Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 28日

2CELLOS からよいお年を! #2CELLOS

12月23日に撮られた二人の(ルカが可愛い)インタビュー。クロアチア語だったので何を言ってるのかなと思ってたら、英語訳をつけてくれた方が。


日本語にしてみた。まさかあの可愛く笑ってる部分がそんな事だったとは(笑)
ステパンがチェロなのか女性なのか手で示してるときに
Q:ルカ、なぜチェロ?
ルカ:(同じように示しながら)だめ?

Q: 新しいビデオがでるよね。
ステパン:1月6日にでるよ。
Q:どこで撮った?
ステパン:今までのと同じように、プーラで。俺のホームタウン。あんた(インタビュアー)のホームタウン。
Q:ルカ、よくプーラに来る?
ルカ:うん。僕の働いてる町。それか働いてない町。
Q:プーラに恋するんだよね。ちょっと聞いたんだけど。
ルカ: プーラに恋するのか、プーラで恋するのか?(笑)
Q:プーラに。
ルカ:ルーマニア語でプーラってどういう意味か知ってる?
ステパン:ルーマニア語でプーラは、えっと、男のもんのことなんや。ルーマニアで「プーラからきたんや」って言うと、笑うんや。
ルカ:プーラと恋に落ちることはないと思うけど、絶対ないとは言えないよね。
(この辺り二人大ウケです(笑))

Q:これからどこへ向かう?ツアーの計画は?
ステパン:1月2日にオーストラリアへ出発して、それから日本、それからアメリカ。そこで42回コンサートがあるんや。何日間かでかわかんないけど。
ルカ: 40日間で。
b0064176_13285879.jpg

Q:ルカ、ステパンって、女たらしだと思う?
ルカ: ステパン?うーん、まだステパンに誘惑されたことがないから、なんて言ったらいいかわからない。
ステパン: 公共の場ではどうやってなんて教えないんだ。個別に訊きにくるように。
Q: じゃあ、ファーストキスは?
ステパン: そうやなあ、ルカと俺が初めてザダルで会った時、でもこいつよだれ垂らしすぎでさあ。
Q: ルカ、もうすこし説明してもらっていい?
ルカ: こいつ口が臭くて(笑) 
b0064176_1352685.jpg
b0064176_13524536.jpg
b0064176_13525479.jpg

Q: 2014年をちょっと振り返ってみようか。
ルカ: 正念場の年だった。
ステパン: 全てのことと人に関して。
(この後はよくわからなかったみたいです)
b0064176_13555654.jpg

Q: ステパン、モデルか、ミス、普通の女の子、隣のシンプルな女の子?
ステパン: 重要なのはみんな普通だってこと。普通であること、シンプルであることがまず第一なんや。そこが俺が求めてるところや。俺自身にもな。普通であることは男の一番の美徳や。
(笑)(もう完全ジョークモードになってるステパン、そしてここのルカのくるんって目を回す表情が可愛いww)
Q: 自分が普通でシンプルだと?
ステパン: 違うけど、そうあるべきやね。普通であろうとすべきではないけど、ただそうあるべきなんや。普通さは・・・ (ここで言葉が出てこないステパン)
ルカ: タマを持っていることからくる (笑) (る、るかさん。いや、根性があるって意味もあるけど、クロアチア語はどうだ(笑))
b0064176_14413868.jpg

ステパン: その通り!普通さってのは自分自身であるときに達成できるんだ。境界や制限や、他の奴らのニーズや期待を満たしてやる必要がないところでな。
シンプルさは自分が真の自分であるときにやってくる。それが俺らがみんな全てにおいて目的とすべき事なんや。だから、普通のモデルや自分が一番重要だとうぬぼれている普通の女の子たちもいる。
Q:ルカ、どう思う?
ルカ: うん、聞いてなかった。4年後にこいつが何を言うだろね。
ステパン: 俺、いいこと言ったよな。
ルカ: 人は時々なんか賢いことを言うよね。ギリシャの哲学者みたいな言い方でね。
Q: ステージを降りたら普通?
ルカ: 僕らは妙に普通だよ。僕はそういう風に僕ら二人をとらえてる。ただ単に普通なんじゃなくて、妙に普通なんだ。
Q: 名声にはどうやって対処してる?
ルカ: 誰が対処してるって言ったんだ?
Q: 大変なときもある?気づかれるよね。
ステパン: ラッキーなことに基本的な習慣は変わってない。有名になる前と同じようにやってる。ただ、自由な時間が少なくなった。いつも旅をしているから。疲れるで。でも俺らの本質は変わってへん。今でも学食に食べに行くし、路面電車やバスで移動する。要求もないし、特になにも変わってない。
b0064176_14415482.jpg

くるんって。身体能力の高いところを見せつけてます、ルカ君。

Q: クロアチアの女の子と世界の他の女の子達の違いは?
ステパン: なんて質問。なんか面白い質問やな。うーんなんて言ったらええか、地元の子は地元の子。
Q:地元の子は地元の子ね。オッケー。で、違いは?
ステパン: 違い?ここでは女の子はちょっと内向きかな。
Q: どこと比べて?
ステパン:もっとオープンなところと比べて。
Q: ほかはみんなもっとオープンだけど、ここはどうでもない?
ステパン: どこでもってことじゃないけど。
ルカ: Open Radioは?(そういうラジオ局があるみたい)
b0064176_155389.jpg

ステパン: 世界中どこでも女の子達の本質は同じ。どう育てられたかとかどう振る舞うかとかでいくらか違うねん。でも本質は同じ。
Q: ステパン、一番長く付き合ったってどのくらい? (ここの二人の表情とステパンが答えるまでの時間がww)
ステパン:わからへん。ストップウォッチもってなかったから。
Q: ルカは?
ルカ: 10年近いね。うーん、6年。 (←10年ってのが単位なので)
ステパン: ご愁傷様でした。
b0064176_15111025.jpg

Q: ツアーに出ていることで、恋愛に支障が出てる?
ステパン: どの?俺ら二人の間の?
ルカ: 恋愛?うーん、それはどんなタイプの人間かによるよ。どうやって長距離恋愛に対処するかにね。絶え間なく旅をしているときは、自分のパートナーがどんな人かによる。でも、一番大切なのは幸せであることと、自分に満足していることだよ。
ステパン: 今、こいつが言ったことを聞いて、言葉を失ったね。

Q: 二人で同じ人に恋をするってことはありえる?
ステパン: 幸運なことにこいつの趣味は酷いから、ありえへんね。
ルカ: 趣味と嗜好に関しては色々話し合えるね。特にお前の。
ステパン: 味覚(好み)に関しては話し合うべきじゃないんだ。そう昔から言われてる。

ステパン: 見ている人みんなに、幸せで恵まれた一年を!
ルカ: 恵まれた一年?
ステパン: そう、恵まれた一年になりますように。
ルカ: メリークリスマス、そして恵まれた一年にって言わなきゃ。
b0064176_15262786.jpg

ステパン: たくさんの幸せと喜びがありますように。まず最初に、自分自身に喜びを許すんや、いや、つかむんや。いや、待て!みんな、自分自身を生きさせるんだ。気を付けろ!人生の瞬間はとても速く過ぎ去って、自分にどこにいたんや、何をしたんやって訊く羽目に陥る。止まって、息をして、そして心を開く。世界を抱きしめるんや。そして自分自身を豊かにするんや。
ルカ: 恐れないで。
ステパン: 成功して豊かに暮らしているのが誰か知ってる?それを楽しむことを自分自身に許した者や。
ルカ: でも、物質的な豊かさじゃないよ。
ステパン: そうだ。どんなタイプの豊かさでも、自分自身が豊かさだと思えるものが君の豊かさなんだ。
ステパン: あんた(インタビュアー)はすごいジャーナリストやな。こんなことを俺に言わせるなんて、誰にもでけへんかったよ。よくやった。これが初めてのインタビューやなんて信じられへん。
Q: ありがとう。コーチがよかったから。
b0064176_15263856.jpg


ということで、相変わらずコロコロとじゃれ合う可愛いインタビューでした。はっきり、オーストラリアの後に日本、それからアメリカって言ってるね。
そしてステパンのラブライフはどうなることやら。ルカ、プーラと恋に落ちるのはどうかとww

by miyelo | 2014-12-28 15:38 | 2CELLOS | Comments(2)
2014年 12月 28日

ルカのクリスマス動画 #2CELLOS

ルカのクリスマスメッセージ。
メッセージと共にきよしこの夜を演奏してくれてます。
メリークリスマス!!! みんなが、愛する人と素晴らしい時を過ごしていますように! 
愛をこめて、ルカ
b0064176_12291027.jpg




by miyelo | 2014-12-28 12:32 | 2CELLOS | Comments(0)
2014年 12月 21日

pipさんのモスクワライブレポ #2CELLOS

お友達が2CELLOSのモスクワライブへ行ってきて、レポを書いてくれました。
【2CELLOSコンサートレポート・モスクワ編】

ベルリンの友人に会いに行く途中、ロシアのモスクワへ寄って2CELLOSのモスクワ公演(12月1日)を観てきました。

2CELLOSのロシア・ツアーはカザンからスタートし、モスクワはロシアで4番目の公演地です。
コンサート会場はCROCUS EXPOにあるCROCUS CITY HALL(クロッカス・シティ・ホール)です。ここ、赤の広場から地下鉄で20分、市の中心部とシェレメチェボ空港のちょうど中間地点にあり、コンサートホールの他、ホテル、エキジビションセンター、高級百貨店、スーパーも隣接している大型施設です。名物とも言われるほどモスクワは交通渋滞が激しく、彼らも車での移動にかなりの時間を取られたそうです。
b0064176_2140040.jpg

前日の夜は-8℃、コンサートのある日は曇り空で雪もちらついていましたけれど、湿気の多い日本の雪の日と違い、想像していたほどの寒さではありませんでした。
モスクワでは空港を始め地下鉄の入り口や建物の中に入る際には、金属探知機のついたゲートを通って中に入ります。このCROCUS CITY HALLヘも入場の際にゲートを通って入ったのですが、ゲートを通った時になぜかブザーが鳴ってしまい焦っていたら、スーツを着た警備の男性に持っていた手提げ袋を指差され「これですか?」と持ち上げて見せたら、ニコッと笑って「いいよ」と簡単に通してくれました。一方、男性はそれなりに調べられていたようです・・・。でも、鞄の口を開いて中を見せて入る日本のコンサートより、はるかに気分良く入場できました。ロビーでは女性はドレスアップしている人が多くロングドレスを着ている人もチラホラいました。

会場の中はステージを中心に扇形の座席配置で後ろの方は横一列が90席以上あり、ステージの横、左右に大きなモニター画面設置され、演奏中の姿はココに映し出されていました。そして席はステージに近いほど値段が高く、前方中央は比較的年齢が高めか、カップルが多く、一番値段の安い2階席は若いファンが多くコンサート中はとても盛り上がっていました。(私は2番目に高いサイドの席に座りました)
b0064176_21402713.jpg


開演時間の20時を15分くらい過ぎてからコンサートは始まりました。
Benedictusのイントロ流れ彼らがステージに登場すると、客席から大きな拍手と歓声が上がります。続けてWhere the streets have no nameの演奏が終わり、立ちあがって客席に向かって挨拶をしてからルカがロシア語で挨拶をします。なにを言ったのかは解りませんでしたけれど、お客さんからは笑い声も起きていました。
そしてViva la Vida、Shape Of My Heart、The Resistanceの演奏が終わると、マイクを持ったステファンが「(The Resistanceの演奏を終えて)ルカが疲れてるだろうからスローな曲を2曲演奏するよ。1曲目は良い曲だけど、2曲目のほうがもっと良いよ。今日来ている全ての美しい女性に捧げます。」と言ってBook of love、With or Without youを演奏します。コンサート会場のせいでしょうか、スローな曲は音がとても美しくゆったりと響きわたって、ロシア風と云うか大陸的な印象を受けました。
次にルカが「次の曲はマイケル・ジャクソンのHuman Natureです。この曲をボク達の友だちPhilipp Kirkorovに捧げます。今日ランチに連れてってくれたんだ。とっても美味しかったよ!」とルカのリツィートで一緒に写っていたPhilippさんを紹介します。客席に居たPhilippさんも立ちあがって姿を見せてくれましたけれど、実物は写真で見るほどパパイヤ鈴木似(!)ではなく、とても華のある素敵なかたでした。
そしてSmooth Criminalの演奏が始まると、観客から一斉に歓声と手拍子が始まります。ここからは、どこのコンサート会場でも同じように歓声や手拍子でどんどん盛り上がっていきます。You shook me all night longでルカの「みんな立って!踊って!」の掛け声でみんな一斉に立ち上がって大盛り上がりです。そして気が付くと後方の席に居た人たちが通路に出て来ていました。皆とても控え目で演奏中はステージ前に来ないのですけれど、彼らがステージ前に出て来て挨拶をすると、ステージ前へ行ってサインをもらったり、握手をしたり写真を撮ったりしていました。
b0064176_21404839.jpg

「次の曲はみんな歌ってね!」とルカが言って始まったSatisfactionですが、ここで警備員が立っている人に座れと指示します。えっ?と思ってステージを見るとルカも「なんで?」という顔で苦笑いをしていました。皆おとなしく座りますが、演奏が終われば立って拍手をし、女の子たちからはアンコールで2CELLOSコールも起こっていました。1回目のアンコールはBack in Black、2回目のアンコール曲はFields Of Gold、いつもより少しスローテンポでステファンが気持ちよさそうに弾いていました。演奏が終わり舞台の前まで来て挨拶をすると、お客さんから沢山のスパシーバの声が上がっていました。
モスクワのコンサートで驚いたのは、演奏が終わってMCの間にファンがステージの前にやって来て、右手と左手に持った赤いバラの花束を彼らに向かってスッと差し出したことです。その後、ぬいぐるみを持ったお嬢さんも登場したのですけれど、ロシアの舞台ではこのような光景は当たり前なのかもしれませんが、その差し出し方が慣れているというか堂々としていてちょっとビックリしました。

終演後のサイン会はロビーの一部に結界を引いて、数人ずつ彼らのところへ行ってサインをもらうという方法が取られていました。結界の前に沢山の人が待っていてサイン会の様子は見る事が出来ませんでしたけれど、終わって出てきたお嬢さんたちが、もらったサインを手にとび跳ねながら喜んでいた姿がとてもかわいかったです。
サイン会終了後、少しだけロビーで彼らと会うことができました。
ルカはいつもと変わらない笑顔で、コンサートの後でもさほど疲れた様子もなく元気でした。「日本はどお、変わりない?いま日本は寒いの?・・・ロシア寒いよね~」などと。ルカは長袖の薄手のセーターを着ていたのですけれど、そのセーターの手触りがすごく良かったです。
ステファンもとても元気&ご機嫌で、笑顔でつかつか寄って来て「元気?」と挨拶。「会えて嬉しいわ。それもモスクワで!」と云うと「うん。ボクも~」と返してくれるサービスぶり。そして、ステファンと話しているところへ突進してきたドゥシャンもニコニコ、もう1ステージ演奏ができそうなくらいとても元気でした。
次の日は朝6時の飛行機に乗るため4時にホテルを出なくてはならず、数分話をしただけでバイバイしましたけれど、少ない時間の中でも時間を作ってくれて、いつもファンを大切にしてくれる彼らに本当にありがたいな、と思いながら会場を後にしました。

ロシア公演の翌朝、日本では3rdアルバムの発売日が発表になりました。
サウンド・エンジニアとして彼らのツアー(もちろん日本へも毎回!)に同行しているミロが「日本は色んなことがきちんとされていて、一番ツアーしやすい国なんだよ」と言っていました。
一日も早く、また日本でツアーする日が来ることを心待ちにしている日本のファンと同じように、彼らもその日が来ることを、きっと楽しみにしてくれていると思います。
b0064176_2141454.jpg


by pip

ここにコンサートの写真が上がっています。
CROCUS CITY HALL  

モスクワ公演(12月1日) セットリスト
・Benedictus 
・Where the streets have no name
・Viva la Vida
・Shape Of My Heart
・The Resistance
・Book of love
・With or Without you
・Human Nature
・Smooth Criminal
・Welcome To The Jungle
・Thunderstruck
Dusan drum solo
・Voodoo People
・Smells like teen sprit
・You shook me all night long
・Highway To Hell
・Satisfaction
〈アンコール1〉
・Back in Black
〈アンコール2〉
・Fields Of Gold
ということで、パパイヤ鈴木似の人はパパイヤ鈴木よりかっこよかったようです。って、そこじゃないね。やっぱりロシアは寒いと思ってたのね、ルカww 元気そうということでよかった。
はやく日本にかえってきてほしいね。
レポ、ありがとう~! 

by miyelo | 2014-12-21 21:45 | 2CELLOS | Comments(0)
2014年 12月 11日

イタリアのラジオ番組に出演 #2CELLOS

12月9日23時(イタリア)からイタリアのラジオ番組「MONTE CARLO NIGHTS」に2CELLOSがゲスト出演しました。こちらに動画があがってます。

とはいっても収録したのはMITO Festival(9月)でイタリア訪問した時みたいなので、ステパンが細いww
イタリアのラジオ局は収録風景を動画であげてくれるという素晴らしさ。音もいいし、話もいいし、二人のリアクションも可愛いしということでご紹介。
b0064176_2142342.jpg
b0064176_2143821.jpg

b0064176_2144663.jpg

この番組のホストのNick The Nightflyさん。Nick the Nightfly & Montecarlo Nights Orchestraというのをやってはる方です。
この人が2013年3月にミラノのブルーノートで10周年のイベントをしたときにその一環でチェロズのブルーノートでのライブのMCをしたようです。こちらにそのときフラジャイルを歌っているのが。
そのときにもこの番組に出してもらってます。こちら。2013年3月21日放送です。
b0064176_2153567.jpg

ふたつのビデオを見比べると、チェロズの成長がわかるなあ。

by miyelo | 2014-12-11 21:06 | 2CELLOS | Comments(0)
2014年 12月 10日

Shape of My Heart のPVでました #2CELLOS

Shape of My Heartのビデオが出ました。

Stingのこの曲3月の日本ツアーが初演で、そのときから大好きだったのですが、やっとPVがでました。

by miyelo | 2014-12-10 00:21 | 2CELLOS | Comments(2)
2014年 12月 06日

新公式サイト 作ったのはスーリッチ兄Andrija Šulić #2CELLOS

昨日2CELLOSの公式サイトが新しくなりました。
http://www.2cellos.com/ 
b0064176_13553842.jpg

ニュースページやツアースケジュール、ビデオやCD情報、写真やバイオなどがあります。
サイトはルカのお兄ちゃんAndrija Šulićが作ったとのこと。
相変わらず家内工業的な2CELLOSですww

色々写真が高解像度(ルカ関連ww兄ちゃんの愛の偏りを感じる)。

ルカのお兄ちゃん、ミュージシャンですが、水球もやってて、今年スロベニアリーグで優勝してます。
音楽とか水球とか。
b0064176_1444820.jpg

b0064176_14443892.jpg


by miyelo | 2014-12-06 14:45 | 2CELLOS | Comments(0)
2014年 12月 02日

3rd album CELLOVERSE will be released in Japan 2015.1.21 #2CELLOS

2CELLOS' 3rd album CELLOVERSE will be released in Japan 2015.1.21.

Here is list of the songs.
CD
1 The Trooper Overture (Iron Maiden)
2. I Will Wait (Mumford & Sons.)
3. Thunderstruck (Intro)
4. Thunderstruck (AC/DC)
5. Hysteria (Muse)
6. Shape of My Heart (Sting)
7. Mombasa (Hans Zimmer "Inception")
8. Time (Hans Zimmer "Inception")
9. Wake Me Up (Avicii Feat. Aloe Blacc)
10. They Don't Care About Us (Michael Jackson)
11. Live And Let Die (Paul McCartney & Wings)
12. Street Spirit (Radiohead)
13. Celloverse 2CELLOS original
Japanese bonus truck
14. (I Can't Get No) Satisfaction (Rolling Stones)

There is another version with DVD and photo booklet.
CD+DVD
DVD (MV)
1. Thunderstruck (AC/DC)
2. Mombasa (Hans Zimmer "Inception")
3. I Will Wait (Mumford & Sons.)
4. The Trooper Overture (Iron Maiden)
5. Shape of My Heart (Sting)
6. Smooth Criminal (Michael Jackson)
NOTE: Japanese DVD is region 2 NTSC.

by miyelo | 2014-12-02 22:34 | 2CELLOS | Comments(0)
2014年 12月 02日

3rdアルバム「Celloverse」 2015.1.21発売 #2CELLOS

2CELLOSのサードアルバム『チェロヴァース』が2015年1月21日発売決定です。
詳細がソニーの公式ページにあがってきました。 
b0064176_21145456.jpg


このタイトル『チェロヴァース』は楽器のチェロと、「ユニヴァース=宇宙」の2語を組み合わせた2人の造語で、「2人のチェロで人々とつながって創造する宇宙」の意味が込められているそうです。
今回は2本のチェロでの高次元な音世界の表現にこだわった内容となっているということで楽しみですね。

そしてオリジナルはアルバム・タイトルと同じ「チェロヴァース」
この曲に関してルカは「僕たちはソーシャル・メディアを通じて、ファンとチェロの宇宙=チェロヴァースを創造してるんだ。この曲にはそんなポシティヴでハッピーな雰囲気がある。そして、それは僕たちがファンと一緒に創り上げるユニヴァースという意味でもあるんだよ」と語っているそうです。
とっても嬉しいですね。

【リリース情報】
◇初回生産限定盤CD+DVD: SICP-30706-7 ¥4,167+税(税込¥4,500) アマゾン
◇通常盤Blu-spec CD2※通常のCDプレーヤーで再生可能な、高品質フォーマット: SICP-30708 ¥2,500+税(税込¥2,700) アマゾン

Disc 1 Blu-spec CD2 ()内はオリジナル曲の演奏アーティスト名
1. トゥルーパー (アイアン・メイデン)
2. アイ・ウィル・ウェイト (マムフォード&サンズ)
3. サンダーストラック (イントロ )~  * 配信中
4. サンダーストラック (AC/DC) * 配信中
5. ヒステリア (ミューズ) * 配信中
6. シェイプ・オブ・マイ・ハート (スティング)
7. モンバサ (ハンス・ジマー『インセプション』)
8. タイム (ハンス・ジマー『インセプション』)
9. ウェイク・ミー・アップ (アヴィーチー feat, アロー・ブラック)
10. ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス (マイケル・ジャクソン) 
11. リヴ・アンド・レット・ダイ (ポール・マッカートニー&ウィングス) 
12. ストリート・スピリット (レディオヘッド)  * 配信中
13. チェロヴァース ☆2CELLOSオリジナル 
<日本盤ボーナス・トラック>
14. サティスファクション (ローリング・ストーンズ)

Disc2 DVD【収録予定曲】
超絶チェロの魅力をあますとこなく収めたミュージック・ビデオ・セレクション!「スムーズ・クリミナル」も初収録
1. サンダーストラック (AC/DC)
2. モンバサ (ハンス・ジマー『インセプション』)
3. アイ・ウィル・ウェイト (マムフォード&サンズ)
4. トゥルーパー (アイアン・メイデン)
5. シェイプ・オブ・マイ・ハート (スティング)
6. スムーズ・クリミナル (マイケル・ジャクソン)
b0064176_21524038.jpg
b0064176_2152487.jpg


詳しくはこちら

by miyelo | 2014-12-02 21:53 | 2CELLOS | Comments(2)