カテゴリ:ショーン(Blades)( 38 )


2007年 12月 12日

ショーンがブレイズ理事を辞任?!

The Starによると、ショーンはシェフィールドユナイテッドFCの理事を辞めることにしたようです。

ショーン・ビーンがブレイズを辞める
The Star 2007年12月11日
ハリウッドスーパースター、ショーン・ビーンがブラモールレーンの理事会を辞めるつもりだ。彼はシェフィールドユナイテッドに今週理事の座を降りることを通知する。

生まれながらのブレイドである彼はブラモールレーンの注目度をあげる手助けをするという彼の目的を果たしたと信じており、今は自分が寛げるテラスに戻りたいと望んでいる。

2002年に理事会に加わったビーンは言う。「クラブはここ5年で急速に発展し、私はその中で小さな役割を演じてきたことに誇りを持っている。しかし、サッカーに非常に情熱的な者として、私は自分の居場所が、誰が責任者であろうとも毎週毎週クラブをサポートするファンたちの間にあることを知っている。

「私はケヴィン・マッカベ会長から理事会へ参加しないかという招待を受けるという幸運に恵まれ、そこでの経験は舞台裏で進行するやりとりを目撃する機会をくれた。それはいろんな意味で本当に目を見張るものだった。

「私はこれからもできる限りブレイズの試合を見に行く。変わるのは理事の席の快適な席という贅沢がなくなるだけだ」

映画スターは理事会に入るときにシェフィールドユナイテッドに対して行った6桁の投資は引き出さない。

ビーンが初めてユナイテッドの試合を見たのは8歳のときだ。彼がいまだに先シーズンの降格の責任があると考えている前監督ニール・ウオーノックとのちょっとしたけんかで物議をかもしてる。

ビーンが理事としてたった一つ後悔しているのは、仕事が忙しく、実際もっとブラモールレーンにいることができなかったことだ。

「日々のクラブの運営にもっとかかわりたかったが、仕事で何ヶ月も離れると、ただそれは不可能なんだ」

今年の夏プレミアリーグでの場所を取り戻そうとする戦いでもビーンは顕著であり、国会へのマーチを率い、フットボール協会のカルロス・テベス事件の扱い方に講義するスピーチを行った。
うーん、辞めちゃうんですね。でもまだ理事会に言ってないのに、どうなるんだ?まあ、自分の居場所はやっぱり大騒ぎのコップスタンドなんでしょう。
そして6桁の投資って・・・やっぱりつぎ込んでるね、シェフィールドユナイテッドに。

by miyelo | 2007-12-12 14:59 | ショーン(Blades) | Comments(4)
2007年 11月 27日

試合の前はビールだね

こちらのブログは今日ブレイズの試合があるチャールトン(同じく降格組)のファンのブログだと思うのですが、そこにショーンに関するコメントが。
ショーン・ビーンはSE7(チャールトンのエリアです)を定期的に訪れており、試合前にビールを飲みにRose of Denmarkに幾度か立ち寄っている。ここ数年で彼の印象はすごく良くなったが、試合のためにココまでやってくるときはビールは楽しんでもらいたいが、ふてくされて帰ってほしいものだ。
いや!今日は上機嫌で帰るのよ!
今日はブレイズはアウェイでチャールトン戦です。好調で6試合で3勝3分けと好調だったのですが、インターナショナルウィーク明けの先週の土曜日、ぼろっぼろのホームゲームで負けました(スコアは1-0だったけど、内容が激悪)。今日はアウェイでおまけに上位チームだけど、がんばれ、ブレイズ!
そしてショーンはRose of Denmarkで飲んで、観戦なのでしょうか。

【追記】勝ちました~!!それも3-0の見事な快勝!ショーンが見に行ったかどうかはわかりませんが、行ったとすれば超上機嫌で帰っていったことでしょう。というかまだそのあたりで大騒ぎしているかと思われますが(笑) やったね、ブレイズ!

by miyelo | 2007-11-27 13:35 | ショーン(Blades) | Comments(2)
2007年 07月 03日

今頃ショーンは荒れていると思われます・・・・

調停の結果が出ました。ダメでした・・・ 同情はするけどって・・・・
今頃ショーンは大荒れではないかと思われます。。。。。。

私もダメだとは思っていたのですが、それでもかなり落ち込みますです・・・・

by miyelo | 2007-07-03 23:43 | ショーン(Blades) | Comments(4)
2007年 06月 15日

国会行き

The Star
b0064176_0402997.jpg

この写真好き。

こちらにも写真が。

by miyelo | 2007-06-15 00:45 | ショーン(Blades) | Comments(8)
2007年 06月 15日

ショーンのスピーチ、聴きたいなあ。

公式サイトのこちらにショーンたちの国会行きに関する記事があがっています。

ビーンが戦いを国会へと持ち込む
公式サイト 2007年6月13日

b0064176_0284632.jpg

ショーンのスピーチは感動的なものだったようですよ。今訳してるのでちょっと待ってくださいね。

by miyelo | 2007-06-15 00:28 | ショーン(Blades) | Comments(0)
2007年 06月 14日

ショーンの国会行き クリップ

BBC Look NorthにあがっているFans rally over relegationというクリップ。水曜日のブレイズファンたちに関するニュースですが、その中で短いですがショーンも映ってます。でも画像はとっても悪いですけどね。

リンクはこちら

当日のショーンはこんな感じ。ウォーターマークなしはMBFに。
b0064176_22284867.jpg

b0064176_22285929.jpg


by miyelo | 2007-06-14 20:24 | ショーン(Blades) | Comments(2)
2007年 06月 13日

ショーンの国会行き

今日のショーンの国会行きは色々なところで取り上げられていますね。

朝に記者会見のようなものがあったのかな。
The Sunにはショーンのコメントがそのまま載っているようですね。全部かどうかは分かりませんが。
フットボールの抗議を率いるショーン・ビーン BBC
俳優ショーン・ビーンがシェフィールド・ユナイテッドの国会への更新を率いる Guardian
俳優ショーン・ビーンがシェフィールドユナイテッドの行進を率いる Daily Star
俳優ショーン・ビーンがシェフィールドユナイテッドの行進を率いる Yahoo Sports UK&Ireland
シェフィールドが得点をめぐる問題で国会議員に質問する Telegraph
こちらは写真が素敵。いつのだ(笑)

by miyelo | 2007-06-13 19:32 | ショーン(Blades) | Comments(4)
2007年 06月 13日

今日のロンドン行きへ向けてのビデオクリップ

ショーンは今日ブレイズサポーターと共に国会議員たちに会いに行きますか、それに向けてのビデオクリップが公式サイトに上がっています。有料会員しか見れませんが、YOUTUBEにも上げてくれているそうですのでそちらで見れると思います。現在出先なのでアドレスがあげられませんが、公式サイトに行くとわかりますよ。

【追記】かえって来ました。
シェフィールドユナイテッドがyoutubeにあげたのはこちらでみることができます。

by miyelo | 2007-06-13 08:47 | ショーン(Blades) | Comments(0)
2007年 06月 05日

国会へ行こう@ブレイズ公式サイト

ブレイズ公式サイトに西ハム問題での「公正にしようぜキャンペーン」に関するショーンの記事が上がってきています。
b0064176_19265285.jpgショーン・ビーンが公正を求めるキャンペーンを率いる。
シェフィールド・ユナイテッド公式サイト 2007年6月5日

生まれたときからのユナイテッドファンでありハリウッドスター ショーン・ビーンがブレイズを「公正を求めるキャンペーン」で率いることに同意したことをシェフィールド・ユナイテッドは喜んで発表する。

6月18日と19日に行われる調停についての聴聞会に先立ち、ブレイズはフットボールが公平なものであるというメッセージを徹底的に伝えていきたい。

6月13日、ショーン・ビーンはブレイズファンの代表団を率いて、クラブが扱われ方にファンがいかに悲しんでいるかを知ってもらうために国会議員に会いにいく。

ショーン・ビーンは言う。「私は常にユナイテッドのことを考えてきた。私はブレイズの大ファンであり、この不公平な状態をひっくり返すことができるかもしれないことに係わりあえることを誇りに思う」

「誰もが事実を知っている。しかし、ウェストハムが減点されるのではなく罰金を払うという不公平な決定の影響をまともに受けなければならなくなったのは我々だった。彼らはリーグのルールを破った。そして処罰は罰金ではなく減点であるべきだった。それどころか、ウェストハムは結局報酬を受け、ルールに従ってプレイをしていたシェフィールド・ユナイテッドが降格に直面している」

「調停委員会がこの不正を確かめ、「ルールを破るものはその代価を支払うのだ」というメッセージがフットボールをする子供たちに発信されることを願っている。委員会は間違いを正すチャンスがある。私は調停委員たちがそうすることを促すためにできることはなんでもする」

ブレイズ会長ケヴィン・マッカベはショーンが係わることに関して言う。「もちろんショーンが参加することを喜んでいる。彼は素晴らしい男であり、何千もの落胆しているブレイズファンの真の声だ」

「国会議員たちから既に多くの支持を受けており、我々の立場を支持するEDMに35名が署名している。このキャンペーンによって、フットボールに係わる全ての人々がシェフィールド・ユナイテッドが来季プレミア・リーグでその正当な立場を保持するべきであるということに気が付くことを我々は願っている。
(注)Early Day Motion: イギリス議会で、すぐには審議される見込みはないが、議員に関心を促すために書かれる動議のこと。今回のEDMはこちら。今日現在で42名がサインしています。

ということで来週の水曜日ショーンはロンドンです。

by miyelo | 2007-06-05 19:28 | ショーン(Blades) | Comments(0)
2007年 06月 03日

ブレイズの抵抗は続く、そしてショーンも参戦

6月18日にウェストハム問題でのプレミアリーグとの調停委員会が開かれますが、BBCのこちらのニュースではマッカベ会長は自信があると言ってます。ブレイズの主張はウェストハムはポイントを減点されるべきだということ。プレミアリーグ側はブレイズが時間と金を無駄にしているといってますが。

そして、その中に、ショーン率いる代表団が6月13日に国会を訪問する、ということが書かれています。

またこちらの記事にはショーンのことがもう少し詳しく書かれています。

独立委員会が降格を決定してしまう前に、ビーンは国会議員への働きかけを行う代表団を率いることになるそうです。

ショーンがNews of the Worldに語ったことによると、
「この不当な処置を明らかにしシェフィールドユナイテッドがプレミアリーグに復帰するための手助けが少しでもできるのであれば、私はとても幸せで誇りに思えるだろう」
「適性のない選手を入れたことで有罪となったクラブを今までの歴史で見ると、全て減点されている。罰金だけというのはクラブへ随意にルールを破ってもいいという招待状だ」

二つ目の記事の方はクラブがハリウッドスターに助けを求めたって感じに書かれていますが、いや、ショーンはブレイドだから、もともと。理事だから。

by miyelo | 2007-06-03 22:29 | ショーン(Blades) | Comments(2)