Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 11月 09日

ジャーマン・ドリーム・プロジェクト(3)

放置してあった2DFheute.deでのヴィゴのインタビューの続きです。
演じることはあなたが世界とコミュニケーションをとる方法だと何度も言っていますが、近頃私たちが人として、国としてとるコミュニケーションに欠けていることはなんだと思いますか。

ヴィゴ: うーん、多くのコミュニケーションがとられているけど、コミュニケーションって何なのだろう。ほら(笑)、何世紀も見てきたように、組織化された宗教の危険性は、隠喩として意図されたこと、寓話や生きることの見本として意図されたことを、文字通り、そして多くの場合は一言一句そのままに、受け取ることだと思う。日常生活の一部であるべきなんだ。静かに歩くとか、物を壊さないとか、敬意をこめて話すとか、他の人を傷つけないとか。アメリカの自分たちの政府から、平和や思いやり、それとかさ(笑)、近隣とか、倫理的価値なんて言葉を聞く。交わされる多くの良い言葉を耳にするけど、その後ろにはあるものをとても少ないようなんだ。人生は、ある程度まで、まさにもがくことだ。2人の人間の間のあらゆる関係と同じように、民主主義をうまく機能させるためには、思いやりや民主主義、自由や解放、同胞愛、平等なんて言葉を言っているだけじゃダメなんだ。こういった言葉はそれを意味するわけじゃない。それはプロセスなんだ。観念的に終わりのないね。自分の国についてや、自分の妻や夫、ガールフレンド、ボーイフレンド、息子、娘、友達について、彼らがこうであると、彼らが固定したものであると、口にすればすぐに、決めてかかればすぐに、その人やコミュニティと自分との関係を萎ませたり死なせてしまったりするよう招くことになる。宗教的指導書や聖なる本に言葉が書かれたときと同じようにね。何かを書き留めるとすぐに、それらの言葉は死に、その言葉たちは再興されなければならない、再解釈されなければならない、いつでも新たに適用されなければならないんだ。自分自身を食べさせなければならないように、水が必要なように、可能であれば歩かなければならないように。自分自身の精神も心も働かせなければならないんだ。
すっかり間が空いてしまいましたが、再開です。 

by miyelo | 2005-11-09 00:29 | ヴィゴ訳


<< ジャーマン・ドリーム・プロジェ...      PP更新 >>