Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 09月 30日

今度はゲームの声に

今度はゲームの声に_b0064176_1104156.jpgコチラのニュースによると、ショーンは今度はThe Elder Scrolls IV: Oblivionというゲームの声をするようです。
⇒の写真はおんなじ内容の記事だけどコチラのページから。

これはThe Elder Scrollsというゲームシリーズの4作目のようです。ゲームの公式サイトはコチラ。パトリック・スチュアートがthe Emperorの声を、ショーンはその息子、そして、テレンス・スタンプが悪玉の模様。
皇帝の失われた息子であり王位後継者の声を提供するのは、ショーン・ビーンだ。ビーンはアカデミー賞受賞作『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のボロミア卿として世間の注目を一挙に集めた。TVゲームに出るのはOblivionが初めてだが、『ナショナル・トレジャー』『ゴールデンアイ』『パトリオットゲーム』などの印象的な役を含む様々な映画に出演していることでよく知られている。

「Oblivion はちょっと独特で、今まで私がしてきたどれとも違う面白い経験だ」とビーンは言う。「これは創造的に取り組みたいと本当に願うプロジェクトだと思うし、ゲームのファンが結果を楽しんでくれることを望んでいる」
ショーンったら、ゲームできないんじゃなかったの?
うー。私RPGって全然ダメなの。このショーンの声は聞けないってことかしら。。

ゲームの公式ページのOblivionページを見てみると発売は2005年のHoliday Season なので12月ぐらいかな。一人用のゲームです。
皇帝が何者かに暗殺され、後継者が隠れてしまったため、空席となっている玉座。真の皇帝がいないために、Oblivion (この世界での地獄)への門が開き、悪魔が侵入し、街の人々を攻撃している。失われた王位継承者を探し出し、世界を破壊しようとする邪悪な陰謀を叩き潰すことがあなたに科せられたタスク。

ん?と言うことは、ショーンを探せっていうゲームなの?ショーンって助けに行かなきゃいけない「お姫様」なの?頑張ってたら、ショーンの声が聞こえてきたりするってわけなの?

by miyelo | 2005-09-30 22:17 | ショーンB


<< ヴィゴ、それ軽すぎ      地元の大学の広告にショーン登場 >>