<   2006年 01月 ( 53 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 31日

アカデミー賞ノミネート

アカデミー賞のノミネートが発表になりました。『A History of Violence』関連では
助演男優賞候補にウィリアム・ハート
脚本(原作あり)賞候補 ジョシュ・オルソン
です。

ショーン関係では『North Country(スタンドアップ)』から
主演女優賞候補にシャリーズ・セロン
助演女優賞候補にフランシス・マクドーマンド

やはり『ブロークバックマウンテン』が軒並みノミネートされてますね。

by miyelo | 2006-01-31 23:53 | aHoV | Comments(2)
2006年 01月 31日

ITV1『This Morning』

b0064176_0124529.jpg今日1月31日朝のイギリスITVの『This Morning』にショーンがゲスト出演。もう早速buffsにビデオクリップを上げてくれているんですが、すっげーカッコイイです。
服は証明写真を撮ってるのをパパられた時と似ていると思うのです。ちょっと長めの金髪をゆるく撫で付けてます。そして椅子が低いのか、ショーンの足が長いのか、高く組んでるんです。結構ご機嫌のようです。かっこいいなあ。
たぶんそのうちLJとかにも上がってくるんじゃないかな。

追加:キャプったので、いくつかアップ!
b0064176_0134446.jpg『North Country』のUKリリースを前にゲストなのです。まずいままでのフィルモグラフィってことで、『シャープ』『チャタレイ』といったTVを紹介、それから映画にうつって『フライトプラン』『ゴールデンアイ』『アイランド』。でもこれでハリウッドAリスト入りをしたということで『ロード・オブ・ザ・リング』。紹介場面は指輪を拾うシーンなのでアラゴルンと一緒です。

b0064176_01614100.jpg右側に座っている司会者たちは別に足が余っている風情はないんですが。。。

b0064176_0171548.jpg『ノースカントリー』からシェフィールドの話になります。

b0064176_0175931.jpgこのあたりはパパが社長だったから、高級車で朝乗り付けてたんじゃないの?と聞かれて笑ってるあたりかな。

b0064176_0185455.jpgインドで日焼けしたのでしょうか。手は白いんですが、顔はこんがりしてます。

b0064176_0191976.jpgここで爆笑しているのは「あなたの夢の仕事は『コロネーションストリート』らしいですね?」といわれたところです。本人も「Dream jobねえ」って。これはこの間のコスモポリタンでその場ののりで言ったことだと思うんですが、この番組はご長寿番組で人気があるのか、色んなところで取り上げられてますね。女性の司会者も「出てよ。こんな役なんてどう?」って一生懸命でした。

こんなところですが、ほんとこのショーンいいわあ。

あと、ITVのサイトのショーンの紹介のところで、カロ監督、ショーンを褒めちぎってます。
「ショーンは俳優として素晴らしい感性を持っている。彼が映画であんなにたくさんの悪役を演じていることに驚いている。彼のカイルは勤勉で純粋で、あらゆる女性の夢なの。自信があり、同時に信じられないぐらい優しい男。カイルとグローリーの関係は、愛情とロマンスよ。ショーンはあの役と彼の状況に力強い人間性をもたらしてくれたわ」


by miyelo | 2006-01-31 23:29 | ショーンB | Comments(10)
2006年 01月 31日

スクリーン+プラスvol.06 

b0064176_1933239.jpg皆さんもう購入されたと思いますが、今日発売のスクリーン+プラスvol.06。ヴィゴの特集が26ページ。まだきちんと読んでいないのですが、
ヴィゴー・モーテンセンに注目!(相変わらずヴィゴーです、スクリーン)ということで、
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』特集が6ページ
インタビューで振り返る過去と現在が12ページ
もっと理解するための15本+αが6ページ
おまけにポスターとクリアファイル、そして応募者全員サービスでクオカードです。
すごいなあ。

と、思ってたら、そのすぐ後にショーンの特集が!!
この春、映画にDVDに新たな男の魅力をふりまくクールガイ
ショーン・ビーン
いきなりページの半分以上のドアップでびっくりしちゃいました。6ページの特集ですよ!
これは、ヴィゴファンもショーンファンも買いですね。

うーん、ヴィゴとショーンの認知度って上がってるんでしょうか?

by miyelo | 2006-01-31 19:04 | ショーン&ヴィゴ | Comments(10)
2006年 01月 30日

ショーン、2005年は 83位

CSBによると、今年のOK誌(UKの雑誌です)のお金持ちリストによると83位だそうです。
N0.83 ショーン・ビーン
2005年所得 240万ポンド。昨年は175万ポンドで91位。
46歳。7年間のブランクの後、ショーンはITVの新たなシャープシリーズの撮影に同意した。インドを舞台にした作品はBBCが世界に放映する。世界中で放映され続けるシャープの旧作からも結構な印税を受け取っている。大画面では『アイランド』『The Dark』『スタンドアップ』に登場し、今年はスリラー『サイレントヒル』がやってくる。TVゲームのThe Elder Scrolls IV : Oblivionに声を提供することでも、稼いでいる。そして、もしあなたがMorrisonsの広告が本当に彼の声かどうか迷っているなら、あたりです。
240万ポンド、ということは5億円弱って感じでしょうか。

by miyelo | 2006-01-30 18:18 | ショーンB | Comments(4)
2006年 01月 30日

The Dark 画像

Bean Boxで『The Dark』のショーンの登場シーンをおそらく全てキャプって下さっている方が!なんてすごい。全部見ればもちろんネタバレです。
やっぱり『The Dark』のショーン、髪とかばさばさだったり、汚い格好なんですが、すっごく可愛くてカッコイイです。こんなパパいいなあ。
b0064176_17261159.jpg

『The Dark』はドイツでの公開が始まりました。ドイツの公式サイトはコチラ。フラッシュを多用したサイトで、あっちこっちクリックしてみると色んなものが出てきます。ホラーチックです。

by miyelo | 2006-01-30 17:27 | ショーンB | Comments(10)
2006年 01月 29日

グィネス特集から

三冬さんのブログで教えていただいたのですが、Movie Plusのグィネス・パルトロー特集(1月初旬放送)にちょびっとヴィゴが映っていました。「いいなあ~」と言っていたら、送ってくださったので、おすそ分けです。三冬さん、ありがとう!

b0064176_111134.jpg共演者との恋で有名なという前振りのあと、ブラッド・ピット、ベン・アフレック(『恋に落ちたシェイクスピア』)という過去の共演者兼恋人が紹介され、その後がヴィゴ。まあベン・アフレックの後に共演したのが『ダイヤルM』でのヴィゴなわけです。そこで完璧にセクシーなラブシーンだったということで、ヴィゴのインタビュー。

b0064176_1112576.jpg「楽しかったよ」 で、左の表情で「なんで嘘を言わなきゃいけないんだ」「グィネス・パルトローとラブシーンをするためにこの仕事を始めたんだよ」って。
パルトローも「ヴィゴはとてもスィートな男性なの。彼はとてもとても才能のある俳優で、私が気持ちよくいれるようにしてくれた。彼は本当に紳士だわ」とのことです。


by miyelo | 2006-01-29 01:24 | ヴィゴ | Comments(6)
2006年 01月 29日

質問:私のサイト、ちゃんと見えてますか?

昨日、職場AのmacでWords of VMのサイトのほうをチェックしてみたのですが、なんか自分がデザインがボロボロに。。。私はWinユーザで、IEで見ていて、他のブラウザでは全然チェックしていなかったのですが、mac+safariでトップページを見たら全然ずれちゃってたんです。そこで、質問。デザインとか狂っちゃってるふうに見える人がいたら、教えてください。できれば環境もお知らせくださいね。

by miyelo | 2006-01-29 00:23 | 雑記 | Comments(4)
2006年 01月 28日

『Sharpe's Challenge』Sword Masterのインドレポート

b0064176_2243842.jpgCSBで紹介されていましたが、The National Veterans Fencing Associationのニュースレター・1月号でsword master(剣術の先生?)として『Sharpe's Challenge』の撮影現場に参加していたリチャード・ボーンヒルのレポートが載っています。
ワードファイルのダウンロードはコチラ、PDFのダウンロードはコチラ

写真も載っていますが、ショーン、そのシール、とるとき痛くなかったの~?ムナゲが見えるショーンって珍しいですよね(ヴィゴはすごいけど)。
右側の人はToby Staphens。Ferraghurのマハラジャについているイギリス人将校、William Dodd役です。

プロットに関しては言っちゃいけないと約束させられているとのことですが、内容からチョコチョコピックアップしてみると、
・『Sharpe's Challenge』は90分が2回。
・撮影地はRajasthan。
・彼は11の場面の殺陣のふりつけを担当、またスタントコーディネータのGareth Milneの演出を補助。
b0064176_22523741.jpg・Rajasthanでの主要な撮影地2箇所は、JaipurのJaigarth砦とJodhpurのMehrangarh砦(→)。
(おお、まさしくSharpe's Fortって感じじゃないですか!)
・我らが「ファイティングチーム」はロシア人スタントマン10名(以前のシリーズからの人たちで、hard manでhard drinkers!って、よく戦い、よく飲むって感じかな)、インド人スタンドマン20名、インド人エキストラ350名。これに馬、象、駱駝、ヤギ、豚、ロバとくれば、撮影が大変なのは想像が付くだろうとのこと。
・撮影は9週間。昼間の撮影と夜の撮影(1週間)。アクションいっぱいだったのに、怪我もなかった。
・スタッフの多くは激しい腹痛になどの病気に見舞われた。
・パーティのスケジュールは、撮影スケジュールと同じぐらいに遵守。
・1日11時間、週6日
・夕食は星空の元、プールの傍で。週に1回の休みの日は、日光浴とリラックス。
・一度聖なる都市・プシュカで最大の駱駝・馬市を体験。素晴らしい体験だった。
・Sword masterは敬意を持って扱われた。ある夜、ジャイプールのマハラジャに招かれ、宮殿で夕食。
・貧困と極端な富裕層が存在する強烈な大陸であり、こんな短い記事でその素晴らしさを伝えるのは無理。素晴らしい美しさと口に出せないような醜さがあるが、私のたびの記憶はインド人たちの友情と暖かさで彩られている。行く機会があれば、チャンスを両手で掴むべきだ。でも必要な注射はしておいた方がいい。
・『Sharpe's Challenge』とメイキング(!!)は2006年11月、イギリスで放映予定。
ショーンもマハラジャの宮殿へ行ったんでしょうね。そしておなかも壊したにちがいない。。。
そして放映は11月なの?もう少しはやいような噂があったと思うのですが。でも「メイキング」があるって言うのは嬉しいな。

by miyelo | 2006-01-28 23:25 | ショーンB | Comments(2)
2006年 01月 28日

私信

b0064176_2230140.jpg

ちょっとぼけてますが、噂のイノシシです。2頭はちょっともめてましたので、傍によって写す勇気はありませんでした。柵があるように見えますが、その柵は道から2mぐらい上がっているところのため、10mぐらいだけある柵です。イノシシ君たちはみんなが歩く道からそちらに上がっていきました。「イノシシ注意」の看板はダテじゃありません。

by miyelo | 2006-01-28 22:34 | 雑記 | Comments(2)
2006年 01月 28日

フライトプラン特番ビデオクリップ

mizeaさんがcomin' soon TVのフライトプラン特番のショーンの部分をビデオクリップにして、ダウンロードできるようにしてくださいました。

コチラをクリックして、下のほうのFreeをクリック、No premium-user. Please enter の右側の3つのアルファベットを記入して、その右側をクリックすると、ダウンロードできます。

mizeaさん、ありがとう!!

by miyelo | 2006-01-28 22:18 | ショーンB | Comments(0)