばなかったですね。カットしたシーンとかもあるようですので、きっとその中にあるのかもしれませんね。
Commented by miyelo at 2006-03-21 15:02
punktさん、こんにちは。
UK版、届きました~?特典が違うようならお知らせくださいね。
暴力シーン、血のでかたとかがちょっと違うようです。解説してくれてますよ。
Commented by miyelo at 2006-03-21 15:03
RIRIさん、こんにちは。
E!すごく良かったですよね。もうネタバレ回避することは難しいですよね。早く15日が来ればいいんですが。あと少しですよ!
Commented by miyelo at 2006-03-21 15:05
のぞみさん、こんにちは。
この映画は何回も見たほうがいいと思いますよ。一度目でわからなかったこととか、1度目はこう思ったのに、ということが出てきます。
昨日のご友人の感想はどうでしたか?
ヴィゴを追っかけるのなら英語は必須ですよ。訳ではなく、是非本人の言ってることを聞いてみてくださいね~。
Commented by RIRI at 2006-03-21 23:13 x
Misaさん今晩は

もう、その後少しの長い事!!
今4月15日に入る予定を必死で阻止中です。

E!見て思ったんですけど、
私はやっぱり髪の長いヴィゴが好きです。
Commented by miyelo at 2006-03-22 15:23
RIRIさん、こんにちは。
髪の長いヴィゴがお気に入りですか?私はどっちかなあ。今の髪も結構好きなんですが、デンマーク仕様のヴィゴも好きですね。
Commented by さち at 2006-03-22 16:21 x
Misaさん、こんにちは!
ごめんなさい、何かややこしくなっちゃいましたね(笑)
>「全うする」人ってことですか?
そうです。最後までやり遂げるっていうのがヴィゴのイメージなんです。「真っ当」は当て字なのかもしれませんが、まともだということでショーンもヴィゴもそうですね。ショーンが中途半端というわけではありませんが(笑)ヴィゴは信念の人のように感じるので、私の中では「全う」なんです。
Commented by miyelo at 2006-03-22 22:00
さちさん、こんばんは。
>全うな
そうか、若いお嬢さんたちの間ではそういう意味なんですね。
ショーンも中途半端じゃないと思いますよ(笑)。ほら、ブレイズもいっちゃってますしね。


<< PP更新      ザ・メイキング >>