Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 07月 09日

祝 訪問者数5万人突破!―ジョン・ハウ画集序文(1)―

去年の11月にオープンしたこのブログですが、訪問者数が5万人を突破しました。
ありがとうございます!

誰にも知らせずに始めたので、初めは自分しか見てないといった風情だったのですが(初めて頂いたコメントはstudy of Viggoのえり子さんからでした)、リンクをしていただくなどボチボチ増えてきました。やはり一気に増えたのがviggo-online.netの閉鎖時にこちらのブログをお知らせしたときでした。

初めはVoNでしないことをしようということで、ヴィゴ作品の翻訳をメインにしようと思っていたのですが、最近ではすっかり様相が変わってしまっていました。そして最近はすっかり翻訳をサボってしまっていましたが、訪問者数5万人突破記念ということで、お礼に放置していたヴィゴによるジョン・ハウ画集序文の翻訳を再開したいと思います。

コメントをくださる皆さん、メールをくださる皆さん、情報をくださるみなさん、そしてこのブログを見に来てくださるみなさん、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。


ジョン・ハウ画集序文(1)

ピーター・ジャクソンがJRRトールキンの『指輪物語』を映画3部作にするために集めた圧倒的なチームに私を加えてくれたおかげで、私は、係わった他の俳優全てと同じく、このアダプテーションが画板から映写幕へと持続的に変わっていくところを目撃する貴重な栄誉を得ることとなった。ピーターのビジョンに命を与え、この映画にある「中つ国」の目に見える細部にわたる描写を世界中の観客に与えることを引き受けた主設計者の1人が、ジョン・ハウだった。フィクションとファンタジー作品、おそらく特にトールキンの作品のイラストレーターとしての功績で既に有名だった彼とアラン・リーは、一つのチームとして、ほとんど一つの頭脳として、ロケ地とスタジオのセットの、物語のキャラクターの、それに関するあらゆる工芸品の青写真の多くを創り出すことに取り組んだ。映画三部作の揺ぎ無い礎えは、ジョン、アラン、そしてジャクソン下の様々な部門からのニュージーランドでのコラボレイターによるこれらのものの精巧なデザインの中に常にあった。1999年10月にカメラがまわりはじめ本格的に物語が語られ始めてからの何ヶ月何年の中で脚本家たちがとった横路が一体いくらあろうとも、ジョンとアランの手の中の鉛筆と紙で始められたものが、我々の究極のビジュアルガイドとインスピレーションとしての機能を常に果たしていた。

我々がウェリントンで撮影を始めたとき、ジョン・ハウとその作品に関して私はトールキンの本について知っていたのと同じぐらいしか知らなかった。つまり実質的には何も知らなかったのだ。私が『指輪物語』及び関連分野の熱心な学生と必然的になったのと同様に、私は、皆と同じように、ジョンのスケッチと絵の中に描かれた完全に実現された世界に嬉々として陥っていった。彼の鉛筆からの一本一本のラインが、微かではあるのもの、我々が存在するようになった世界の消すことのできない輪郭としての機能を果たしていた。彼の作品と彼と芸術的に対等である人々の間での彼の位置に関する専門家か何かになったふりなどは決してしないが、彼のイマジネーションと腕前の一面は今ではとてもなじみ深いことは確かである。私の一部、そして私がその一部なのだ。

我々と、我々のキャラクターが旅をした場所と、ジョンの目を結ぶ共生の事象を仄めかすものがやってきたのは、描きかけの彼のスケッチの何枚かを初めて見たときだ。ミラマーのストーン・ストリート・スタジオのアート部門ビルのジョン・ハウの作業スペースで幸運にも垣間見た思い出は、アオテアロア(注:ニュージーランド)の損なわれていない自然環境のいくつかで過ごしたほんの一握りの孤独な瞬間と同等だ。工場を改装したスペースの2階には、ジョンと、共に中つ国を夢見、描くパートナーであるアランが共有する控えめなオフィスがあった。長い撮影の間彼とアランが料理しているものを見に上がる機会を駆使できたが、私がジョンの作品を初めて見てそしておそらく最も印象に残ったのは、私がウェリントンに到着して、「アラゴルン」を演じ始めてからまもなくのことだった。ほとんどのキャストとスタッフがランチ休憩に行っていたある午後、私は散歩に出た。映画のコンセプチュアルアートを見て、ゴンドールとその人々がどういう感じなのか、そして何よりも彼らがヴィジュアル的にエルフとどう関係があるのか、について何か知りたいと思い、私は彼らのオフィスに向かった。2、3度ドアをノックしても返事がなく、私は部屋に入ったが、そこにはアーティストたちはいなかった。

(続く)

ヴィゴ・モーテンセン
日本語訳:Misa(Miyelo)

by miyelo | 2005-07-09 21:46 | ヴィゴ訳 | Comments(10)
Commented by ルドルフ at 2005-07-10 23:10 x
Misaさん こんばんは。

ブログ訪問者数5万人突破おめでとうございます!
私も数日に一回は必ずおじゃましちゃって、すっかりどっぷり
お世話になっております。これからもよろしくお願いしますね。

実は今年、英語の勉強もせず家庭菜園を始めてしまいました。
とりあえず きゅうり・なすび・ピーマンが英語でなんて言うか から
覚えてみようと思います。
Commented by miyelo at 2005-07-11 00:46
ルドルフさん
コメント、ありがとうございます。5万人突破のこのポストを上げてから300人以上来たのに、まったく反応がなかったので、少々凹んでいたところでした。日付が変わっても何も反応がなかったら、このポスト削除しようと思ってたので、良かったです。
これからもWords of VMをよろしくお願いします。

なすび。昔これをイギリスでeggplantと言ったら通じなかった覚えが。。イギリスではaubergineというそうですよ。家庭菜園、美味しい野菜を作ってくださいね。
Commented by laterblue at 2005-07-11 01:54
Misaさん、こんばんは。
なかなかチェックできなくて、ご挨拶遅れました。(凹まないでくださいね)
5万人突破、おめでとうございます。
早いですね!それだけ、Misaさんを頼りにしている方が多いということですね。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
そして、ジョン・ハウの画集の序文の翻訳の再開を、心から喜んでいる私です。楽しみにしていますね。

なすび、eggplantが英語圏共通だと思ってました。
Commented by fendi_jp at 2005-07-11 12:03
おはよう御座います。フェンディです。
五万人突破ですか!凄いですね!おめでとう御座います。
五万人のヴィゴ&ショーンファンが居てくれたら、海外のRingConみたいなのが東京ドームで出来るのに…。

コメントって「他所のお家で物を言う」行為に近いと思うので、緊張してしまいます。
私もいつも興味深く読ませて頂いてますが、自分の胸の中か、自分のブログ内等で消化してしまってる事が多いです。
凹まないで下さいね。それよりもブログの来訪者が少ない方が凹みますよ。(私の事だ…。)

なすびごときで各国の呼び名が違うとは…。侮れませんね。
Commented by Yuri at 2005-07-11 12:52 x
Misaさん、5万人突破おめでとうございます!すごいですね。日本のヴィゴファンにとってMisaさんが、そしてVON(HOT)がいかに心のよりどころだったかということの表れだと思います。すばらしい!!!
ジョン・ハウの画集の序文翻訳の再開、とても嬉しいです。読みたかった。
そして次の記事になりますが、In Other Wordsの方もたくさん、ありがとうございます。やっぱり翻訳を読ませていただくと、これぞMisaさん!という感じがして嬉しいです。
これからも相変わらず日参しま~す。
Commented by miyelo at 2005-07-11 22:17
>えり子さん、こんばんは。
お気遣いありがとうございます。
昨日酔ってたんです。酔っ払うと感情の幅が大きくなっちゃって、ちょっと凹んでしまいましたが、今日はもう大丈夫です。反省、反省。

>5万人突破、おめでとうございます。
ありがとうございます。早いんですか?他の方がどんなものなのかわからないので。

いつも色々お世話になり、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。序文も今回はちゃんと最後まであげますね。

PS.イギリスのカフェのカウンターで、中のケースに入っているなすびのをさして「あのeggplantのちょーだい」って言ったら、お店の人たちわからなかったんですよ。そしたらお客さんが「aubergineのことだよ。彼女の英語はアメリカンなんだ」って。NZでもeggplantだったんですけどね~。
Commented by miyelo at 2005-07-11 22:31
>フェンディさん、こんばんは。
ありがとうございます。5万人のショーン・ビゴ ファン。いたら東京ドームか甲子園で是非SV Conを。しかし、ショーンファン、ヴィゴファンってどのくらいいるんでしょうね?

>コメント
いや、お騒がせしてすみません。今日はもう大丈夫です。コメント、皆さん緊張されるみたいですね。どんどん気軽に入れてくださいね。

なすびもそうですが、呼び方って色々違いますよ。
NZで水着のことをtogsって言うのですが、Bring your togsって言われたイギリス人たちが、「何、それ?」って言ってましたから。
ショーンの英語には知らない単語がいっぱい入ってます。
Commented by miyelo at 2005-07-11 22:36
Yuriさん、こんばんは。
ありがとうございます。VoNのときも日本からのお客さんがとても多かったんですよ。

>ジョン・ハウの画集の序文翻訳の再開、とても嬉しいです。読みたかった。
すみません。ずいぶん長い間放置してしまいました。こんどはちゃんと最後まで訳しますね。In Other Wordsもやっと追いついたと思ったら、もうまたPPのほうでは更新されてました。すごいなあ。

>やっぱり翻訳を読ませていただくと、これぞMisaさん!という感じがして嬉しいです。
そうですか。そういっていただけると嬉しいですね。楽しみにしてくださる方がいらっしゃるのなら、これからも頑張って訳していきますね。どうもありがとうございました。
Commented by ARY at 2005-07-12 09:06 x
お邪魔します。こんにちは。
5万人おめでとうございます。Misaさんの訳、好きです。これからもよろしくお願いします!

Viggo Con?やってほしーい。もちろん、本人ゲストで。
最近韓流のTVCM出演が多いでしょう?もしViggoがCMにでたらなぁって想像してたんです。でも、どれくらいメジャーなのか・・・。どういう分野の企業がとりあげるかなど、考えたら悩んでしまって・・・。やっぱりマテ茶の宣伝かなぁ(笑
ところで、関西ではなすび、関東ではなす、って言うってほんとですか?
Commented by miyelo at 2005-07-12 21:34
ARYさん、こんばんは。
訳、気に入ってくださってるとのこと、嬉しいです。こちらこそよろしくお願いしますね。
Viggo Con、ありえないけど、あればいいなあ。ViggoがCM。日本人の間での知名度はどうも低いですからね~。マテ茶とか環境とか動物保護とかだったら本人もでそうですよね。
関西人の私はなすびっていいます。関東ではナスなんですか?


<< PP更新      『アイランド』新ビデオクリップ >>