Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 12月 29日

CMはかっこよかったのにね #2CELLOS

サンケイの経済面に2CELLOSのドコモCMに関しての記事が上がってます。こちら
【CMのツボ】
3位 「かっこよすぎる!」 最初で最後のドコモのツートップ戦略

2013.12.29 07:00

b0064176_1555210.jpg
抜群のチェロのテクニックを持つ2人を、ドコモが推奨するスマホ2機種に見立てた

 「かっこよすぎる!」

 セクシーにチェロを弾きまくる謎のイケメン2人組が話題を呼んだNTTドコモの夏のスマートフォン(高機能携帯電話)CM。時折、お互い顔を合わせて挑発しながら繰り広げるチェロ・バトルが視聴者をくぎ付けにした。

 CMで激しい演奏パフォーマンスを見せたのは「2CELLOS」。クロアチア出身のチェロによる若手デュオだ。チェロにとりつかれたような演奏スタイルが斬新で、卓越したテクニックが拮抗(きっこう)する。強烈なインパクトを与えることから、ほぼ無名にもかかわらずドコモは採用した。

 苦戦続きのドコモはこの夏、巻き返しを図るためスマホの推奨2機種を「ツートップ」と表現。韓国サムスン電子の「ギャラクシー」とソニーの「エクスペリア」を二枚看板とし、消費者に分かりやすく伝えることに全力を挙げた。

 この二枚看板をチェロを弾く2人に見立て、黒い衣装のステファン・ハウザーがギャラクシーに、白い衣装のルカ・スーリッチがエクスペリアになり変わる。肩を並べるテクニックのチェロの2人が、流れる映像の中でスマホ2機種に変わるため「機能は互角」とのイメージが強く残り、まさにドコモのツートップというわけだ。

 撮影は都内で行われた。呼吸がぴったり合う2人だけにスムーズにいったという。人気に火が付きCM曲はその後、「影武者」という曲名で発売。2CELLOSの知名度をぐっと上げたツートップCMだったが、ドコモの推奨2機種の方は、ソフトバンクやKDDI(au)が扱う米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」の対抗馬としては力及ばず、残念ながら顧客流出に歯止めがかからなかった。

 9月にはドコモがアイフォーン発売に踏み切り、「ツートップ」と表現する宣伝手法は1回限りで終了。話題を集めたツートップCMも最初で最後となった。

 一方、ドコモのスマホ役でおなじみの俳優、渡辺謙さんが出演するつながりやすい通信をアピールするコミカルなCMも引き続きヒット。渡辺さんが、海外で活躍するプロサッカーの本田圭祐選手や、ロンドン五輪金メダリストでプロボクサーに転向した村田諒太選手のスマホを演じる作品が好感度を上げた。スポーツ選手の登場で、途切れない強固な通信と印象付けた。

 ドコモの2013年度のCM好感度は、前年度と同じ第3位をキープ。安定した強さを示した。
CMはよかったんだよ。でも売ってるものが・・・ 

by miyelo | 2013-12-29 15:08 | 2CELLOS | Comments(2)
Commented by mifuyusasa at 2013-12-31 18:11
Misaさん、こんばんは。
今年もいろいろありがとうございました。

CMはよかったんですけどねー。iPhone5が出た途端に、転倒からチラシすらなくなってしまってさびしかったです。
でもほんとに認知度アップしましたよね。
モデルさんだよね?とか言っている知人が何人か。
かっこいいですもんね。

それでは、来年もきっとお世話に似ると思います。
良いお年をお迎えください~。
Commented by miyelo at 2013-12-31 22:45
三冬さん、こんばんは!
こちらこそ色々ありがとうございました!
CMでほんと認知度アップしました。私の周りはまあ「CM見たわよ!」とみんなに報告されましたがww
あれは本当に格好良かったです。
まあ戦略としては製品ラインアップが間違えていたとしか思えませんが。
来年は3月にお会いできますよね。楽しみにしています!
良いお年をお迎えください!


<< サラサーテにまたインタビューが...      全部で11公演 #2CELLOS >>