Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 11月 09日

うん、私も奇跡だと思うよ。 #2CELLOS

イギリスの弦楽器の雑誌The Stradのチェロ・ビエンナーレの後のインタビューがよかった。子供の頃や二人の関係、音楽、使ってるチェロのことなどについて別々に語っていて、二人の絆が強いことがよくわかります。
二人組: 2Cellosのチェリスト Luka Šulić と Stjepan Hauser
2014年11月7日

LUKA ŠULIĆ
僕らが出会ったのは14歳ぐらい。二人ともチェロに夢中で、音楽に情熱を持っていて、本当に一生懸命練習していた。僕たちはいい友だちだったけど、二人とも相手よりも才能があることを証明したがっていた。違うところで勉強していたから長い間会わなかったけど、ネットでお互いのキャリアはフォローしてたし、時々顔を合わせてもいた。僕が初めてロンドンに移り住んだとき、ステファンと僕は夜長い時間テムズ川に沿って歩いたんだ。話してプランを立てた。このときに2CELLOSやマイケルジャクソンを弾く初めてのビデオのアイデアが出てきたんだ。

僕たちはふたりともクラシック音楽を聴いて育ってきたし、他の全てのものからは隔離されていたから、一緒にクラシックじゃない音楽を発見し始めたときは、本当に新鮮で新しかった。僕らはその興奮を僕らのアレンジに向かわせようとしたんだ。新しい曲を始める時、たいてい僕らはそれにアドリブをくわえて、パートをスイッチしながら面白くするんだ。僕は楽器のチューニングをステパンとは変えているんだ。もっと低音が出せるようにC弦をGにまで音を下げている。だからいつも僕がベースラインとリズムパートを弾いてるんだ。

僕らがソロでクラシック音楽を演奏するとき、僕らのレパートリーの選び方はかなり違うよ。ステパンはゆっくりとした誰もが知っている人気のある曲を選ぶのが好きだけど、僕はあんまり知られていない曲にひかれるんだ。練習する時間が見つけられるときは、指を鍛えるために速い曲を選ぶようにしているよ。

イギリスに移る2年前にカーボンファイバーのチェロを買ったんだ。ステパンはそれをすごく気に入って、同じのを買った。それをビデオに使うことに決めたんだ。黒くて格好いいし、それに違うからね。僕らの着てたフェイクの革のジャケットにもよくあってた!
僕らのスムクリのビデオを見て、エルトン・ジョンがツアーに同行してオープニングをしないかと連絡してきたんだけど、エルトンのスタッフがエレクトリックチェロを使ってみたらと言ってくれたんだ。そしたらアコースティックのチェロにマイクをつけるよりもずっと僕らのライブに合うことがわかったんだよ。

僕たちはいつもクラシックとクラシック以外の音楽をまぜて弾くことを目指している。時々僕たちのショーを二つに分けるんだ。初めの半分はオーケストラとクラシックを演奏して、後半は僕らの「ロックショー」をする。
ザグレブアリーナで最近1万2千人の観客でコンサートをやったんだけど、クラシックを聴いているときはとても静かで本当に魔法のようだった。それからクラシックの人達にロックのショーをするんだ。ちょうどアムステルダム・チェロ・ビエンナーレに出演したんだけど、そこでAC/DCのサンダーストラックをミッシャ・マイスキーとジョヴァンニ・ソッリマと一緒に演奏したんだ。夢が現実になったんだ。

STJEPAN HAUSER
僕たちはいつでも一緒に演奏したかったんだけど、初めは違う街で勉強していて、その後は違う国で勉強していた。だからそのチャンスが全然なかったんだ。やっと一緒に活動することができはじめたのはたった3年前、ルカが勉強のためにロンドンへ移ってきたときなんだ。

僕らがクロアチアにいたころ、僕らのキャリアを見ている人達は僕らが大きなライバルだと考えていた。僕たちはいつでもとてもいい友だちだったのに。僕らは会ってすぐ強い仲間意識のようなものを感じたんだ。ライバル意識はまだあるよ。でもそれは健康的な意味でだ。僕らはお互いをどんどんよくなる方へと押し合ってるんだ。ステージで僕らはお互いをさらに高い水準で演奏させている。

ルカと僕が演奏するとき、明らかにグッドガイ/バッドガイの作用がある。僕がバッドガイだ。僕の演奏はとてもワイルドで自由だからね。ルカはもっとエレガントなんだ。彼の演奏には品格がある。彼はとてもスタイリッシュだし、演奏は直感的だ。彼はもっと内向的で僕は外向的な方だ。でもそれが僕らが一緒にうまくいっている理由なんだと思う。

最近僕らには練習する時間があまりない。いつも旅をしているからね。サウンドチェック、コンサート、そしてライブの後には次の街へ移動する。そんな中で時間を見つけなきゃいけないからね。僕らは子供の頃の全てを練習に使ったけど、今ではコンサートの舞台が僕らが上達する場所となっている。今は違った形の練習なんだ。

時々どの曲を演奏すべきかってことで、どうやってそれを演奏すべきかってことで意見があわないことがある。結婚みたいなもんだ。譲歩しなきゃ!僕らは一年365日、一週間7日、一日24時間一緒にいるから、強烈なんだ。僕らが一緒にこんなにうまくいってるのは奇跡なんだ。

僕らはとても素晴らしい人達と一緒に働くことができてとてもラッキーだし光栄に思っている。エルトン・ジョン、レッドホットチリペッパー、ランラン、アンドレア・ボッチェリ、スティーブ・ヴァイと共演した。
うそみたいだけど、僕らは彼らが誰か忘れるんだ。ただ一緒に演奏することを楽しんで、個人的なそして音楽のレベルで繋がろうとするんだ。
ルカがロンドンにやってきて一緒にやれるようになったことがすっごく二人とも嬉しかったんだなあって。二人の絆は本当に特別。お願いだからこの奇跡をいつまでも続けてね!

そしてカーボンチェロ、ルカが最初に買っててステファンがおそろいにしたんだとか、あの革ジャンはフェイクだったんだとか色々面白いインタビューでした。
b0064176_16212952.jpg




Double Acts: Cellists Luka Šulić and Stjepan Hauser of 2Cellos
The London-trained duo performed at the Amsterdam Cello Biennale on 24 October. Bella Clifford spoke to them about friendship, rivalry and crossing the non-classical divide.

November 7, 2014

LUKA ŠULIĆ We met when we were about 14. We were both crazy about cello, passionate about music, and practising really hard. We were good friends but we both wanted to prove that we were more talented than each other. We didn’t see each other for a long time because we were studying in different places, but we followed each other’s careers through the internet and occasionally met up. When I first moved to London, Stjepan and I would go for long night-time walks by the River Thames, talk and make plans. It was during these walks that the idea for 2Cellos and our first video, of us playing Michael Jackson’s Smooth Criminal, were dreamt up.

We both grew up listening to classical music and were fairly isolated from everything else, so when we started discovering non-classical music together, it was totally fresh and new. We tried to channel that excitement into our arrangements: when we start a new piece, we usually improvise around it and then we switch parts to make it interesting. I also tune my instrument differently from Stjepan – I tune my C string down to G to have more bass, so I’m usually playing bass-lines and rhythm parts.

When we’re playing solo classical music our repertoire choices are quite different. Stjepan likes to pick slow, popular pieces that everyone knows, whereas I’m attracted to less well-known repertoire. If I’m able to find time to practise, I often try to choose faster pieces to keep my fingers in shape.

I bought a carbon-fibre cello two years before moving to England. Stjepan liked it so much he bought one as well. We decided to use them for our videos because they’re black, they look cool and they’re different. They also match the fake leather jackets we wear! After seeing our Smooth Criminal video, Elton John contacted us to ask if we would come on tour and open for him, and his people suggested that we should try electric cellos. We’ve found they work much better for our live shows than acoustic cellos with microphones.

We always aim for a mix of classical and non-classical playing. Sometimes we split our shows: the first half we play classical music with an orchestra, and then for the second half, we perform our ‘rock show’. We did an arena concert in Zagreb recently where we had an audience of 12,000 people all listening to classical pieces, and it was so silent it was really magical. Then we also show rock and roll to the classical people: we’ve just been at the Amsterdam Cello Biennale, where we played AC/DC’s Thunderstruck with Mischa Maisky and Giovanni Sollima, which was a dream come true. (See photos)

STJEPAN HAUSER We always wanted to play together, but we were studying in different cities at first, and later on in different countries, so there was never a chance to. It was only three years ago that we could finally start working together, when Luka moved to London to study.

When we were in Croatia, the people following our careers considered us to be big rivals. We were always great friends though – as soon as we met we felt a strong kind of camaraderie. There’s still some rivalry, but in a healthy way: we push each other to be better and better. On stage we make each other play to a higher standard.

Luka and I definitely have a good guy/bad guy dynamic when we’re playing. I’m the bad guy, because my playing is very wild and free. Luka is more elegant – he plays with dignity, he’s very stylish and his playing is intuitive. He’s more introverted and I’m more of an extrovert, but I think that’s why we work well together.

There isn’t much time for us to practise nowadays because we’re travelling all the time, and you have to fit it in between soundchecks, concerts, and travelling on to the next city after the show. We spent our whole childhoods practising, but now concerts are where we improve, on stage. It’s a different kind of practice now.

Sometimes we disagree about which pieces we should play, or how to approach playing them. It’s like being in a marriage – you have to compromise! It’s intense, as we are together 365 days a year, 7 days a week, 24 hours a day. It’s a miracle that we work so well together.

We’ve been so lucky and honoured to be able to work with all these great personalities. We’ve played with Elton John, the Red Hot Chili Peppers, Lang Lang, Andrea Bocelli, and Steve Vai. It seems unreal but we forget about who they are. We just enjoy playing with them and try to connect on a personal and musical level.

by miyelo | 2014-11-09 16:22 | 2CELLOS | Comments(0)


<< ステパン関西弁にしてみたww      2CELLOSは4CELLOS... >>