Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 01月 16日

2CELLOS 名古屋ライブ 

今日は2チェロズの名古屋(ダイヤモンドホール)で行われたライブに行ってきました。
大阪のサンケイブリーゼよりむずいぶん小さい、かつ古いライブハウスでした(6階なのに非常階段で上がらされた・・・)が、最前列(ただし右ブロック)だったので、大阪よりずっとライブ感が(笑)

ルカから1~2mという位置なので、とってもよく見えました。
でも顔がよく見えたのはステファンだったけど。だってステファンはあっちこっちきょろきょろみてるし、ルカを見てる時間がけっこう長いので、こっちに顔が向いてる。一方ルカの方は目をつぶっていたり演奏に集中しているし、たまに見るときはステファンの方をみたりしてるので、あんまり正面がおは見えなかったけど、きれいでした。

遠く離れたところから見ているのと、そばで見るのでは印象がずいぶん違いました。
ルカは結構自分のペースでずっと足でリズムをとりながら演奏しています。頭も振りまくってるし、かなり集中して演奏しています。
一方ステファンの方は、あっちこっち見たり、後ろを気にしたり、まあ、一番気にしてたのはルカのようでしたが、落ち着きがない(笑) 客席の動向もかなり見てる。遠くで見てるときは自由な感じですが、マイペースなのはルカのほうなのかな。
以前ステファンがインタビューでルカのことを王様って言ってたけど、そうかもしれない(笑) 

あと、2チェロズといえば、弓の毛がぶちぶち切れて行くのですが、今回、まさに切れて行ってました(笑) 
ステファンはなぜか出てきたときから切れてる毛が結構あったんですが、ルカは始めあんまり切れてなかったのに、激しい演奏をすすめていくと、ほんとぶちぶち切れて、それを外して行くんですよね。
いや、そりゃあれは切れるよという演奏でした。ルカ、体脂肪率3%ぐらいしかないんじゃないのってぐらい余分な肉がないんですが、力入れてること。

で、今日のライブは残念ながらドラムの子が病欠。しかたがないということで、ドラムの音は録音でAC/DCをやってました。で、演奏リストが狂っちゃったからか、一曲初お披露目の曲が。
これ人前でやったことがないんだ。うまくいかなかったら、ごめんねと言いつつ演奏したのがスティング(というかポリス)のEvery Breath You Take。ルカ、ピリピリしながら弾いてたよ。

AC/DCが最後の曲なんですが、アンコールではドラムがいないからゆっくりとしたお休みの曲弾くねとFields of Gold でした。

ということで、遠く離れたところからみてるよりずっとライブ感溢れるライブで楽しかったです。
明日はドラムの子、元気になってるかな。

あ、大阪ではなかったのですが、限定でサイン入りのポストカードセットを発売していました。
ルカの方のサインは読めるんですが、ステファン、省略しすぎ(笑)

【曲目リスト】
クラシック2曲(ルカ、ステファンそれぞれ1曲)
Welcome To The Jungle (GUNS N'ROSES)
Time of Your Life (Green Day) ← クリップの1曲目
21 Guns (Green Day)  (2 cellosで見つからないのでオリジナルで)
Every Breath You Take (Sting/Police) (初披露なのでもちろんみつかりませんのでオリジナル)
Fragile (Sting)
The Resistance (Muse)
Californication (Red Hot Chili Peppers)
With or Without You (U2)
Where the Streets Have No Name (U2)
Viva La Vida (Coldplay)
Human Nature (Michael Jackson)
Smooth Criminal (Michael Jackson)
Smells like teen spirit (Nirvana)
You Shook Me All Night Long (AC/DC)
Highway to Hell (AC/DC)
アンコール曲
Fields of Gold (Sting)

by miyelo | 2012-01-16 01:26 | 2CELLOS | Comments(0)


<< Happy Birthday ...      2CELLOS 大阪ライブ A... >>