Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 14日

新郎たち(2) @ナイフ職人の奥さんブログ

こちらのブログはナイフ職人さんの奥さんのブログなのですが、こちらにとってもキュートなジェンセンとジャレッドの写真及びエピソードが。
まあとりあえずこの写真が可愛いので。
新郎たち(2) @ナイフ職人の奥さんブログ_b0064176_2561947.jpg

で、ブログの記事ですが「The Groomsman's Knife」という3月11日のものです。
結婚式の6週間前に介添人への贈り物のナイフを作ってくれないかと依頼されたボブさん(G嬢の知り合いのようですね)。とっても忙しい時期だったのに、8本のナイフをつくる材料があうかどうかいそいそ確認。早速これこれのでいいかって奥さんに確認メールをいれさせます。

これがナイフです。ナイフにはグルームズマンのイニシャル入り。
新郎たち(2) @ナイフ職人の奥さんブログ_b0064176_2335921.jpg

ディナーのときにジャレッドがグルームズマンに一人一人ナイフを配っていた模様。このご夫婦ジェンセンと同じテーブルだったようで、まだナイフをもらっていないときにもうもらった介添人が見せにきて、ジェンセンったら、ううだのああだの言ってて、その介添人が立ち去った後に頭を抱えて「僕ももらえたら〜」って皿に向かってぶつぶつ言ってたとの事。可愛いなあ。
そのすぐ後にジャレッドがやってきてジェンセンにナイフをあげたそうですが、そのときにジェンセンの表情と旦那さんがそれを見ているときの表情が最高だったとのこと。ボブさんは誰かが自分の作ったナイフをあげる時の瞬間って見る事がほとんどないので、本当に喜んでたようです。

ナイフもらって喜ぶジェンセン。可愛いなあ。
新郎たち(2) @ナイフ職人の奥さんブログ_b0064176_2565647.jpg

ナイフ職人さんとジャレッドとナイフをみせびらかすジェンセン。
新郎たち(2) @ナイフ職人の奥さんブログ_b0064176_2572459.jpg

はは、最後の方にジェンセンはとっておいたのかな。ナイフ職人さんと同じテーブルにするってことは、ジャレッド、絶対ジェンセンが喜ぶって思ってたってことですよねえ。んで、そんなジェンセンを見て、職人さんも喜ぶって思ってたんでしょうね。いやあ、良い子だわあ。なかなか素敵なエピソードですね。

しかしなぜ腕まくり?(笑) そんなにいつも暑いのか、ジャレッド。

by miyelo | 2010-03-14 02:37 | SPN JJ インタビュー&イベント


<< 「The Road」アメリカ版...      レバレッジ見てみようかな。 >>