2015年 02月 26日

二人は補完関係 そしてルカははげたくないようですww #2CELLOS

アメリカプロモの際の演奏+インタビューです。インタビュー部分だけ訳してみました。ステパンが関西弁なのは私の趣味です。
2CELLOS: Two 20-somethings rocking out, making the cello cool
Mashable 2015年2月6日 リンゼイ・ロスフェルド

Q&A with 2CELLOS
子どもの頃にどうしてチェロを選んだんですか?

ステパン: 小さい頃にラジオで聞いたんや。音がとても温かくて、魔法みたいやった。その場で恋に落ちてん。美しいゆっくりとした音やった。人間の声みたいに聞こえた。とても柔らかくて優しかった。
ルカ: 僕が始めたのは5歳の時。父もチェリストだったんだ。だから始めた。他の選択肢はなかったんだ。すでに僕の最大の情熱だったし、他のことをしようと思ったことは一度もないよ。

14歳頃に出会ったんですよね?

ステパン: 僕らはライバルだと思われてたんや。
ルカ: 僕らは二人とも同じ国の意欲的な若いチェリストだったからね。コンクールやマスタークラスに参加して、むちゃくちゃ練習してた。本当のところはいい友だちだったけど、このライバル関係は演奏しているときも寛いでるときにも今でもあるよ。
ステパン: でもヘルシーなんや。お互いをプッシュするから・・・
ルカ: どっちがFacebookでlikeをもっともらうかとか。

どっちが勝ってるんですか?

ステパン: 退屈なときはこいつが勝ってる。

じゃあ、どうして一緒にしようと思ったんですか?

ステパン: 僕らはいい友だちやったから。せやけどいつでもこのテンションと、興奮とエネルギーがあった。僕らはいつも一緒に演奏したかったんやけど、時間がなかった。違う国で勉強しとったから。んで、こいつがロンドンに勉強にきたんや。

二人の間には素晴らしいケミストリーがあるし、ぴったり息が合ってますよね。初めからそうだったんですか?それとも築き上げなければならなかったものですか?

ルカ: 自然に出てきたんだ。僕らは違う、でもお互いをとてもよく補完しているし、相手が何をするのか自然に感じるんだ。
ステパン: 初めからあったんやで。

ジャンルをミックスするってどう始まったんですか?

ステパン:: 僕らは音楽が普遍的だってことを示したかっただけなんや。なんでカテゴリーにわけるんや?理解できへん。んでチェロにはほんとたくさんの可能性がある。せやからなんかエキサイティングなことをやろうとしたんや。
ルカ: ロンドンで一緒に過ごしながら、自分たちに何ができるかってことを考えてた。ある種のルールがあるクラシック音楽の世界で制約されてるって感じてた。飛び出して、何か新しい、革命的なことをしたかったんだ。
ステパン: チェロ音楽革命。
ルカ: それにクラシック音楽一般にもいいと思うんだ。僕らはライブでクラシックも弾くからね。より多くの観客に、クラシック音楽も紹介しているんだ。

Youtubeにスムースクリミナルをアップして注目され始め、最初の2週間で300万以上視聴されましたよね。その頃の話をして貰ってもいいですか。突然そんなにたくさんのヒット数を得るってどんな感じですか。

ステパン: 僕らが想像できること全てが実現した。すごかったよ。
ルカ: 実際ちょっとストレスだった。だって、クラシックの世界で勉強してたところから、いきなりスポットライトの下に放り出されたんだからね。ショービジネスはあまりに違う世界で、一日にメールが100通も来た。
ステパン: 一日?5分やで。この1曲があっただけで、他にはまだ何もなかった。マネージメントもないし、何もなしやった。
ルカ: 幸運だったのは、適切なときに適切な人に会ったこと。そして、エルトン・ジョンも僕らを発見してくれて、彼のマネージメント会社と契約して、僕らをこの時期ずっと助けてくれた。YouTubeセンセーションから他の何かに成長できてラッキーだったよ。ソニーと契約して、三枚目のアルバムも出た。2枚目のアルバムはコラボレーションがいっぱいだった。

新しい曲をカバーしようとするときはどうするんですか?どうやって選ぶんですか?

ルカ: このアルバムでは全てが「サンダーストラック」から始まった。1年前に出したんだけど、フィードバックがとてもよくて嬉しかった。クラシックとハードロックを結びつけたんだ。2つの世界を結びつけて、境界を壊すってことが始まった。これがアルバム全体のコンセプトを決めた。クラシックとうまくフィットする曲は何なのかを考えようとしたんだ。「サンダーストラック」はアレンジメントを完成させるのに3ヶ月かかった。すごく早くできたのもある。お互い曲を提案してやってみるんだ。

意見が合わないときはどうするんですか?

ルカ: ばかなアイデアを出すのがいいね。
ステパン: 初めて「Wake Me Up」どう?って言ったときに、こいつ「やめとこう」って言うてん。で、1年後に「オッケー、やろう」って言うんや。
ルカ: うん、目が覚めた(woke up)んだ。

ミュージックビデオが素晴らしいですね。音楽的に素晴らしいだけでなく、とても面白い。「Wake Me Up」のコンセプトはどうやって出てきたんですか?

ステパン: あれは僕らの人生や...自伝的なな。
ルカ: 僕らのビデオの多くは自伝的な意味がある。スタジオに行って録音するとき、同時にビデオのコンセプトも考えるんだ。「Wake Me Up」のアレンジをしたとき、初めは普通で、それからダンス音楽になって、中間部はクラシック。で僕らは「じゃあ、僕らが子どもの頃、それから反抗的な感じで音楽学校から飛び出すところ、それから現在でクラブで女の子たちとロックアウトしてるところで、クラシックの部分ではメイクで老人になって老人ホームへ行って、クラシックを弾いてそれからロックになって、年寄りたちが僕らと一緒に楽しむんだ」って言って。僕らはいろんなアイデアを考えて、現実にしてるんだと思う。

老人メイクをした自分をみてどう思いましたか?

ステパン: こんな感じになるとええな。
ルカ: 僕はこうならないように。

年をとって白髪になっても一緒に二人でチェロを弾いてると思いますか?

ルカ: できるだけ長く続けていければと僕らは願ってるよ。
ステパン: できるかぎりロックし続けたい。僕らはこの子どもをいつまでも自分たちの中に持ち続けるべきなんや。

オリジナル曲の「Celloverse」もアルバムに入ってますよね。自分たち自身の曲を作るってどんな感じですか。

ルカ: アレンジを録音するというルーティンを破りたかったんだ。だからリフとメロディを思いついて、それから録音したら、宇宙を旅しているみたいな感じになった。死んだとき魂が昇っていくみたいなね。[Celloverse]という言葉はSNSで言われてたんだ。それから、この曲に合わせてアルバム名もつけた。多くのファンがこの曲が一番のお気に入りだって言ってくれた。励みになるよ。もっとオリジナルをしたいね。

このアルバムのプロモーションをここのところやってるんですよね?

ルカ: 初めにオーストラリアに行って、それから日本。日本では「スムースクリミナル」アップロード4周年のお祝いをしたんだ。1月20日は今日本では公式に2CELLOSの日なんだ。

今日の演奏はとても激しいものでした。1週間で何本の弓を使うんですか。

ルカ: 実際今日僕はこの撮影中に1本壊してしまった。
ということで、二人はお互いに補完関係。そして常に主語は「We」というところがいいね。

これには動画もついていて、この二人羽織の全体をだしてほしいわあ。

「Smells Like Teen Spirit」

Thunderstruck

「Welcome to the Jungle」




【原文】

2CELLOS: Two 20-somethings rocking out, making the cello cool

Welcome to Throwback Tunesday, where Mashable amplifies the echoes of music past. With genre trends and throwbacks, we synthesize music and nostalgia.

Trying to describe 2CELLOS in just a few sentences is simply impossible. They're more than just a pair of pals playing some cello — they create a modern day mashup of boundary-breaking rock, pop and classical music. And, you can't fully appreciate the talent that Luka Sulic and Stjepan Hauser bring to the table until you've watched them perform, either in one of their YouTube videos, which have accumulated tens of millions of views, or in-person (which we highly suggest you do).

The Croatian duo found fame after they posted a viral cover of "Smooth Criminal" on YouTube in 2011. Since then, they've released three albums, have gone on tour with Sir Elton John, appeared on shows like Glee, Ellen, The Tonight Show with Jay Leno, the Today show and, as of this week, performed live at Mashable's office. And we can tell you firsthand that these cellists know how to rock.

After their sweat-inducing, bow-destroying performances of some classic rock ballads — "Thunderstruck," "Welcome to the Jungle" and "Smells like Teen Spirit" — Sulic and Hauser sat down with Mashable to talk about their process, inspiration and the incredible journey thus far.

Q&A with 2CELLOS
Why did you choose the cello to play as children?

Stjepan: I heard it on the radio when I was little, and the sound was so warm, so magical. I fell in love immediately. It was a beautiful slow sound. It sounded like a human voice, so tender and gentle.

Luka: I started when I was 5, my father was a cellist as well. That's how I started — I didn't have any choice. It was already my biggest passion, and I never thought about doing anything else.

The two of you met when you were around 14?

S: We were considered to be rivals.

L: Because we were both ambitious young cellists from the same country. We were going to competitions and master classes, practicing like crazy. We were in fact good friends, but still this rivalry exists between us when we play or hang out.

S: But it’s healthy because we push each other ...

L: ... who gets more likes on Facebook.

Who’s winning?

S: When you're bored, he’s winning.

So, what made you want to join forces?

S: Because we were good friends, but there was always this tension, so much excitement and energy. We always wanted to play together, but we didn't have time because we were studying in different countries. Then he came to London to study.

You have such great chemistry and are so in sync. Was that something that was there from the beginning or something that you had to work on?

L: It comes naturally. We are different, but we complement each other very well, and we naturally feel what the other person is going to do.

S: It was [there] from the first moment.

How did mixing of genres start?

S: We just wanted to show that music is universal. Why divide it into different categories? We just wanted to show that music is universal. Why divide it into different categories? It made no sense to us. And cello has so many possibilities, so we tried to do something exciting.

L: We were hanging out in London, thinking about what we could do. We felt restricted in the classical music world that has certain rules. We wanted to break out and do something new, like a revolution sort of.

S: The cello musical revolution.

L: I think it's also good for classical music in general, too, because we include them in shows, and we play for a wider audience, so we introduce classical music to them as well.

You really started gaining hype after you put your "Smooth Criminal" video on YouTube, and you got something like over 3 million views in the first two weeks. Can you take me back to that time. What was it like getting so many views all of a sudden?

S: Everything we could have ever imagined came true. It was amazing.

L: Actually it was a bit stressful because we were suddenly thrown from being in this classical world, studying to spotlight. Show business is so different, we got like 100 emails a day.

S: A day? Five minutes. We just had this one song, and we didn't have anything else, no management, nothing.

L: Luckily we met the right people at right time. And also Elton John discovered us and he also signed us to his management and helped us through all this ... we were lucky that we could develop from YouTube sensations to something else. We signed with Sony, and the third album just came out and our second was full of collaborations.

When you come up with new songs to cover, how does that work? How do you pick?

L: For this album everything started with "Thunderstruck." It came out a year ago, and we were so happy with feedback from the people, and this is where we combine classical stuff with hard rock, combine two worlds and break the boundaries. That set the concept of the whole album. We tried to think about which tracks would fit this classical material as well. "Thunderstruck" took us three months to get final arrangements. Some come really quickly. We suggest songs to one another and see.

What about when you disagree?

L: It’s good to suggest silly ideas.

S: The first time I suggested "Wake Me Up," he said, "Let's not do it." Then a year later, he said, "Okay, let's do it."

L: Yeah, I woke up.

Your music videos are incredible — not only astounding musically, but also really funny. How did the concept for "Wake Me Up" come about?

S: It’s like our life ... autobiographical.

L: Many of our videos have autobiographical meaning. When we go to studio to record a track, at the same time we think about the video concepts. When we did the arrangement for "Wake Me Up," it's normal at the beginning, then dance music and the middle part is classical — so we said, "Oh, lets make a story like when we were children and then we escape from music school like we’re rebellious, and then the current time rocking out in a club with girls, and then when the classical part comes we can get makeup to look old and go to nursing home and play classical and start rocking out, and old people rock out with us." We think about different ideas and make them happen, I guess.

What did you think of how you looked in the old makeup?

S: I hope I will look like this.

L: I hope I won’t.

You think that will be you two, still playing cello together when you're old and gray?

L: We hope to do this for as long as we can.

S: Yes, to keep rocking for as long as we can. That we should always keep this child in us forever. Yes, to keep rocking for as long as we can. That we should always keep this child in us forever.

You also have an original song, "Celloverse," on this album. What was it like to create your own song?

L: We wanted to break our routine of recording other arrangements, so we came up with riffs and a melody, and after we rerecorded it sounded like traveling through the universe, like when you die and your soul goes up. The word [Celloverse] was mentioned on social media. Then we named the whole album after this song. Many fans say this is their favorite track, which is encouraging. We want to do more originals.

You’ve been touring and promoting this album for a little while now?

L: First we went to Australia, then to Japan, and in Japan we celebrated our fourth anniversary of when "Smooth Criminal" was uploaded. January 20 is now officially 2Cellos day in Japan.

Your performance today was pretty intense. How many bows do you go through in a week?

L: I actually destroyed one during this filming.

by miyelo | 2015-02-26 00:11 | 2CELLOS | Comments(2)
Commented by mifuyusasa at 2015-03-07 22:23
Misa さん、こちらもこんばんは。
関西弁ステパン、大好きです。翻訳ありがとうございます。
このインタビューでは、ステパンまじめですね。
ベストヒットUSAの時の小林克也の質問も外していましたが、ステパンがのらくらとおふざけで返して、克也が翻弄されてもて余していたのには笑っちゃいました。

あ。サントリーホール追加公演やっぱり行けません…UDO 出遅れて抽選で落ちて先行発売も一般発売も,1分で完売でした。惨敗です。。。
Commented by miyelo at 2015-03-08 10:20
三冬さん、こちらもおはようございます。
関西弁ステパン、オッケーですかw よかった。
ステパン、ちゃんとした質問したら真面目に答えるんですけどね。
ええ、小林克也あんなに外す人だとは思ってなかった。もてあましてましたね~ 
ありゃりゃ、サントリーホールとれなかったんですか。一緒にお取りすればよかったですね。
一分完売・・・残念ですが、すごい! 


<< 北米「ハンニバルシーズン3」は...      ツアー日程 #2CELLOS >>