2014年 07月 18日

マーケティングチームはいません #2CELLOS

こちらのギリシャでのインタビューが悪くなかったのでご紹介。
2CELLOS
僕たちはアポカリプティカとは全然違うことをしている」

NOICEFULL
Loukianos Korovesis 7月16日(水) 16:41

(前置きは省いてインタビュー部分から訳します)

「Thunderstruck」のカバーはたった2,3日のうちに急速に広まったよね。youtubeとインターネットを驚くほど上手く使っているようだけど、これにはマーケティングチームがいたり、計算して決断をしてたりするのかな。それとも純粋に楽しんで幸運だったってことかな?

背後にマーケティングチームなんて全くいないよ。僕らはただ好きなことをやってるだけで、それを気に入ってくれた人がたくさんいるみたいだね!

どんな基準でカバーする曲を決めてるの?個人的な好み?どんなのが他の人に好まれるかってことに焦点をあわせたことはある?

僕らは他の人が何を一番好きなのかとか今何が人気があるのかなんてことに注目したことはないよ。僕らに話しかけてくる曲、僕らにとって何か意味のある曲を選んで、それにチェロ独自の特質をくわえようとしてるんだ!

他にも主にメタリカのカバー曲で始めたチェログループ、フィンランドのApocalypticaがいるけど、知ってる?彼らがインスピレーションになった?

もちろん彼らのことは知ってるよ。メタルだけをしてる!でも僕らがしていることは彼らがしていることとは全く違うよ。僕らはロック、ポップ、クラシック、映画など多様なものをしている.. 僕らば触発されたのは偉大なイタリア人チェリスト、ジョヴァンニ・ソッリマだ。彼は本物のヴィルトーゾで、チェロをharmonic instruments(これがよくわからない。調和する楽器?)として扱い始め、新しい演奏法を創り始めたんだ。そこが僕たちにとっては見ていてとても刺激的だった。

近いうちにオリジナルの曲を作るつもりはある?それが君たちにとっては当然の次のステップかな?

ああ、もうすでにいくつか書き始めてるよ!

カバー曲は何が期待できるのかな?どんなアーティストとコラボしてみたい?

いろんな素晴らしいアーティストとコラボしてみたい。スティングとかU2とかエミネムとか...
これからもっと格好いいビデオとかアレンジとかできればと思ってる。

スティーブ・ヴァイとはどうだった?君たちはチェロのヴィルトーゾだけど、彼はギターのヴィルトーゾだよね。何か楽器に関してコツとか教えてくれた?

彼と仕事をするのは本当に楽しかったよ。チェロとエレキギターの掛け合いみたいだった。なかなか見れないものだよね!彼は僕の弓をとって、ギターを弓で弾き始めたんだ!

エルトン・ジョンとも仕事をしているよね。スタジオでもコンサートでも。彼のことはどう思ってる?

彼は生ける伝説で、彼と共演するのは夢みたいだったよ。

チェロはクラシック音楽からポップミュージックへと自由になったんだけど、どうしてチェロだけで、他のクラシック楽器はそうならないんだろうか?なぜ多くの人を魅了しているんだろうか?

チェロにはとてもたくさんの可能性があるんだ。いろんな違った奏法で弾くことができるし、チェロだけで本当に豊かな音がするんだ。だから色々な種類の音楽を奏でることができるし、多くの人に届くんだ。

クラシックの曲をポップスタイルでカバーするつもりはある?それに対する観客の反応はどうなると思う?

やるつもりはないよ。既にそのままで傑作なんだから、安っぽいエフェクトや陳腐なアレンジをしたってダメにしてしまうだけだ。

これまでの中でお気に入りのカバーは?ライブで観客に一番喜ばれるのはどれ?

どんな風に感じてるか、どんなムードかによるよ!「With Or Without You」のようなロマンチックな曲の時もあるし、「Benedictus」のようなスピリチュアルなものの時もある。そして、AC/DCのような本当にクレイジーでロックなものの時もね!

これまでで2CELLOSの最大の成功は?

ここ3年でとてもたくさんのすごいことが僕たちに起こってるから、一つだけ選ぶなんて無理だよ!

どのアルバムが人生を変えた?それはどうして?

特にはないよ。僕らはいつでもいろんなジャンルの音楽を聴いているから。映画、ロック、ポップ、クラシック... だから僕らはそれぞれから最高のものを選んでる!

最近のヨーロッパはますます保守的になってお互いに友好的ではなくなってきているようだけど、チェロはクロアチアとスロベニアを結んだよね。音楽は世界を救えると思う?

うん、もちろん。美しい音楽は全ての人々を一つにすることができる愛の言葉だよ。

絶望的な状況で愛を見つけたことはある?最高のカバーになると思うな。猛烈に激しくてロマンチックだ。

僕らのうちの誰かはね。;)
(これ質問もいまいちわかんなかったのですが、「Some of us did ;)」というSomeがわからん。だって二人しかいないのに。複数なら二人ともじゃん)
クラシックのカバーの下りは面白いな。やっぱりクラシックの子なんだ。
そうか。マーケティングチームがいるのかなんて思うんだ。むっちゃ自分たちでFBとかやってるのになあ。
この間空港でチェックインの時に会ったんですが、そのときも4人で自分たちで楽器持って荷物持ってチェックインしてたものなあ(自分たちが終わったら、違う列に並んでた私たちのところまでトコトコやってきてくれた。あくまで自然体)。
ここ3年。そりゃ色々あったから一つ選ぶなんて無理だよね。私も3年追っかけてるけど、彼らが3年変わらないなあと思うのは音楽やチェロへの愛情と本当に今やってることが楽しいんだなというところ。これからもまわりはあんまり気にせず、自然体で、自分たちのやりたい音楽をやっててほしいな。

by miyelo | 2014-07-18 08:49 | 2CELLOS | Comments(0)


<< 9歳の子も可愛いけど、二人が可...      新曲「I Will Wait」... >>