Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 10月 20日

ジャーマン・ドリーム・プロジェクト(1)

2DFheute.deでのヴィゴのインタビュー。こういういいインタビューがヴィゴの誕生日にあがってきたので、せっかくですから、訳そうかな。
ファイルは↑でダウンロードできます。
Mr.モーテンセン。ジャーマン・ドリーム・プロジェクトへようこそ。

ヴィゴ: ハロー。話ができて、嬉しいよ。

ありがとう。Mr. モーテンセン。『ロード・オブ・ザ・リング』でのあなたのように世界的なスターへとなった俳優について、次によく聞くのは新しい財産でジェット機や、より大きなヴィラやカリブ海の島を買ったなんてことですよね。しかしあなたは型にはまらない作家たちを支援する出版社を立ち上げた。あなたを駆り立てるのはどんな夢ですか?

ヴィゴ: 出版社パーシヴァル・プレスは小さな会社で、私たちに言ったり見せたりすべき面白い何かを持っているけど、他では出版されないようなアーティストや作家の作品を出版しようとしている。ドイツではパルツィファルと呼ばれ、ウェールズ出身の、自分の道を見つけようという考え方のだ。森で自分の道を切り開くんだ。世界中の何十億という人たちが森へ行って文字通り新しい道を切り開く必要があるという意味じゃない。毎日みんながそれをしたら木が少なくなっちゃうからね。でも比喩的に言って、人には自分自身に挑戦するためにそれをする必要がある。
続く。

by miyelo | 2005-10-20 20:46 | ヴィゴ訳


<< こんなもの1枚のために      政治を吟じる(全訳) >>