Words of VM

viggowords.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 11月 08日

大受けなの?局所的じゃなくて?

b0064176_15575894.jpg昨日の朝日 新聞の夕刊に2CELLOSの記事が載っているということで、チェック。
チェロでイケメンロック クロアチア出身の2人組、大受け

容姿端麗の若い2人が長身を震わせ奏でる曲は、マイケル・ジャクソンなどポップやロックの名曲たち。楽器はチェロ。意表をついたデュオ「2チェロズ」が大受けしている。

 ルカ・スーリッチと、ステファン・ハウザーはクロアチア出身。国内では「強力なライバル」と目されていたが、2010年、留学先のロンドンで再会し、デュオを組んだ。
 「みんな驚いていたけど、お互い鍛錬して、今も競い合っている」と話す。「クレージーなことをしたかった」という2人は、ファンだったマイケルの「スムーズ・クリミナル」を編曲し、チェロで演奏した。動画サイトに載せたところ爆発的な再生回数を記録。英国のスーパースター、エルトン・ジョンからも直接、ツアー同行の誘いが来た。
 「チェロは音域が人間の声に近い。ギターよりずっとロックに向いている」という2人。デビューアルバム「2チェロズ」では、マイケルのほかにハードロックの雄ガンズ・アンド・ローゼズや、グランジロックのニルヴァーナもとりあげ、驚かせた。
 でも、優れたクラシック奏者でいることと、セックス・ドラッグ・ロックンロールの代名詞ガンズのファンでいることは両立する?
 「なぜいけないの? 僕らは音楽をジャンルで判断しない。チェロもグランジ(汚い、荒い)に歌える。新しもの好きのモーツァルトが現代に生きていたら、交響曲なんて書いていない。きっと最先端のクラブDJをやってるさ」
 クラシックの同僚や教師の目も気にならない。「みんな応援してくれているんだ。この演奏がどれだけ難しいか、プロの演奏者ほど分かってくれる」
 「成功して人気が出ても、チェロはクスリを決めたり飲んだくれたりしていては演奏できない楽器。ロックンロールに向いているんだ」と笑わせた。
大受けなんだ。なんせ、自分の周りでは局所的なのかなと言う意見なんで。

って、ことで、大阪と東京二日間チケット購入! あとは名古屋どうしよう。

【11月9日 追加】
電子版に他にも写真があったので、追加。
b0064176_19435235.jpg

b0064176_1944480.jpg


by miyelo | 2011-11-08 15:58 | 2CELLOS | Comments(4)
Commented by mifuyusasa at 2011-11-10 16:05
Misaさん、こんにちは。
このデュオ、今すごい人気みたいですよ。
イケメン二人ですしねー。ワイドショーなんかでもやってました。
コンサート楽しみですね。
名古屋もいらっしゃるんですか?すごいなー。
Commented by miyelo at 2011-11-11 05:03
三冬さん、こんにちは。
お久しぶりです!って、三冬さん大変だったんですね!! いらっしゃらないなあと思いつつ、最近忙しくて三冬さんのところにお邪魔していなかったので、気がついていなかったんですが、大変なことにΣ(゚口゚; 
退院できてよかったです~。ほんと大事にしてくださいね。

この子達、人気あります?あ、よかった。
コンサート楽しみにしてるんですよ。名古屋も行きます(笑) 
東京も二日間いくので、来日のライブは全部行く予定です。

1月に東京に行くときに、お会いできればいいですね。本当にお大事にしてくださいね!
Commented by mifuyusasa at 2011-11-11 11:01
Misaさん、こんにちは。
ありがとうございます。ご心配をおかけします。
びっくりしましたがもう大丈夫です。
東京の2回の公演、両方ご覧になるんだったら、お時間ありますね。
ぜひお目にかかりたいです。
それまでにちゃんとリハビリしておきますー。
Commented by miyelo at 2011-11-11 20:54
三冬さん、こんばんは。
おお、1月にお会いできます?それは是非!ええ、2回見ます(笑)ので時間ありますよ。
リハビリしておいてくださいね。お会いできるのを楽しみにしています。


<< 11年11月11日を記念して      これむっちゃかっこいい >>