Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 04月 13日

PP更新

今日、というか昨日ですね既に、『王の帰還』を見に行ってきました。小さいところに移ってたのですが結構お客さんは入ってました。男性1人というのが結構いて、好きで見に来てるんだなあとしみじみ思っちゃいました。エオメルがエオィンを見つけるシーンはジーんときます。

Perceval Press の In Other Wordsの更新の続きです。

Si lo defines mientes
Si lo buscas lo pierdes
Si lo ves te ves
- アレハンドロ・ホドロフスキー

米国が戦争を正当化するのに当てにしたのは「酔っ払いのうそつき」だった
レポートによると、「クレイジーな」イラクのスパイは誤報に満ちていた
エドワード・ヘルモア(ニューヨーク)
2005年4月3日 The Observer
開戦前の諜報活動の失敗について調査しているUS大統領委員会のレポートによると、イラクが生物兵器を持っているという情報の元が、「クレイジー」で「生まれつきのうそつき」と言われるスパイのようです。誤報であるかもしれないと言うことが指摘されながらも、執行部の方針と合致している内容であるがゆえに、誤報であるとみなされなったとのこと。そんなもんで戦争を始められてはたまったもんじゃありませんね。


by miyelo | 2005-04-13 01:14 | Perceval Press


<< 長崎でも公開      PP更新 >>