Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 01日

親愛なるデニスへ@PP

俳優であり、アーティストであり、ヴィゴの友人でもあるデニス・ホッパーが5月29日、74歳でなくなりました。
Perceval Pressにヴィゴのデニスへの手紙がアップされています。

親愛なるデニスへ、

君が去るその瞬間、肉体的にそばにいなくてごめん。でも、肉体以外はそばにいた。知っているよね。君は静かに微笑みを浮かべて逝ったと聞いた。それはびっくりすることじゃないけどね。君はいつでも「Si vis vitam, para mortem」(生に耐えようと欲するならば、死に備えよ)という格言の価値を知っているようだった。君は熱意と希望を持って旅をした。自分自身とその道程で出会った他の人たちの中に見つけた良きもの、悪しきもの、無関心なもの全てを認めながら。2、3年前に一緒に歩いたアムステルダムからの写真を何枚か同封するよ。そこで、君は僕たちに色々なことを見せてくれて、いつものように笑わせてくれた。それから、いつも君のことを思い出す言葉も。君と同郷のカンザス(州)人の詩人ウィリアム・スタフォードの1971年の言葉だ。君が今日どこにいようとも役に立つようにもう一度書いておく。

「私は私の人生のこのいわば隠れた川を追い続けている。そう、どんな題目や衝動が来ようとも、私は信じてそれに沿って進む。そして、それが最高潮へと向かっているとも弱くなっていっているとも思わない。ただ確実に流れていくだけなのだ」

また後で、兄弟

愛を込めて
ヴィゴ


親愛なるデニスへ@PP_b0064176_18155259.jpg

親愛なるデニスへ@PP_b0064176_18162541.jpg

親愛なるデニスへ@PP_b0064176_18164231.jpg




Dear Dennis,

I am sorry not to have physically been with you the moment you left, but you know I was there otherwise. You went quietly and with a smile, I was told. That is not surprising. You always seemed to know the value of the saying "Si vis vitam, para mortem" ("If you want to endure life, prepare for death"). You travelled eagerly, hopefully, acknowledging all that you found good, bad, and indifferent in yourself and in others you encountered along the way. I enclose a few pictures from our walk around Amsterdam a few years ago, where you showed us so many things and made us laugh as usual, as well as some words that always remind me of you - that 1971 quote from your fellow Kansan, the poet William Stafford. Here it is again, in case it comes in handy wherever you are today:

"I keep following this sort of hidden river of my life, you know, whatever the topic or impulse which comes, I follow it along trustingly. And I don't have any sense of its coming to a kind of crescendo, or of its petering out either. It is just going steadily along."

See you later, brother.

Love,
Viggo.

by miyelo | 2010-06-01 19:21 | Perceval Press


<< 追伸@Perceval Press      東京は6月26日公開 >>