Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 07月 03日

またまた『EP3』

今日(というか昨日)も『スターウォーズEP3』に行ってきてしまいました。先々行、先行と行くなんて、SWファンだったのか。。。
まあ、今日は甥っ子に連れて行けといわれていったのですが。

でも好きですよ。EP3。EP1、2はあんまり好みじゃないんだけど、3は良かったな。1回目を見たとき、「まあいいんじゃないの。4に繋がってるし」と思いましたが、2回目で「あれ、結構いいじゃない」と格上げ。オビワン(と師弟関係)がなんつってもいいです。初めの頃の師匠と弟子の掛け合い漫才みたいな会話(字幕じゃずいぶんそっけなくなっちゃってますが)もいいし、オビワンを見送るときの二人の会話と目の表情も良いし、最後の"I hate you." "You were the chosen one." "You were my brother." "I loved you."というところも(たぶんこういった台詞だったと)。チューバッカも出てきた。R2D2は最強で、可愛い。オビワンの大声が聞こえるレシーバー(なんて名前かな?)を隠そうとしながら、隅っこに隠れていくところなんてすっごく可愛かった。ライトセーバーでの戦いは、リー様のかっこよさに惚れてしまうわ。ユアン、ちょっと構え、変(笑)。なんか酔拳とかを髣髴させるんだもん。まあ最後のアナキンとの戦いはかっこよかったけど。ああ、こんなにユアンが良いと思っちゃダメじゃない、次はショーンの敵なのに(笑)。


>私信
himでした。そしてhimはアナキンだよ。

追記: 『アイランド』のちらしがありました。ショーンはローレントでした。まったく。。。
本当に日本の配給会社って何を考えているんでしょうね。『宇宙戦争』の宣伝だって、全然内容と違う。
トム・クルーズ(がやってる役)は本当に身勝手な男で、ミランダには愛想つかされてます。ダコタ穣もまったくパパを当てにしてません。息子もです。とってもアメリカンに病んだ家族です。あの宣伝を見て楽しみにしていくと、ちょっと違うのでは。それにスピルバーグ監督も言ってましたが、小学生以下の子どもにはお勧めできないですね。愛と勇気では救われないのです。

by miyelo | 2005-07-03 02:27 | 雑記


<< PP更新      『A History of V... >>