2015年 08月 11日

成功を盲信してくれてありがとう。頭から突っ込んでくれてありがとう #2CELLOS

もう一つザダルのインタビュー。
2CELLOS: チェロがその能力のすべてを生かされてないようで残念だったから、変えようと決心したんだ
2015年8月10日 Karl Belancic 

幼いときにどうやってチェロを選んだんですか?子供にはあまり人気のない楽器だと思うけど・・・

ステパン: 子供の時にチェロをラジオで聴いて、その温かくて心地のよい音に恋に落ちた。その瞬間からこれが生涯の愛やってわかってた。で、ルカは、父親がチェリストで、あいつは自然にその伝統を受け継いだんや。

同じときにチェロを始めたんですか?どうやって知り合って、同じ流れで音楽をしようと決めたんですか?

ステパン+ルカ: 僕たちが初めての出会って付き合い始めたのは(注:ググル翻訳ではデートってなってるんですが・・・・)、ザダルでの弦楽器セミナー「Strings Only」からなんだ。その時僕らはまだ10代だったけど、すぐになんかクレイジーなケミストリと緊張感、そして素晴らしい友情とライバル心も感じた。それからは何年も違う街に住んで勉強して、それぞれソリストとしてのキャリアを積んでいたけど、お互いのことは意識していた。時々話をしては、一緒に演奏したときクレイジーだったよねって言ってたんだ。

ステパン: ついに再会したのは2011年のロンドン、ルカが留学してきたときやった。僕はすでにそこに5年もいたんや。再会したらすぐに、今までの年月にたまってきてたものが爆発したんだ。

じゃあ、音楽的なケミストリーは自発的なものなんですね!それって練習してできるもの?

ステパン+ルカ: 絶対に自発的なものだよ。そういうものは練習では得られない。それはめったに発生しない化合物で、でもいったん発生すると、凄いんだ!僕らが一緒に演奏するとき、違う次元が付け加えられる、さらなる強さと力で、僕らの場合、1+1は3なんだ!

あなた達の音楽はジャンルをミックスさせることで知られてるますよね。どうやって始めたんですか?チェロでできるってどうやって知った?

ステパン+ルカ: 僕らはずっとチェロの可能性に気が付いていたんだ。そしてチェロが最大限活用されてないってことが残念だった。それを変えようって決めて、革命を起こしたんだ。いつもいろんな種類の音楽が好きだったし、たった一つのジャンルに僕らのイマジネーションや創造性を限定したくなかったんだ。だから僕らは今とても充実している。

2011年のスムーズクリミナルですべてが始まりましたね。こんな成功を予想してましたか?どうしてこの曲で始めたんですか(個人的に好きな曲の一つだからだと思うんだけど)?

ステパン+ルカ: そう。僕らはこの成功を計画してたんだ。今から見るとどんなに不思議に見えても、僕らは盲目的に自分たちのプロジェクトを信じていて、考えることなしに壁に頭から突っ込んでいったんだ。うまくいくって100パーセント信じてた。こういう風になるって思い描いていたんだ。

ステパン: 当時マイケル・ジャクソンのスムーズクリミナルをすごい聴いてて、これが、みんなが気が付いてへんチェロの力と強さを示すにはパーフェクトな曲やと思っててん。間違ってへんかった。

雪崩のように人気が出て、どんどんそれが大きくなってきたときどういう風に感じた?多くの人が自分たちの仕事を評価してくれてるっていつ気が付きましたか。

ステパン+ルカ: 実際、この大騒ぎになれるのは初めのころ結構ストレスだった。それに僕らにはあの曲一曲しかなかったから、すごいスピードで反応しなければならなかったし、慣れて、録音をして、適切な人を見つけてってことをしなきゃいけなかった。僕らには経験もなかったし、手引きもなかった。

ステパン: ストレスと興奮で2週間で10キロやせたんを覚えてる!本当に最初のころから、僕らがしていることのほとんどに対して素晴らしいサポートがあると感じてたし、それはどんどん大きくなってる。

ステパン+ルカ: 様々なバックグラウンドの人々、ロッカー、クラシック、知識人、アスリート・・・ 可能な限り広い幅の人々を集めて、みんなをつなぐのが僕らのゴールなんだ。

否定的なコメントや批判にはどう対処してますか?誰かに自分たちがやってることは前にもあったって言われたら腹を立てる?

ステパン+ルカ: そんなコメントを言う人は何も精通してるものがない人なんだよ。できるところではいつでも怒りや妬みをぶちまけるために生きてる。だからそういうコメントとは関わらないようにしてる。でもね、他のアーティスト達に比べると、ネガティブなコメントや批判はとても少なくて、ほとんどは僕たちを愛してくれるものだよ。

新しい曲を選ぶときは何を重視しますか?

ステパン+ルカ: 僕たちが好きであること。チェロに合うこと。メロディが美しいか、エネルギッシュなリフであること。何かがなければいけないんだ、そしてその曲を聴いたらすぐわかる。

以前の2枚と比べてサードアルバムではどんなところを強調してる?Celloverseもありますよね。自分たちの曲を作るってどうでしたか?

ステパン+ルカ: このアルバムは一番誇りに思ってるんだ。ゆっくり、僕たちだけで、完全に僕たちだけで作った。僕たちが始めてから最高のものだ!演奏から、プロデュース、アレンジ、そして自分たち自身の曲。自作の曲をする方が実際は簡単なんだ。もっと自由があるからね。歌からの素材に縛られたり限定されたりすることがない。自分がやりたいようにできる。

日本で1月20日が2CELLOSの日だと宣言されたという情報を読んだときは信じられませんでした。あんなに遠い国で、私たちとはとても違う国で、高く評価されているのはどう?

ステパン+ルカ: 最高だよ!僕らはかつてないほどによりよくより速くつながっている時代に生きている。インターネットのおかげでね。だから素敵なことも起こりうるんだ。

日本でのこれみたいにライブやツアーで面白いことはありましたか

ステパン+ルカ: この4年半の間にすごくたくさんの冒険や面白いことが起こったよ。映画2本に本3冊だしても収まらないぐらい。何か一つを選び出すのは難しいな。

ザダルでTerranea Summer Breakのトリを務めますよね。何を期待したらいいですか?

ステパン+ルカ: すべてがあるよ。すべてのアルバムからの曲があるし、アルバムに入ってない曲もある。新しいアルバムからも何か新しいのをするよ。今始めたばかりだからね。だから、大騒ぎになるよ!

ザダルの後はどうするんですか

ステパン+ルカ: ここでこの僕らのもっとも美しい海で休みを取る。バッテリーを再充電して来年に備えるんだ!
ステパン+ルカ、か、ステパンのみ。なんで?(笑) ルカが話してるとステパンも話によっちゃって、いっしょくたになるの。

まあ常に「僕ら」とひとくくりですべてが話せる二人が好きです♡ 

# by miyelo | 2015-08-11 22:46 | 2CELLOS | Comments(2)
2015年 08月 11日

ザダルが始まりの場所、そしてずっと幸せ #2CELLOS

今週の金曜日にクロアチアのザダルでライブがありますが、その前にインタビューがあがってきました。
なかなかいいインタビューだったので訳してみました。クロアチア語から英語にググル翻訳でしてるのからなので間違ってるところがあるかもしれませんが。あと、どっちがどっちのセリフなのかわからない(わかるところもあるけど)ので、ステパンが標準語w
2CELLOS: スティングと共演したい。彼の声はチェロの音と完璧に合うと思う
2015年8月10日 IVICA NEVEŠČANIN

ザダルで出会い、一緒に弾くようになったって言ってたけど、ザダルでの出会いはどんなものだったんですか?いつ、どこで?仲良くなって酔っぱらったんだよね?

ザダルは僕らにとってとても重要な街なんだ。ここですべてが始まった。ここが2CELLOSのルーツなんだ!実は10年ちょっと前、僕らが高校(注:彼らの言う高校って中学のことかな)で10代だったころに、「Strings Only」というセミナーがあって、二人とも参加してた。僕とルカが初めてつるみ始めて、酔っぱらって、一緒に演奏して、競い合って、全部ザダルで始まった!すぐに僕ら二人の間のすごいケミストリを感じた。友情もたくさん、けどライバル意識もあったし、クレイジーな緊張感もあった。一日中練習して、お互いを常に意識して、どっちがうまいか、どっちがもっと練習してるか、僕らは二人とも興奮してたし、野心的で、音楽とチェロに夢中だった。夜には一緒に飲んでチェロを弾いた!みんな飲むんがふつうやったから。で、ルカと僕は他の奴らからは離れて、二人で二重奏を演奏して、むちゃくちゃ酔った。そこで初めての2CELLOSの音があったんだ。まだ全然うまくはなかったけど、ハートがあった!2年前、ザダルで初めて2CELLOSとして演奏したんやけど、たくさんの思い出のあるこの町に戻ってくることが待ちきれないよ。

今回ザダルでは何を?

今回はクラシカルからロックまで僕らのいつものレパートリーだよ。新しいアルバム「CELLOVERSE」からも何か新しいのを演奏する。まだクロアチアでは演奏してないのをね。前回ザダルで演奏した時から、ショーはずっと進化したよ。それに僕らはパフォーマーとしてもいろんな意味で前進しているから、それをザダルでみんなに見せることを楽しみにしてる。

ショーの前に必ずやってることってありますか。一緒にでも個人的にでも。音楽とか食べ物とか、何かほかに?

コンサートの前によくRed Bullを飲んでるよ。全部のライブですべてを出し切るし、そのためにもすごくたくさんのエネルギーと力が必要なんだ。ショーの前にあんまり食べるのはよくないから、ショーの後で挽回してる!ライブのすぐ後には控室でビールを飲んでリラックスするのが好きだ。僕らの国に戻れるように地元の曲を聴きながらね。でも、ザダルではその必要はないかな。だって僕らはクロアチアにいるからね!
ステージにでる前の儀式はないよ。ただステージに出て200%出し切る。哲学も論争もあんまりない。

舞台への不安にはどう対処してる?クラシックとモダン、どちらのほうが大きい?

まったく感じないし、感じたこともない。僕らにとってはステージにあがってファンのために演奏することは大きな喜びなんだ。興奮とアドレナリンは感じる。そしてそれがコンサートをさらに強烈でクレイジーなものにすることを助けてくれる。地元で演奏するときは、さらにアドレナリンを感じる。地元の人たちの前ではいい印象を与えたいしさらにうまく弾きたいから。だからザダルでもそうだよ。

クラシックから離れて世界中で有名になって君たちの演奏はどう受け入れられている?クラシックの演奏家からは新しくエネルギッシュな演奏はどう見られてる?音楽的に「失敗した」と思われてるの?それとも「うまくやってる」って思われてる?

僕らは全然離れて行ってしまってるわけじゃない。実際クラシックというルーツにはさらに近づいて行ってるよ。今僕らには世界中の一流のクラシックホールでクラシックを演奏する機会があるし、クラシック界の偉大なスターたちと共演する機会も、最高の指揮者やオーケストラと共演する機会もある。僕らのコンサートでは毎回クラシックの曲も演奏している。リアクションはたいてい素晴らしいものだ。コンサートはクラシックで初めてクラシックで終わる。観客は同じように熱心だよ。僕らがどうやって演奏しどう見せていくかで、多くの人から認められているし、その中には僕らがしていることを完全にサポートしてくれるクラシック奏者もいる。僕らのやっていることに参加し、一緒に演奏したいって思う人たちもたくさんいる。(注:このあたりクロアチア語から英語への訳がよくわからないんだけどこんな感じかな)

どんなミュージシャンやグループとコラボしたのがよかった?一番他とは違ったのは?

今まで共演した経験はすべてポジティブなものばかりだった。まだすべてがフレンドリーでリラックスした素晴らしい環境で行われてるよ。それがポップアイコンでもロックスターでもクラシック奏者でもオペラのディーバでも、すべてパーソナルな人間的な面でつながってた。

今までまだチャンスがなかった人で、だれと一緒に演奏したり、録音したり、舞台にたったりしたい?

僕たちは今まで、世界最高のスターや伝説的なミュージシャンやなど世界中の素晴らしい音楽家と演奏するという幸運に恵まれてきたし、ここまでの僕らの進歩にも喜んでいる。もしだれとコラポするか選べるとしたら、何か変わったことをぜひしたい。エミネムとかスティングとか一緒に。スティングの声はチェロの音と素晴らしくフィットすると思う。ステージだったら、The Rolling StonesやAC / DC、U2だな。

世界的に有名になって、私生活はどう変わった?物質主義とはどう付き合ってる?

プライベートな生活はほとんどないよ。4年半休む間もなく働いているからね。本当に始まった直後からカオスで、それからずっとそれは止まることなくさらに増している。だから僕らの生活は本当にクレイジーだ。でも、ちょっとこのクレイジーなペースをスローにして、もう少し平和な生活にしたいと思っている。だって、一年間で200以上のフライトってちょっと多すぎるからね。お金に関しては、僕らはラッキーなことにとても控えめで、以前からのライフスタイルから全然変わってない。状況は全く変わっても、まだ貧乏な学生だったころと同じだ。

どの国に一番ファンがいて、コンサートで盛り上がる?一番たくさんの観客がいたのは?

初めはアメリカと日本のファンが多かったんだけど、今ではヨーロッパも目覚めてファンの数が増えてきている。イギリス、ドイツ、イタリア、ロシア、ギリシャ、ルーマニア、ブルガリアなどのツアーがあるんだ。ローマではファンの一人が100回目のコンサートで、ケーキでびっくりさせたんだ。

自分たちで作曲してコンサートで演奏したことはある?

ああ。最新アルバムに「Celloverse」というアルバム名にもなってる曲があって、東京のサントリーホールで初めて演奏した。そこはクラシックで有名なホールで、日本のチェロと弦楽団用のアレンジにしたんだ。

10年間一緒に演奏して、いつ一緒にステージに立とうと思った?うんざりしない?

2CELLOSとしては4年半だし、生きている間は演奏するつもりだよ。それが僕らの人生だし、僕らなんだ。チェロは僕らの一部で、僕らの体の延長だ。僕らは音楽なしでは生きられない。

このインタビューは別として、人気の「代償」ははらってる?

サイコパスやストーカー、インターネットでの成りすましなどありとあらゆる嫌な瞬間はあるよ。警察が介入しなきゃいけないような問題や誤解もあった。でもそれでそんな状況に対してはもっと準備していないといかないってわかるんだ。そういうことは起こるから、注意深くなっていなきゃいけない。

どちらがよりよいチェリスト?
こいつは自分のほうがうまいと思ってるし、僕は僕のほうがうまいと思ってる。それでいいんだ。それでうまくいってる!

30年後の自分たちは?
ステージの上、海、家族、幸せ、愛と幸せがいっぱいだ!

b0064176_11185221.jpg
ということでいろいろ大変なこともあるみたいだけど、幸せにチェロズを続けてね!大好きだよ~ 

# by miyelo | 2015-08-11 11:27 | 2CELLOS | Comments(0)
2015年 08月 01日

ツアー日程  #2CELLOS 

もう8月ですね。ということで、今現在のチェロズツアーの日程を

【8月】 
8月01日(土) 21:30 イタリア モルフェッタ Banchina San Domenico
8月02日(日) 21:15 イタリア タルヴィージオ Piazza Unita'
  8月04日(火) 20:15 アンドレア・ボチェッリ Teatro Del Silenzio イタリア トスカーナ州 ラヤーティコ ←【追記】
  8月06日(木) 21:00 クロアチア コルチュラ オープンジャズフェスティバル 【Oliver Dragojević & ステパン・ハウザー】 
              Vela Luka - Pijaca ispred crkve sv.Josipa
  ←【追記】 ステパンのみ 
8月07日(金) 21:00 クロアチア フヴァル Pjace u Jelsi
8月14日(金) 21:00 クロアチア ザダル Terraneo Summer Break'
8月18日(火) 20:30 スロヴェニア PORTOROZ Avditorij Portorož'
8月30日(日) 20:00 クロアチア ドゥブロブニク Valamar Dubrovnik President Hotel' 【追記】

【9月】
9月05日(土) スイス Riverside Aarburg
9月12日(土) 20:00 ブルガリア Plovdiv 
9月18日(金) 19:30 メキシコ モンテレイ Explanada del Museo de la Historia Mexicana 【追記】
9月20日(日) メキシコ メキシコ・シティ Teatro Metropólitan
9月23日(水) 19:30 アルゼンチン ブエノスアイレス Teatro GranRex 【追記】
9月26日(土) 22:00 ブラジル サンパウロ Espaco das Americas
9月27日(日) 20:00 ブラジル ブラジリア NET Live Brasília 【追記】
9月29日(火) 21:00 チリ サンチアゴ Teatro Nescafe de las Artes

【10月】
10月01日(木) 21:00 ブラジル ポルト・アレグレ Oi Araujo Viana
10月03日(土) 21:00 ブラジル リオ・デ・ジャネイロ Theatro Municipal
10月06日(火) 20:00 ベルギー ヘント De Bijloke
10月10日(土) 20:00 ハンガリー ブタペスト Papp László Budapest Sportaréna

またベガスのエルトンのショーに参加するみたいなので、10月13日から月末までかな。どうせなら日本に来てほしいな。 【追記】

【11月】
11月24日(火) 20:00 ロシア モスクワ Crocus Hall

【12月】 
12月06日(日) 20:00 ルーマニア ブカレスト Sala Palatului
12月15日(火) 19:30 イギリス ロンドン Eventim Apollo
12月22日(火) 21:00 トルコ イスタンブール Zorlu Performing Arts Center

【2016年1月】
1月29日(金) 20:00 アメリカ ニュージャージー州モリスタウン The Community Theatre at Mayo Center of the Performing Arts
1月30日(土) 20:00 アメリカ ニュージャージー州レッド・バンク Count Basie Theatre

【2月】
2月01日(土) 19:30 アメリカ ノースカロライナ州ダラム Durham Performing Arts Center
2月05日(金) 20:00 アメリカ フロリダ州 ウェスト・パームビーチ Kravis Center
2月17日(水) 20:00 アメリカ メリーランド州フレデリック Weinberg Center
2月24日(水) 19:30 アメリカ コネチカット州Storrs  Jorgensen Center for the Performing Arts

まったくライブに行く予定がないので悲しい・・・ 

# by miyelo | 2015-08-01 00:03 | 2CELLOS | Comments(0)
2015年 07月 29日

モデルさんだったの?それともインタビュー? #2CELLOS

今日ルカが
#photoshoot #italy #fashion #2cellos
#写真撮影 #イタリア #ファッション #2cellos
b0064176_22481462.jpg

ステパンが
今日のイタリアでの写真撮影から! #イタリア #2cellos
b0064176_22501981.jpg

とアップしてきたので、お?何か雑誌の撮影かなにか?と思ったのですが、ほかにも上がってきています。
こちらのインスタ
この表情いいな。
b0064176_22533223.jpg

b0064176_2254744.jpg

そしてスムクリ動画



ここのキャプションから見ると、この人のインスタへ行くんだけど、The Luxerというブランドなのかな。
b0064176_2325181.jpg

b0064176_233997.jpg

このルカの動画いいなあ。



The Luxerかあ、カメラマンのところにフォトシュートの写真とかインタビューとかあがってくるかな?

# by miyelo | 2015-07-29 23:09 | 2CELLOS | Comments(2)
2015年 06月 21日

ステパンにハピバをうたうルカ #2CELLOS

ステパンの誕生日6月15日にドイツのベルリンで行われたライブに行ってきたのですが、
その時ルカがステパンへのハッピーバースディをうたったので。
ちょっと途中ぼけちゃってますが。


照れてる二人は可愛いね。

# by miyelo | 2015-06-21 23:45 | 2CELLOS | Comments(0)
2015年 06月 21日

CELLOVEARSE ビデオクリップ #2CELLOS

なぜか新しいビデオがゼイドントになってますが、チェロズの新しいビデオは彼らのオリジナル曲「CELLOVERSE」です。

これ、ぜひ今回の日本ツアーで聞きたいな。ドイツではやってなかったし、ザグレブのクラシックコンサートでも残念ながらしなかったので。

# by miyelo | 2015-06-21 23:17 | 2CELLOS | Comments(0)
2015年 06月 21日

ツアー日程 #2CELLOS 

明日から日本ツアーが始まりますが、今後の日程をアップ。

【6月】 
6月22日(月) 19:00 大阪 あましんアルカイックホール
6月23日(火) 19:00 東京 Bunkamura オーチャードホール 
6月25日(木) 19:00 札幌 ニトリ文化ホール
6月27日(土) 17:30 盛岡 都南文化会館キャラホール
6月28日(日) 17:30 仙台 東北大学百周年記念会館 川内萩ホール
6月30日(火) 19:00 神奈川 KAAT神奈川芸術劇場

【7月】
7月02日(木) 19:00 東京 サントリーホール 【プレミアムコンサート(クラシック)】
7月03日(金) 19:00 東京 Bunkamura オーチャードホール
7月05日(日) 17:00 東京 Bunkamura オーチャードホール
7月06日(月) 19:00 大阪 フェスティバルホール
7月07日(火) 19:00 名古屋 名古屋市公会堂
7月08日(水) 19:00 広島 広島アステールプラザ 大ホール
7月09日(木) 19:00 福岡 福岡国際会議場メインホール

7月12日(日) 17:00 韓国 ソウル オリンピックパーク 
7月14日(火) 香港 Star Hall 
7月16日(木) シンガポール Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre
7月23日(木) スロベニア リュブリャナ Ljubljana Festival
7月24日(金) クロアチア ロヴィニ Rovinj jazz festival
7月29日(水) 22:00 イタリア トリノ GruVillage (presso area eventi esterna Shopville Le Gru)
7月30日(木) 21:30 イタリア フェラーラ Piazza Castello
7月31日(金) 21:01 イタリア ローマ Auditorium Parco della Musica Cavea

【8月】 
8月01日(土) 21:30 イタリア モルフェッタ Banchina San Domenico
8月02日(日) 21:15 イタリア タルヴィージオ Piazza Unita'
8月07日(金) クロアチア フヴァル Pjace u Jelsi
8月14日(金) 21:15 クロアチア ザダル Terraneo Summer Break'

【9月】
9月05日(土) スイス Riverside Aarburg
9月12日(土) ブルガリア Plovdiv 
9月20日(日) メキシコ メキシコ・シティ Teatro Metropólitan

【10月】
10月06日(火) 20:00 ベルギー ヘント De Bijloke
10月10日(土) 20:00 ハンガリー ブタペスト Papp László Budapest Sportaréna

【12月】 
12月15日(火) 19:30 イギリス ロンドン Eventim Apollo

ほかにあったかな。

# by miyelo | 2015-06-21 23:08 | 2CELLOS | Comments(21)
2015年 06月 21日

来日そして明日から日本ツアー #2CELLOS

今日来日し明日から日本ツアーです。コンサートはすべて完売。よかったね。

■大阪  6月22日あましんアルカイックホール 
■東京  6月23日Bunkamuraオーチャードホール 
■札幌  6月25日ニトリ文化ホール 
■盛岡  6月27日都南文化会館キャラホール
■仙台  6月28日東北大学 川内萩ホール 
■横浜  6月30日KAAT神奈川芸術劇場 
■東京  7月2日 サントリーホール追加公演
■東京  7月3日Bunkamuraオーチャードホール 
■東京  7月5日Bunkamuraオーチャードホール 
■大阪  7月6日フェスティバルホール 
■名古屋 7月7日名古屋市公会堂 
■広島  7月8日広島アステールプラザ 大ホール 
■福岡  7月9日福岡国際会議場メインホール 

グッズもいろいろ出てますね。
ツアーTシャツは3,500円。3種類あります。
b0064176_22543222.jpg

パンフは2,000円、トートバックは3000円
b0064176_22591661.jpg

リユースボトルは2000円、マフラータオル1500円、キーリング1500円
b0064176_2311633.jpg

クリアファイル1000円
b0064176_2324684.jpg

ということでここでも散財してしまいそうですね。

# by miyelo | 2015-06-21 23:03 | 2CELLOS | Comments(0)
2015年 06月 14日

2015.06.13 Frankfurt Alte Oper セットリスト #2CELLOS

昨日のフランクフルト、お客さんの乗りが良くて、楽しいコンサートでした!
ということでとりあえずセットリストを。

1. Oblivion
2. Gabriel's Oboe
3. Where the streets have no name (U2)
4. Viva la vida (Coldplay)
5. The Book of Love (Peter Gabriel)
6. Resistance (Muse)
7. With or without you (U2)
8. Human Nature (Michael Jackson)
9. Smooth Criminal (Michael Jackson)
10. Welcome to the jungle (Guns'n Roses)
11. Thunderstruck (AC/DC)
12. Voodoo People (Prodigy)
13. Mombasa (Hans Zimmer)
14. They don't care about us (Michael Jackson)
15. Smells like teen spirit (Nirvana)
16. You shook me all night long (AC/DC)
17. Highway to hell (AC/DC)
18. Satisfaction (Rolling Stones)
19. The Trooper Overture (Iron Maiden)
20. Back in Black (AC/DC)
21. Fields of Gold (Sting)

でした!

# by miyelo | 2015-06-14 16:58 | 2CELLOS | Comments(0)
2015年 06月 14日

ザグレブでのクラシックコンサート #2CELLOS #Classical

ザグレブのリシンスキホールで6月9日(火)と10日(水)に行われたクラシックコンサートに行ってきました。

久しぶりのライブ、それもクラシックということで二人ともかなりハイテンション!!
なんか一日目は待ちに待った遠足の日って感じww
バックについているのは2012年にやはり共演したザグレブソリストという弦楽団。

セットリストは以下の通り。ステパンとルカはほとんどの曲で編曲していますので、彼らがしたところだけ書き出しておきます。

1.ステパン&ルカ+弦
  エンニオ・モリコーネ 「ガブリエルのオーボエ」
  ENNIO MORRICOE Gabriel’s Oboe (Mission)  
   【2つのチェロへの編曲:ステパン・ルカ】

2.ステパン&ルカ+弦
  アストロ・ピアソラ 「オブリビオン」
  Astor Piazzolla  Oblivion
   【2つのチェロへの編曲:ステパン・ルカ】

3.ステパン&ルカ+弦
  アントニオ・ヴィヴァルディ 「2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 Op. 3, No. 8, RV 522」
  Antonio Vivaldi - Concerto for 2 violins in a-minor, RV 522
    第1楽章 アレグロ  
    第2楽章 ラルゲット・エ・スピリトゥオーソ
    第3楽章 アレグロ
   【2つのチェロへの編曲:ステパン・ルカ】

4.ルカ(ソロ) +弦
  マックス・ブルッフ 「コル・ニドライ」 
  Max Bruch Kol Nidrei Op. 47
   【チェロ編曲:ルカ】

5.ステパン(ソロ) +弦
  ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル 「歌劇『セルセ』よりラルゴ HWV40」
  Georg Friedrich Händel HWV 40. Largo from Xerxes (Serse)
   【チェロ編曲:ステパン】

6.ステパン ソロ+弦
  ジュール・マスネ 歌劇 『タイス』より「タイスの瞑想曲」 
  JULES MASSENET Thais Meditation
   【チェロ編曲:ステパン】

7.ステパン ソロ+弦
  フリッツ・クライスラー 「愛の悲しみ」
  Fritz Kreisler Love's Sorrow

8.ステパン ソロ+弦
  SERGEJ RACHMANINOV Vocalise
  セルゲイ・ラフマニノフ ヴォカリーズ op.34, br.14
   【チェロ編曲:ステパン】

9.ルカ(ソロ) +弦
  ヴィットーリオ・モンティ 「チャルダッシュ」 
  Vittorio Monti  Csárdás

10.ステパン&ルカ+弦
  ヨハン・ゼバスティアン・バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV.1043」
  Johann Sebastian Bach  Concerto in D minor for two violins BWV.1043
   第1楽章 ヴィヴァーチェ
   第2楽章 ラルゴ・マ・ノン・タント
   第3楽章 アレグロ
   【2つのチェロへの編曲:ステパン・ルカ】

11 ステパン&ルカ+ドゥッシャン(カホン)+弦
  ハンス・ジマー モンバサ(「インセプション」より)
  HANS ZIMMER Mombasa (from Inseption)
   【2つのチェロおよび弦楽器の編曲:ステパン・ルカ】

ここまではプログラムに載っている曲ですが、両日とも後2曲(アンコールというかプログラムで一曲消されている曲が)演奏しています。

12.ステパン&ルカ
  マイケル・ジャクソン 「スムーズ・クリミナル」
  Michel Jackson Smooth Criminal  

13. ステパン&ルカ
1日目(09/06)
  JSバッハ 「G線上のアリア」 
  JS Bach Air on the G String
2日目(/06/06)
  U2 With or Without You  

ということで9日も10日も13曲演奏です。

1曲目2曲目の「ガブリエルのオーボエ」と「オブリビオン」はおなじみの曲ですが、二人のオブリビオンが聴きたかったのでとれもうれしかった。
そして、ヴィヴァルディ!!よかった!! ヴァイオリンのをチェロに二人が編曲しているんですが、MCではふざけたことを言ってるようで爆笑になるんですが、いったん弾き始めるといきなり空気が変わる。第3楽章まであったので堪能できました。

で、ここからソロに。まずはルカのソロから。なぜかソロはステパンの席に座るルカ。曲はブルッフのコル・ニドライ。ルカ好みの曲だよなあ。暗い…暗いよルカ…(あ、でも二日目のほうが重厚感がでてよかった) んで、1曲で引っ込んじゃった。

そしてステパン。ルカが1曲だったのに、ステパンは短めの曲を4曲連続。ヘンデルのラルゴ、タイスの瞑想曲、クライスラーの愛の悲しみ、ラフマンオフのヴォカリーズと、甘いロマンチックなもの、親密な感じの選曲がステパンだなあ。そして、圧倒的に色気があるというか情感があるんだよな、彼の弾き方は。私は本来そう言う風なのが好きなので、ああ、やっぱり、ソロはステパンかあ、とここまでは思った。

でも、次のルカのソロのチャルダッシュがすごかった!今でも頭の中をぐるぐる回ってる音はチャルダッシュ!もうルカのためにあるような曲。あの長い手足と指を存分に使って、気持ちよさそうに楽しそうに弾いてた!そして終わったらすごい拍手だった。多分一番大きかったんじゃないかな(チームルカの欲目かもしれんが)。引っ込んででてくるときに本当にうれしそうにちょっと跳ね気味にでてくるのが可愛かった。一緒にでてきたステパンがルカの手をぐって持って上げさせてるのがよかったなあ
今回ステパンは療養ということでルカが大作を担当したのかもしれないけど、ほんとルカは上手くなったと思う。重い曲は重厚にいい音を出すようになってるし、テクニカルなものは軽々とこなしてるし、うん、よかったよ!
あ、ルカのパンツがなんか短くて、結構足首がかなりの長さ見えるんだけど、それがぴょんこぴょんこするもの可愛かったな。もう足も手も余ってるww

そして、二人と弦に戻ってバッハ。こちらヴァイオリンの協奏曲を二人がチェロにアレンジ。こちらも実に心地よいバッハだった。

それから次はドゥッシャンがカホンをたたいてモンバサ。ドゥッシャンカホン、モンバサにぴったりだった。新しい楽器を3日でやれと言われたみたいだけどよくあってた。チェロも楽団も二人が編曲してて、一日目は楽団の弦がかたくてちょっとどうかな?と思ったけど、二日目のほうはすごくよかった。モンバサ、普段のライブでもやるかな?ぜひカホンでお願いしたいと思ってたけど、普通のライブはドラムだった。

ここまでがプログラムに載っている曲ですが、両日とも後2曲演奏しました。 

まずはステパンとルカでスムクリ。木のチェロのスムクリです。普段は本体がないサイレントチェロで演奏しているから気がつかなかったけど、ものすごい勢いで弓を移弦させるので、がんがん本体にあたってたww

ラストの曲は一日目は「G線上のアリア」二人だけのクラシック。とても気持ちがよかった。で、期待してたら二日目はWith or Without Youに。いや、木のチェロでやってくれるのはいいのでいいんだけど、G線上のアリアがすごく気に入ってたのであれ?って。

という全12曲でしたが、実はプログラムの一曲目には

  ステファン・ハウザー‐ルカ・シューリッチ チェロヴァース 2本のチェロと弦楽団
  Stjepan Hauser – Luka Sulic CELLOVESE
   【チェロおよび弦楽 編曲 ステファン&ルカ】

というのがあったんですが、消されてて演奏してません。
ルカに理由を訊いたら「楽団ができなかった」ということです。日本でするか訊いたら「楽団ができたら」だって。日本では誰が弦楽団になるのかな。弾いてみせてくれ!

クラシックコンサート期待以上に良かったです。クラシックなんだけど、チェロズらしさが随所にちりばめられていて、無理して見に来てよかった。特に私は二日目がよかった。一日目もよかったんだけど、うん?ってのもあったのが、二日目は全部よかった。
と思ってたら後でルカに「どっちがよかった?」って訊かれ「2日目!」って即答したら、すっごい喜んだ。で、ステパンに「今日のほうがよかったって」ってルカが報告するとステパンにがしってハグされた。んで、周りにほら!みたいないいかたをしてたんだけど、何だったんだ? 二日目に多少変えたのかな?3日目はさらに良くなるよって言ってたから日本のクラシックコンサート、期待しましょう。まあ、楽団がなじみのところじゃないのでどうなるのかなあ。

# by miyelo | 2015-06-14 15:45 | 2CELLOS | Comments(2)