2014年 01月 12日

初来日時の記事 anan2011年11月30日号 #2CELLOS

初来日記事シリーズ。今回はananの記事です。
music 2CELLOS
超絶技巧のチェロ演奏で、名曲の魅力がパワーアップ
anan 2011年11月30日号

 先日、初来日を果たし、有楽町の路上ライブやテレビ出演などで一躍人気者になった2CELLOS、クロアチア出身のルカとステファン。ロックの名曲を、チェロと言うクラシカルなイメージの楽器を使い全身全霊で演奏する姿を、日本のファンの目に焼き付けた。彼らのサクセスストーリーの始まりは、マイケル・ジャクソンの『スムーズ・クリミナル』の演奏パフォーマンスを動画サイトにアップしたこと。「クラシックやチェロの魅力を知らない若い人々のために、この楽器の素晴らしさを訴えたくて、2人でのパフォーマンスを思いついたんだ。チェロは人間の声にいちばん近い音を持つ楽器。その深く魅力的な音を、ロックやポップスのメロディで聴かせてあげたら、面白いだろうなって」(ステファン)
 彼らの思惑以上に、この動画は世界銃で大反響に。すぐレコード会社からオファーが殺到し、デビューアルバムをリリース。MJの曲の他、ロックの名曲を中心に13曲を超絶技巧のチェロ演奏でカバーしている。
 「僕らの演奏には楽譜がなく、全て即興演奏。だから毎回プレイする度に、アレンジも変わるし、新しいことをやっている。クラシックは何百年も前に書かれた楽譜に忠実に弾くけど、ポップスは全て自由にできるのが面白いね。幼い頃からクラシックを聴き、音で感情表現ができる完成が磨かれたから、ポップスを演奏しても、細かな感情までチェロで表現できるんだ」(ルカ)
 彼らのパフォーマンスは、息を呑むほどアグレッシブで男性的。実際、演奏の度に、弦が切れたり、弓が壊れたりは日常茶飯事だという。
 「馬の毛でできている弓がすぐにバラバラになるから、いつも馬を連れてツアーしている(笑)。というのは冗談で、メインで使っている黒いチェロは、カーボンファイバー製でとても丈夫だし、水中でも演奏できるんだよ」(ルカ)
 そして来年一月、来日公演が決定。2人はJ-POPのレパートリー用に、CDを大量に購入した模様。生演奏のド迫力を、是非体感してほしい。
b0064176_18451173.jpg
スタイリスト付きのお写真ww

by miyelo | 2014-01-12 19:01 | 2CELLOS | Comments(0)


<< サードアルバム制作中? #2C...      初来日時の新聞記事(2011年... >>