Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 05月 30日

PP更新

Perceval Press の In Other Words はちょっと目を離すとどんどん更新されていってしまいます。ということで更新。


ボブ・ハーバート:ラムズフェルドとアメリカ軍の劣化
2005年5月24日 International Herald Tribune
ラムズフェルドはいかにして国防長官の地位にい続けられるのか。ラムズフェルドが長官の地位についてからのアメリカ軍の状況は悲惨なものである。

アブグレイブ収容所スキャンダルの知られざる未知数
セイモア・ハーシュ:収容者虐待に関する10回の調査がブッシュと仲間たちを責任から逃れさせる
2005年5月21日 The Guardian
『The Chain of Command』からの引用です。グアンタナモ基地の虐待疑惑に関してこれまで10回の調査が行われていますが、どれもブッシュ政権の方針に逆らうものではありません。

虐待への真の調査
サマン・ジア・ザリファイ、ジョン・シフトン
2005年5月21日 International Herald Tribune
グアンタナモ基地でアメリカの審問官たちがコーランを冒涜しているというニュースウィークに載った小さな記事はアラブ各国で反米暴動を引き起こし、少なくとも16人が死亡。ブッシュ政権はニューズウィークの間違いを攻めていますが、真に責任があるのは誰なのか。

後世畏るべし,いずくぞ来者の今に如かざるを知らんや
―孔子


獣の腹の中で(窮地に陥って)
スコット・リッター
2005年5月21日 The Guardian
1991年から98年までイラクで国連武器査察官であったリッターの記事。イラク侵攻の際、ブレアを真っ向から批判し、労働党を追われ、虚偽の不正行為疑惑を受けたジョージ・ギャロウェイ。先日の総選挙で見事復活し、今回、国連の石油食糧交換プログラム疑惑に関する米上院の公聴会に自ら進んで証人として出席して、反撃。それを賞賛する記事です。

フォーカス:マクドナルドと子どもたちの真実
モーガン・スパーロックは1ヶ月毎日マクドナルドを食べ続け、彼の映画「スーパーサイズ・ミー」でその胃を攪拌する結果を記録した。ここに彼の新しい本からの抜粋がある。そこでスパーロックはロナルド・マクドナルドと、若者のハートを勝ち取るための彼のキャンペーンに関して映画で語らなかったことを明かす。
2005年5月22日 The Independent
「アメリカは世界で一番太った国であり、国民の65%が太りすぎ、そして30%が肥満体」
以前住んでいた国には多くの国の人たちがやってくるのですが、そこでアメリカ人(特に旅行者の集団)の見分け方。「異様に太ってる集団」です。日本は異常なくらい細いと思いますが。。。


by miyelo | 2005-05-30 22:12 | Perceval Press | Comments(2)
Commented by リエ at 2005-05-31 10:29 x
アメリカ人ってそんなに肥ってるんですか・・・
ヴィゴや他の映画スターばかり見ていたから気付きませんでした(@@;)
Commented by miyelo at 2005-06-01 00:37
「アメリカは世界で一番太った国であり、国民の65%が太りすぎ、そして30%が肥満体。」というところは本文からの引用です。

スタイルのいい人はとってもいいんですよ、もちろん。ただ肥えている人は多いと思います。そしてその肥えているという程度が日本人とは比較になりません。特に手軽でジャンクな食べ物を食べていると確実に太るようです。飲み物のサイズなんかも日本よりずっと大きいですからね。


<< ムビスタ7月号      いかにヴィゴを誘惑したか >>