Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 03月 20日

PP更新

Perceval PressのIn Other Words、続きです。

「カフカ」:コメディと苦味
アンソニー・トマシニ(The New York Times)
2005年3月16日 International Herald Tribune
コペンハーゲンの王立デンマークオペラの新しいオペラハウスは、「アイーダ」の公演でこけらおとしになったのですが、真のオープニングは土曜日に行われたカフカの「審判」だろうということです。この記事の中に出てくる作品の一つ「Maria de Buenos Aires」。私が見たのは、ピアソラの作品にクレーメルがアレンジを加え、彼自身のバイオリンと、女性ボーカル、バンドネオンなど数名での舞台。すごく良かった。これは是非また見たい。
引用
「我々が、自身から他者へと焦点を移せるなら、解放する効果を体験するだろう。自己陶酔のダイナミクス、もしくは自分自身のことを心配しすぎることには、我々の苦しみを増幅させがちな何かあるのだ。逆に言えば、他者の苦しみに関連付けてみるようになれば、相対的に言って、そんなに耐えがたいということでは全くないということに気づき始めるだろう。これによって、他の全てを除外して我々の問題に集中するよりずっとたやすく心の平安を維持することができるだろう」 -ダライ・ラマ

ベルルスコーニ、イラクからの兵の撤退へ
イタリア人士官の殺害による激しい怒りから、首相は約束をせざるを得なかった
ジョン・ホッパー(ローマ)、イーウェン・マッカスキル、
リチャード・ノートン‐テイラー
2005年3月16日(水) The Guardian
イタリアはアメリカを支持していたのですが、ジャーナリストの解放後、アメリカ軍によって銃撃を受け、士官が死亡したことで、イタリア国民のイラン駐留への批判が高まっています。
ペンタゴンがハリバートンに関する監査を「隠蔽」
スザンヌ・ゴールデンバーグ(ワシントン)
2005年3月16日(水) The Guardian
ハリバートン(チェイニー副大統領が最高経営責任者をしていたところですね)の水増し請求が会計検査で去年の10月にはわかっていたのに、国防省が隠していたことが民主党議員の指摘で発覚。8万2千ドルの燃料を運ぶのに、2750万ドル要求するなど。ハリバートンは戦争中で安全確保の経費だと主張しているようですが、全く競争なく受注していることも含め、大きな問題。
破産法案: 強欲の指導書
レッスン1
家族の価値より、選挙活動の金
ロバート・シーア
2005年3月15日 The Los Angeles Times
高利貸しと銀行の違いは何?高利貸しは取立てにヤクザを使うが、銀行は連邦捜査官を使うってことぐらい。カード会社などからの巨額の選挙資金のおかげで、現在成立に向かっている法案は、ローンを借りやすくし、利子のレートを天井知らずにする。バイブルの教えをもとに、中絶と同姓婚を否定する保守派は、聖書の禁じる高利貸しには甘いようです。
ブッシュの元、放送済みのTVニュースの新時代
デイヴィッド・バーストゥ、ロビン・スタイン
2005年3月13日 The New York Times
ものすごく長いので最後まで読めていませんが、TVのニュースを公的機関が作成し、それを流しているところがかなりあるとのこと。もちろん、都合のいいことばかりです。
ニクソン関連の書類の移動が騒動でとまった
スコット・シェーン  International Herald Tribune
2005年3月12日(土) 
歴代大統領に関する図書館で、私的なものはニクソン図書館だけなのですが、74年の法律でニクソンに関する書類、テープなどは国立公文書館に保管されていました。その規制が昨年解除され、ニクソン図書館の方に移されることになったのですが、ニクソン図書館サイドの不穏な動きに、文書へのアクセスを懸念する専門家たちがストップをかけています。


by miyelo | 2005-03-20 00:53 | Perceval Press


<< ショーンが空き巣にあっちゃった      ナショトレ2?? >>