Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 11月 ( 57 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 29日

ブレイズ伝記本

ブレイズの伝記本がでるようです。公式サイトで紹介が上がっているのですが、メインはショーン(笑)。
b0064176_1221326.jpgSheffield United: The Biography

映画スターショーン・ビーンのシェフィールド・ユナイテッドへの献身は新しいレベルへ移行した。今度はユニークなサッカー本を生み出させたのだ。

100 per cent Bladeタトゥーで知られるビーンは、「Sheffield United: The Biography」の駆動力だった。この本はサッカーの世界、特にブレイズに関する素晴らしい洞察に満ちている。

12月1日金曜日、彼は全てのブレイズファンのクリスマスプレゼントリストに乗るであろう本の公式発売を行う。

Brunel大学スポーツ講師である著者Gary Armstrongは、仲のよい近い友人であるビーンとともに、クラブ会長ケヴィン・マッケイヴの支持を得て、サッカークラブの伝記であり、イギリスサッカーで初めての献身的なクラブ社会史の本を生み出した。

クラブの「Hall of Fame」のジョン・ガーネットの協力を得た本は、クラブのアーカイヴやクラブを経営してきた人々、元及び現選手たちへ自由にアクセスができた結果、素晴らしい物語を浮き彫りにしている。

この本に出版に関して自分が果たした役割に関して、ビーンは次のように言っている。「シェフィールドのような大都市では、サッカーの温床だと自分たちを呼ぶ世界中のどんな場所と同じように、自分がサポートしているクラブは選択したものであることはめったにない」

「サポートは世代から世代へと受け継がれている。私の祖父はブレイド(ブレイズファン)で私の父もブレイドだ。ヒルズブラで私がどうなるかなんてほかに道がないだろ?」

「長年撮影のために世界中をまわってきた。思っていたよりずっとたくさんユナイテッドの試合を見逃してきた。ブレイズの幸運を捜し求めて普通ではない場所から長距離電話をかけている自分を見てきた」

「そんなばかな話や物語がこの本に書かれていることだ。サッカーと私たちのクラブの歴史に関する非常に興味深い洞察に満ちている」とビーンは付け加えた。

この400ページの本は150年の歴史についてであり、Blades Supersoreでまもなく発売される。
ショーン、ショーン、そんな話の本なの?違うよね?(笑)まあとりあえずサッカー狂の皆さんのお話なんでしょう。どのくらいショーンが係わっているのか、そしてどのくらいショーンに関することが書いてあるのかはいまいち不明ですが、読みたいです。そしてブレイズのショップでしか買えないのかな?それは困る。だってこのオンラインショップ、注文しても「ありません」って郵便で返事が来て、ものを買えないんだもん。困ったな。

【追記】 あ、私この著者Gary Armstrongの本、持ってるよ。『Football Hooligans: Knowing the Score』というシェフィールドのフーリガンの本です。まだ読んでないのですが、社会学系?人類学系の本です。分厚いです。

by miyelo | 2006-11-29 11:31 | ショーン(Blades) | Comments(15)
2006年 11月 29日

勝った!+今後の日程

火曜日の対ワトフォード戦、0対1で勝ちました!
それも88分に点を入れたようです。

まあまだ降格圏内の18位ですが、次は土曜日にホームで最下位のチャールトン戦ですよ。がんばれ、ブレイズ!

ということで今後の日程
12月02日(土)24:00 H チャールトン・アスレティック (キックオフは現地(日本)時間です。合ってるかな?要確認。そして夏時間にはいつ変るのかな?)
12月11日(月)29:00 H アストン・ヴィラ   
12月16日(土)23:00 A ウィーガン・アスレティック    
12月23日(土)23:00 A ポーツマス 
12月26日(火)23:00 H マンチェスター・シティ
12月30日(土)25:15 H アーセナル 
01月01日(月)23:00 A ミドルスブラ   
01月13日(土)24:00 H ポーツマス  
01月20日(土)24:00 A レディング   
01月30日(火)29:45 H フラム   
02月03日(土)15:00(24:00) A ブラックバーン・ローヴァーズ 
02月10日(土)15:00(24:00) H トテナム・ホットスパー 
02月24日(土)15:00(24:00) A リヴァプール  
03月03日(土)15:00(24:00) H エヴァートン  
03月17日(土)15:00(24:00) A チェルシー   
03月31日(土)15:00(24:00) A ボルトン・ワンダラーズ 
04月07日(土)15:00(24:00) H ニューカッスル・ユナイテッド   
04月10日(火)20:00(翌日05:00) A マンチェスター・ユナイテッド   
04月14日(土)15:00(24:00) H ウェストハム・ユナイテッド   
04月21日(土)15:00(24:00) A チャールトン・アスレティック
04月28日(土)15:00(24:00) H ワトフォード
05月05日(土)15:00(24:00) A アストン・ヴィラ 
05月13日(日)15:00(24:00) H ウィーガン・アスレティック


by miyelo | 2006-11-29 11:15 | Blades | Comments(8)
2006年 11月 28日

PP更新

Perceval Press In Other Words 更新。

今、風は安定し、大地は露に濡れ、
空の星の嵐は静かになるだろう。
そしてまもなく私たちはみんな大地の下に眠るだろう。
私たちはお互いを決してその上で眠らせないのだ。
‐マリアナ・スヴェタエヴァ
------------------------------------------------------------------------------------------

ヨーロッパ最高の森林が道路と言う「災害」で危機に瀕している
Elizabeth Davies
2006年11月27日  The Independent 
ルーマニアで始まった道路建設。ヨーロッパで手付かずの自然が残り、様々な動植物の宝庫である森を通る。それが環境に与える影響に関して。

アフリカの動物避難所:ウガンダ野生生物教育センター
親を亡くした動物たちの施設として作られたが、今日では戦争で荒廃した地区で密猟者や呪術医によって搾取されてきた50種もの動物たちの安息の地となっている。
Steve Bloomfieldがこのユニークな聖域をレポート
2006年11月27日 The Independent

彼らは嘘をついてイラクに入った。今彼らは出て行くのにうそをつこうとしている
ブッシュとブレアは、彼らの悲惨な戦争の結果に対する責任を自分たち以外の誰にでもなすりつけようとしている。被害者たちにすら。
Gary Younge
2006年11月27日 The Guardian

Putin replica que en la UE también se cometen "grandes asesinatos políticos"
El presidente ruso considera la muerte del ex espía una tragedia y lamenta su politización
PILAR BONET / ANDREU MISSÉ
2006年11月25日  El País

"Rumsfeld autorizó las torturas en Irak"
ENTREVISTA Violencia en Irak JANIS L. KARPINSKI
2006年11月25日  El País

フランスの植民地の絶望と言う遺産
Robert Fisk
彼らはレバノンの「独立」を望んでいた。しかし彼らが望んだそれはフランスに有利な形でだ。
2006年11月25日  The Independent

------------------------------------------------------------------------------------------
世界が多次元であるのに、
私たちは一つの面に磔られている。
私たちはそれに気が付いている。
そして真実を知る能力がないということに
苦しめられている。
しかし知る必要はない!
必要があるのは愛することだ。
そして信じることだ。
信頼は愛に助けられた知識だ。
- アンドレイ・タルコフスキー
------------------------------------------------------------------------------------------

アレクサンドル・リトヴィネンコ
KGBシークレットエージェントから政治的な反体制派へ
彼はロシアのセキュリティ・サービスのふたを開けた。
2006年11月25日  The Independent 
先日毒殺されたリトヴィネンコ氏に関する記事。

アメリカの妨害がテロリストギャングの逃亡を助けた
Jason Bennetto
2006年11月25日  The Independent 
夏のロンドンでの飛行機爆破テロ計画。イギリス側の犯人確保を妨害したのはアメリカの干渉だったようです。

La policía interviene la contabilidad secreta del jefe mafioso ruso
La documentación servirá para acreditar el blanqueo de capitales y los sobornos
FRANCISCO MERCADO
2006年11月24日  El País

by miyelo | 2006-11-28 23:37 | Perceval Press | Comments(2)
2006年 11月 27日

PP更新 -ヴィゴのメッセージ

Perceval Press In Other Words 更新。ヴィゴのメッセージだけとりあえずアップします。

私たちは直接認識していないものには関係がないのだろうか。そして認識した瞬間、私たちは自分たち自身であり続けるのだろうか、それとも、むしろ、私たちはその瞬間の純粋に見晴らしがよくなった地点でそれとつながるもの自体になるのだろうか。おそらく、なぜとか、どこでとか、いつと言うことはたいした意味を持たないのだろう。何がと言うことだけが問題なのだ。私たちを分かち、相手を希求するかもしくは撥ね付けられた状態に私たちを置き去りにする差異または欲望を忘れることが私たちにはできるのだろうか。
v.m.

最後のフレーズはBack to babylonと絡めてますね。

by miyelo | 2006-11-27 07:10 | Perceval Press | Comments(6)
2006年 11月 26日

対ウェストハム戦

げげ、先制点を許してしまった。がけっぷちなのに。
そしてそのまま前半終了。0-1で負けてます。

後半開始。
前半終わった段階で、ウェスとハムの方が強くて今の結果は順当だと言っていたSPORTBOXのコメンタリーで、後半は別のチームみたいだって言われてますよ。ほんとか?ボールのポゼッション(サッカー用語でなんていうのかな?保有率?)も上がってきてますよ。

ああ、なんていってたらイエローカードが2枚も!ハルスとギレスビー。もともとモンゴメリにも出てたのに。

ありゃりゃまたイエローカード。これで4枚目。

あかん。眠たくなってきた。あきらめて明日の朝かな。勝ってますように!

【追記】 結局ブレイズは負けました。監督怒ってます。何に怒ってるかって、審判に。ブレイズの選手がゴールしたのですが、その前にゴールキーパーが前に出すぎたとかなんとかで相手のゴールキーパーのファウルを取って、ノーゴールになったようです。
勝てたかも、いや勝てたのにって。

by miyelo | 2006-11-26 00:43 | Blades | Comments(4)
2006年 11月 25日

ショーン関連商品

ショーン関連商品のリストも作ってみました。
ショーン関連商品(新刊・近刊)
  DVD
  ショーン関連本・朗読CD
  シャープ 原作・関連本・CD
やっぱりショーンはたくさんありますね。

by miyelo | 2006-11-25 22:00 | ショーンB | Comments(0)
2006年 11月 25日

Hitcherのトレイラー 

Ain't It Coolのこちらに画像の状態がいいトレイラーが出ています。
QuickTime High
QuickTime Low
Windows Media High
Windows Media Low

CSBによると、ショーンは20日から3日間『The Hitcher』の撮影だったそうです。どこで?

by miyelo | 2006-11-25 18:48 | ショーンB | Comments(0)
2006年 11月 23日

PP更新

Perceval Press In Other Words 更新。

レバノンの内戦
Robert Fisk
2006年11月22日  The Independent 
レバノンのジュマイエル産業相暗殺に関して

オランダが権威主義の新しい段階に到達した
ヨーロッパ中で、ベール着用に反対するキャンペーンに確立したパターンがある。そしてそれは融合とはなんら関係がない。
Naima Bouteldja
2006年11月21日  The Guardian

危険:暗殺者活動中
元ロシアスパイ、アレクサンダー・リトヴィネンコがロンドンのレストランで毒を盛られた時間は海外におけるクレムリンへの反抗者への一連の攻撃の最新版だ。そして、亡命中のロシア新興財閥の安息の地をイギリスが提供している現在、さらなる事件が起こりうる。
Vanora Bennett
2006年11月21日  The Guardian 
これはニュースで見たときに絶対ヴィゴが取り上げると思ったんですよね。やっぱり。

イラクでのカオスに関して主要な同盟者が傷ついたブッシュに反抗する
Andrew Buncombe (ワシントン)
2006年11月20日  The Independent

我々はパンダに恋をするが、窓の外の鳥たちは無視している
この国は驚くべき野生動物の番組に魅了されているが、一方地元の生物の多様性はかつてないほど急激に減少している
Madeleine Bunting
2006年11月20日  The Guardian

by miyelo | 2006-11-23 23:09 | Perceval Press | Comments(9)
2006年 11月 23日

でかい

りんごをもらったのですが、でかい!
どのくらいでかいかというとこのぐらい。
b0064176_22404454.jpg

ちびっこアラゴルンの倍はあるよ。いかんなボロミアもちびっ子にすれば臨場感あふれるものになったかもしれないな。
ということで追加。
b0064176_22522556.jpg


by miyelo | 2006-11-23 22:40 | 雑記 | Comments(6)
2006年 11月 23日

ウォーム・ビズって。

仕事先のお知らせがまわってきました。
タイトルはウォーム・ビズ。
なんとエアコン温度を19度にするって!そんな!
そういえば先週風邪ひいてる子がいたから、聞いたら、
なんか冷風が出てたって。。。
19度はあかんやろ!

ちなみに私の部屋は27度です。仕事行くのが一気に嫌になったぞ。。。

by miyelo | 2006-11-23 19:54 | 雑記 | Comments(2)