Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 07月 12日

『アイランド』公開間近

今日(というか昨日。書いている間に日付が変わってしまった)は『アイランド』のUSプレミアですね。ショーンはどんな格好で出席するのかな。その後監督と一緒に日本に来てくれないかな。まあ、14日のプレミアに行く予定はないのですが。。

でもパパラレてる感じではほっそりしてますね。
グリーンジャケットが着れそうな感じじゃないですか。太ったハーパーと並んでくれる?右の写真なんて「なんて太ったんだハーパー」って思ってるシャープにぴったりじゃないですか。
『アイランド』公開間近_b0064176_23264820.jpg『アイランド』公開間近_b0064176_23271573.jpg


そしてお姉さんに写真を撮られてごきげんさんなんだろうか。。。ショーン。。
『アイランド』公開間近_b0064176_23273132.jpg

しかしこの一連のショーン、誰かを待ってるって感じですよね。道路で人を待つ映画スター。待ちくたびれて座り込んじゃう映画スター。ヴィゴといい、ショーンといい、いいなあ。

『アイランド』の公式ページ、凝ってますね。メリックの会社のホームページやらClonewatch.orgというメリックの会社に潜入して、クローン製造現場をさぐったりするサイトまであるのです。

そして米公式サイトでショーンの声を聞くことが出来ます。navigationからperspectiveのsurvivorで、麗しい声が。
全世界汚染という共通の出来事の記憶によって彼らを規制しています。
それによって彼らは外へ出ることを恐れているのです。
ゲーム(?)やプログラム、漫画、本、ゲームなど我々が彼らに与えている全ては、攻撃性を抑え、単純な社交的技能を増進させるよう設計されています。
彼らの食事には精神安定剤と性欲抑制剤の混合物が含まれています
わかりきっている面倒な事態を回避するため、彼らに性の認識は組み込まれいません。
欲動を完全に除去してしまうことは簡単なのです。
妊娠は医学的措置であると彼らは信じています。
本質的に、彼らは子どものようなものなのです。


by miyelo | 2005-07-12 00:16 | ショーンB


<< カドフェル      Hornby 蒸気機関車モデル... >>